ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4700)
国際情勢 (154)
政治 (1575)
防衛 (2312)
外交 (10)
芸能 (151)
スポーツ (42)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 814845
今日のアクセス: 1287
昨日のアクセス: 1178
RSS
カレンダー
<<2018年04月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年4月26日 0時0分
米国LMT.Nが日本側にF2の後継機にF22とF35の双方を土台とする戦闘機を提案!!
日本の防衛、特に防空や対地対艦攻撃の大きな切り札である、かつて「支援戦闘機」と呼ばれたF2戦闘機の後継問題が浮上しています。

この問題に、米国ロッキード・マーチン社(LMT.N)が前代未聞の大きな提案をしていたことが分かりました。

4月20日15時55分にロイターが「空自F2後継機、米社がF22とF35両機ベースの開発案打診」の題で次のように伝えました。

『[東京 20日 ロイター] - 航空自衛隊の「F2」戦闘機の後継に、米空軍の「F22」と「F35」両方を土台にした機体を開発する案が浮上していることが分かった。両機を手がける米ロッキード・マーチン(LMT.N)が、日本政府に非公式に打診した。門外不出とされてきたF22の高性能技術を得られることから、日本が米国との共同開発に踏み切る可能性が高まった。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年4月25日 0時0分
テレビ朝日女性記者の財務省事務次官セクハラ事件は完全な誘導取材と好き勝手な情報隠蔽の暴露!!
一連の報道でされているテレビ朝日女性記者の財務省事務次官セクハラ事件は完全な誘導取材と好き勝手な情報隠蔽の暴露がなされた、という事に過ぎず、正に極左反日反米の朝日新聞の系列そのものの体質暴露なのです!!

4月23日にzakzak by 夕刊フジが「テレビ朝日が「セクハラ被害会見」で守りたかったのは誰?」の題で次のように伝えました。

『『週刊新潮』でセクハラ問題を報じられた福田淳一・財務事務次官の辞任発表を受け、4月19日未明から急遽開かれたテレビ朝日の記者会見。急ぎ駆けつけた本誌・週刊ポスト記者を待っていたのは意外な事実だった。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年4月24日 0時0分
五輪連覇の羽生結弦選手が仙台で凱旋パレードに極左反日のリテラの誹謗中傷を許すな!!
既に大々的な報道がされていますが、平昌五輪で五輪連覇を達成したフィギアスケートの星、仙台市出身の羽生結弦選手が4月22日、仙台市中心街で凱旋パレードを行いました。
同じ東北出身者として、筆者も心から祝福をさせて頂きます!!

しかし、その一方で、羽生結弦選手の凱旋パレードをこじつけて、極左反日のリテラ(旧名噂の真相)が保守系の攻撃に利用するという、正に極悪行為を平然と行う記事を掲載しました!!

この暴挙を、羽生結弦ファンを含めて、全ての日本国民は許してはならないのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年4月23日 0時0分
北朝鮮による核実験場閉鎖やICBMの発射停止などとても現段階では信用出来ない訳
4月21日の朝、筆者に突然、一通のメールが届きました。
「北朝鮮が核実験場の閉鎖などを発表したけれど、これはどういう意味??」との主旨で、本ブログの読者からの連絡でした。

これに対して、筆者は「北朝鮮による核実験場閉鎖やICBMの発射停止などとても現段階では信用出来ない。米朝会談への布石」との旨を返答しました。

北朝鮮による核実験場閉鎖やICBMの発射停止などとても現段階では信用出来ない訳とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年4月23日 0時0分
中国海軍クズネツォフ級空母「遼寧」など機動部隊が台湾を威嚇!!日米両国は台湾を守れ!!
台湾へのテコ入れを強化する日米両国に対して、中国は軍事的な威嚇や圧力を強化していることは、日本の防衛省・自衛隊も公然と認めています。

4月21日、防衛省・自衛隊HP並びに統合幕僚監部HPが「中国海軍艦艇の動向について」の題で次のように公表しました。

『4月21日(土)午前7時頃、海上自衛隊第13護衛隊所属「さわぎり」 (佐 世保)、第15護衛隊所属「はまぎり」 (大湊)及び第5航空群所属「P−3C」 (那覇)が、宮古島(沖縄県)の東約120kmの海域を太平洋から東シナ海 に向けて北西進する中国海軍クズネツォフ級空母「遼寧」1隻、ルーヤン卦 ミサイル駆逐艦1隻、ルーヤン教薀潺汽ぅ覿鄰犂錬垣謬擇咼献礇鵐イ教薀 リゲート2隻の計7隻を確認した。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/16 00:00 G7サミットでは対中強硬政策で一致、中朝韓は時代のあだ花で没落!!時代が変わったのよ!!
06/15 00:00 中国共産党は日本共産党や旧ソ連共産党と同じく全ての共産党は狡猾で善意を悪意で返す鬼畜以下!!
06/14 00:00 極左反日の嘘捏造隠蔽の因果!!新型コロナなど中国の脅威拡大を防衛強化やワクチン接種など何時回復!?
06/14 00:00 G7サミットで菅義偉首相は台湾WHO参加促進や中国問題等で合意、ゲストの文在寅は無能の恥晒し!!
06/13 00:00 G7を含めて今の共通の価値観は「新型コロナウイルス感染対策」です!!揚げ足取り悪辣デマを許すな!!
06/12 00:00 極左反日反米の文在寅率いる韓国は日本に恥晒しのSOS、韓国の現状は明日の中露朝の姿だ!!
06/11 00:00 菅義偉首相は党首討論で台湾を国と認定発言、岸信夫防衛大臣は日豪間の警護任務体制構築で合意!!
06/10 00:00 立憲民主党の議員発言の中身は韓国マスゴミ屑レベルと同等!!ホリエモンの発言にも及ばない!!
06/09 00:00 米国ではトランプさんとバイデンさんが、ペルーではケイコ・フジモリ氏当選か!?中国包囲網強化!!
06/08 04:00 米国のトランプ前大統領が中国に新型コロナウイルス感染の賠償を求める声明、中国は既に包囲完了!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved