ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3908)
国際情勢 (145)
政治 (1327)
防衛 (1814)
外交 (10)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 483101
今日のアクセス: 185
昨日のアクセス: 407
RSS
カレンダー
<<2018年08月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年8月17日 0時0分
トランプ大統領が前CIA長官の機密情報アクセス権限剥奪、「親方星条旗」の馴れ合い体質改善を!!
日本でも昭和の世では「親方日の丸」的な馴れ合い体質が「一体感や一緒の仕事をしている実感」を社会や組織で湧かせていたプラス面と共に、「官民接待や官官接待」などの腐敗や汚職体質も生み出したマイナス面があった事も事実であり、それが狭い地域や業界社会での「官製談合」をはじめ、ロッキード事件や佐川急便事件、リクルート事件などの大疑獄事件を引き起こした温床にもなっていました。

しかしながら、それが「良くも悪くも」改善した日本の一方で、米国では今も「親方星条旗」と皮肉られる体質がまだまだ残っている模様です。
トランプ大統領は、そのような体質が大嫌いなようです。

8月16日07時14分に産経ニュースが「【トランプ政権】トランプ氏が前CIA長官の機密情報アクセス権限を剥奪 自身への批判への報復」の第で次のように伝えました。

『【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は15日、オバマ前政権で中央情報局(CIA)長官を務めたジョン・ブレナン氏の機密情報へのアクセス権限を剥奪した。サンダース大統領報道官が同日、記者会見で明らかにした。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月16日 0時0分
米中貿易戦争は中国の無為無策の悪政で敗北が濃厚な裏で進む米国の次の凄まじい一手とは??
米中貿易戦争は、米国のトランプ大統領が選挙中から打ち出した「貿易不均衡是正」公約実現への最大の切り札の一つです。

それが中国の劉鶴副首相の無為無策で悪政の悪判断で「トランプ大統領の思う壺」になっています。

その裏で進む米国の次の凄まじい一手とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月16日 0時0分
日米両国の極左反日反米偏向マスコミやその同調者に両国首脳陣が怒り爆発!!当然の事だ!!
今月、米国では100以上のマスメディアが一斉にトランプ大統領を批判する論調を報道するなどの露骨で意図的な歪曲報道は目に余る、いや、悪魔の手先というべき悪辣な自己保身的な行動には怒りを覚える方も多いでしょう!!

日米両国の朝日新聞やCNNを筆頭とする極左反日反米偏向マスコミやその同調者に両国首脳陣が怒り爆発しています!!
これは当然の事なのです!!

8月15日12時31分に産経ニュースが「昭和のサマータイム廃止「朝日新聞の責任」、麻生氏「記者が飲みに行きにくくなるからだろ?」」の題で次のように朝日新聞を批判しました。

『麻生太郎財務相は15日の閣議後会見で、昭和23年に導入された夏の時間を繰り上げるサマータイム(夏時間)が4年間で終わった理由について、「(終わったのは)朝日新聞の責任だぞ」とまくし立てる場面があった。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月15日 0時0分
安倍首相の通常国会での最大の功績はイージス・アショア導入とTPP11法案成立だ!!(2)
2018年通常国会は既に終了していますが、安倍首相の通常国会での最大の功績はイージス・アショア導入関連予算とTPP11法案成立なのです!!

それは何故か??
前日の(1)に続くシリーズでお伝えします。
これが分からないと国内外情勢が何も分からない事を証明してしまいますよ!?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月15日 0時0分
旧民主党勢力の「コンクリートから人へ」等の政策は極左反日反米の亡国国賊の思想!!
旧民主党勢力、特に立憲民主党などには「民主党時代の考え」からの反省や改善が全くありません!!
それもそのはず、「モリカケ」問題に1年間終始した挙げ句の果てに、「文部科学省の疑惑」や「関西生コン疑惑」での国会議員関与疑惑が浮上する中で「ダンマリ」を決め込む愚か極まりない対応をしているのですから、国民の支持などが得られるはずが無いのです!!

8月13日にzakzak by 夕刊フジが「左派野党の支持率低迷の背景 記憶に新しい旧民主党の失政、文科省疑惑に沈黙の二重基準」の題で「高橋洋一 日本の解き方」の連載項目にて、次のように伝えました。

『NHKの8月の世論調査では、立憲民主党の支持率が5・6%と、今年3月の10・2%から大きく下落している。国民民主党も0%台で推移している。なぜ左派野党が支持率を伸ばせないのか。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




 前の5件 次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
08/21 00:00 日米両国は衛星防衛対策等に注力しているのに韓国は基本インフラすら出来ない近代国家以下!!
08/20 00:00 ナポレオンは生誕250周年を祝われ歴史捏造の特亜3国の中国や南北朝鮮は日本と世界の脅威!!
08/19 00:00 世界最悪の国家の指導者の一人は、本当に救いようのない大馬鹿者で極悪政治家、韓国の文在寅大統領だ!!
08/18 00:00 日本が正式にF−35B垂直離発着型ステルス戦闘機の機種選定決定!!その真相は自主防衛力強化!!
08/18 00:00 恩を仇で返し援助や供与を日米の敵国に売り渡す下朝鮮・ヘル朝鮮韓国&文在寅大統領を許すまじ!!
08/17 00:00 韓国の文在寅大統領が反日反米を扇動しながら関係修復!?戦後体制破壊の下朝鮮・ヘル朝鮮韓国!!
08/16 00:00 北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の反日妄想暴走は台風10号の脅威どころか敵国そのものだ!!
08/15 00:00 8月15日は終戦の日だが戦後処理や今後の外交課題は中韓問題を含めて山積み!!これからが勝負!!
08/14 00:00 米国トランプ大統領ですら過去の過ちを後悔するが韓国の文在寅大統領はしないのがヘル朝鮮化の原因!!
08/14 00:00 韓国が我が日本に対して国際法違反と言っていた「ホワイト国」からの除外、記憶にございません!?
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved