ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3490)
国際情勢 (133)
政治 (1157)
防衛 (1599)
外交 (7)
芸能 (127)
スポーツ (30)
技術 (46)
社会問題 (179)
産業 (26)
その他 (29)
アクセス数
総アクセス数: 401503
今日のアクセス: 119
昨日のアクセス: 234
RSS
カレンダー
<<2018年08月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年8月31日 0時0分
防衛計画大綱の見直しを安倍首相が懇談会会議で明言するのは宇宙軍創設へ進む米露との協調あり!!
この8月、米国のトランプ大統領が「宇宙軍」の創設を明言し世界に衝撃を与えた「歴史的な意義」を観るならば、防衛計画大綱の見直しを安倍首相が懇談会会議で明言するのも至極当然の事でしょう。

8月29日に首相官邸HPが「安全保障と防衛力に関する懇談会」の題で次のように安倍首相の発言を公開しました。

『平成30年8月29日、安倍総理は、総理大臣官邸で第1回安全保障と防衛力に関する懇談会を開催しました。

 安倍総理は、冒頭の挨拶で次のように述べました。
「三村座長を始め、有識者の皆様におかれましては、お忙しい中安全保障と防衛力に関する懇談会への参加を急遽いただいたことを、厚く御礼申し上げたいと思います。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月30日 0時0分
アフリカ豚コレラの流行がついに中国各地でも確認!!中国にとって最凶最悪の事態が発生している!!
中国にとって豚は中華料理をはじめ食生活どころか文化や社会を支える大切な家畜です。
ところが、この豚にとって致命的な病気である、アフリカ豚コレラの流行がついに中国各地でも確認される事態となっております!!

8月28日11時50分にロイターが「アングル:中国襲う「アフリカ豚コレラ」、アジア拡散防げるか」の題で次のように伝えました。

『[北京 24日 ロイター] - 中国政府が、急速に広がるアフリカ豚コレラ(ASF)の感染拡大を食い止めようと、躍起になっている。世界最大の飼育頭数を誇る中国の養豚業界では3週間で4例の集団感染が報告されており、ASFが東南アジア諸国に飛び火する懸念も出ている。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月29日 0時0分
明治維新の負の遺産の一つである狭軌レールの呪縛から逃れるには鉄道交通網の刷新が不可欠だ!!
明治維新で日本が導入した「鉄道」。
勿論、鉄道の導入そのものが正しかった事は間違い有りません。

しかし、そのレール幅が「狭軌」であったことが、鉄道レール幅を官民共に統一出来なかったことが、今も日本を苦しめているのです。

8月27日22時01分に産経WESTが「近鉄に逆風? 国交省が北陸新幹線のフリーゲージトレイン導入断念 開発コスト上昇も」の題で次のように伝えました。

『国土交通省は27日、左右の車輪の幅を変化させて新幹線と在来線を直通運転できるフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)について、北陸新幹線への導入を断念する方針を明らかにした。
[続きを読む]
[カテゴリ:社会問題] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月28日 0時0分
米国ポンペオ国務長官の訪朝中止や北朝鮮が拘束した日本人観光客の追放などの先に中国封じあり!!
米朝協議や日朝協議の進展が少なくとも表向きは見られません。

8月25日04時32分にロイターが「ポンペオ国務長官の訪朝中止、米大統領「非核化進展遅い」」の題で次のように伝えました。

『[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、米国が目指す朝鮮半島の非核化に向けた進展が遅過ぎるとして、ポンペオ国務長官の訪朝計画を中止した。

トランプ氏はツイッターに「朝鮮半島の非核化を巡り十分な進捗が見られていないため、ポンペオ長官に現時点で訪朝しないよう求めた」と投稿した。
トランプ大統領は、北朝鮮の非核化に中国が協力しているとは思えないとも指摘。ポンペオ長官は近い将来に北朝鮮を訪問したいと考えているが、米国と中国の通商関係を巡る問題の解決後になる公算が大きいと述べた。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年8月27日 0時0分
日本でも各地で相次ぎ発生している爆発物事件やスポーツ不祥事、対策を急がなければならない訳
日本でも近年、各業界や各地で相次ぎ発生している爆発物事件やスポーツ不祥事、本当に腹立たしいですよね!!

プロ野球での麻薬や覚醒剤関連や賭博事件、最近はアメフトやボクシングでの不正、バトミントンやバスケの日本代表の不祥事まで発覚しました。

その一方で各種の爆発物事件やそれに類似した事件も発生しています。

日本でも各地で相次ぎ発生している爆発物事件やスポーツ不祥事、対策を急がなければならない訳、とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/24 00:00 こうのとり7号機の打ち上げ成功で日本の宇宙開発の推進分野は有人宇宙飛行である重大な理由
09/24 00:00 オバマ前米国大統領が既得権益を持つ政府高官と組んでトランプの揚げ足取り!!
09/23 00:00 9月25日の安倍首相とトランプ大統領との日米首脳会談は怒濤と言うべきどんでん返しになる!!
09/23 00:00 南朝鮮たる韓国の文在寅大統領が米国との貿易戦争で最悪の無為無策、Kの法則&ヘル朝鮮化が発動!!
09/22 00:00 安倍首相が自民党総裁選で勝利した背景を分析すれば田中角栄元首相の政治方式の終焉が見える!!
09/21 00:00 大規模災害の発生が国内外で頻発する中で備えるべきサバイバル術のノウハウは意外に身近にある!!
09/20 00:00 また交番襲撃!!警備・防衛関係者やその施設等への攻撃はテロやゲリラ攻撃と見做して極刑や射殺を!!
09/20 00:00 米国が空軍強化と共に宇宙軍の設立の方針、日本も早急な空軍力強化と宇宙軍の設立を!!
09/19 00:00 日本がベトナム親善訪問部隊らの南シナ海にて対潜訓練を実施したことを敢えて公表!!
09/18 00:00 着々と進む南朝鮮たる韓国が北朝鮮同様の制裁対象になる日!!その理由が恐ろしい理由とは??
最近のコメント
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(ななし)
平昌オリンピックは韓国だけで開催して下さい それが嫌なら返上と朴槿恵大統領辞任!!(水戸黄門の屁)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved