ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4345)
国際情勢 (154)
政治 (1453)
防衛 (2102)
外交 (10)
芸能 (137)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 631645
今日のアクセス: 316
昨日のアクセス: 365
RSS
カレンダー
<<2018年10月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年10月14日 0時0分
ロシアのソユーズ宇宙船の打ち上げ失敗は日本の宇宙開発に大きな教訓と更なる飛躍の機会を与えた!!
10月11日に打ち上げられたロシアのソユーズ宇宙船の打ち上げ失敗は、不幸中の幸いで搭乗した2人は緊急脱出装置のお陰で無事に生還しました。

それにしても、今回の打ち上げの失敗は、近年米露等で続く打ち上げ失敗の多さの延長線上にあるとしか思えない、構造的な問題絡んでいるのです。

筆者は「災い転じて福となす」の考えを持つべきだ、と感じずにはおられません!!
ロシアのソユーズ宇宙船の打ち上げ失敗は日本の宇宙開発に大きな教訓と更なる飛躍の機会を与えたのです!!

その理由とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月14日 0時0分
安倍首相が自衛隊殉職隊員慰霊追悼式に参列、国家や社会の防衛に力を尽くすのは当然の事だ!!
安倍首相が10月13日、自衛隊殉職隊員慰霊追悼式に参列しました。

同日11時08分に産経ニュースが「安倍晋三首相が殉職自衛隊員に追悼の辞「遺志受け継ぎ、国民の命守り抜く」」の題で次のように伝えました。

『安倍晋三首相は13日午前、東京都新宿区の防衛省で営まれた平成30年度の自衛隊殉職隊員追悼式に参列し「尊い犠牲を無にすることなく、ご遺志を受け継ぎ、国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜いていく。世界の平和と安定に貢献するため、全力を尽くすことを固く誓う」と追悼の辞を述べた
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月13日 0時0分
旭日旗掲揚否定の国際ルールすら無視する北朝鮮以下の下朝鮮たる韓国は中国と共に地獄行きだ!!
中国や南北朝鮮を支持するあらゆる政治勢力や社会勢力は、正に旭日旗掲揚否定の国際ルールすら無視する北朝鮮以下の下朝鮮たる韓国の行為に抗議すらしないのは、正に「悪魔の手先」同然なのです!!

その良い事例が、韓国の観艦式の「旭日旗自粛」の要請でした。
これで、日米両国のみならず世界の怒りに触れた韓国は完全に世界で孤立しました!!

10月11日20時13分に産経ニュースが「「旭日旗」不掲揚要求で日本不参加の観艦式 軍艦旗掲げた参加国も」の題で次のように伝えました。

『【ソウル=名村隆寛】韓国南部の済州島で11日、観艦式の海上パレードが行われたが、パレード中は艦艇上に自国国旗と韓国国旗のみを掲げるよう求めていた韓国海軍の異例の通知には従わず、参加国のうち数カ国が自国の軍艦旗を掲げたとみられる。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月12日 0時0分
米国の中間選挙は米中貿易戦争の影が色濃く出る選挙だがトランプ大統領にとっては正念場の選挙!!
米国のトランプ大統領にとって、再選を目指すには、今年11月の米国中間選挙は何が何でも負けられません!!

10月10日21時49分に産経ニュースが「【2018トランプの米中間選挙】(上) 関税合戦、心離れる有権者 世論工作の激戦地に中国の影」の題で次のように伝えました。

『演説で特定の国をつるし上げて大衆の心をつかむのは米大統領ドナルド・トランプの「お家芸」だ。2016年大統領選で米国への不法移民の流入に手を打っていないとしてメキシコを集中攻撃したトランプは今、中国を標的にし、来月6日の中間選挙に向けて激しく攻撃している。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月11日 0時0分
日英間や米中間で大きな動きが見られる中で安倍首相がEU離脱後の英国にTPP加盟を歓迎!!
9月の国連総会と、その後は各国とも「外交の季節」になりますが、特に今年は日英間や米中間で大きな動きが見られます。

そのような中で、安倍首相がEU離脱後の英国にTPP加盟を歓迎する旨の発言をして英国のメイ首相に「援護射撃」をしました!!

10月8日、BBC NEWS JAPANが「安倍首相、ブレグジット後の英国をTPPに歓迎と 英紙に」の題で次のように伝えました。

『日本の安倍晋三首相は、欧州連合(EU)離脱後の英国を「両手を広げて」環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に歓迎すると英紙フィナンシャル・タイムズに述べた。首相はさらに、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との首脳会談や、改憲議論に決着をつけることに意欲を示した。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




 前の5件 次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
08/07 00:00 激動の現代には人の目だけではなく宇宙の目、鷹の目、虫の目、顕微鏡の目などの大局観や観察眼が重要!!
08/06 00:00 日本が積極的なミサイル等の防衛決定!!極左反日反米の中韓に媚びを売る東京新聞などは不要!!
08/05 00:00 捏造の尖閣諸島問題や歴史観言動の独裁極悪悪政の特亜3国である中朝韓の挑発には厳しく対処を!!
08/04 00:00 中国の軍事的圧力が高まる中で、日本は毅然とした対応とスペースX搭乗のような宇宙開発にも注力を!!
08/03 00:00 地上型イージス・アショア計画中止で浮上する代替案は新型イージス艦増勢や反撃能力向上が最適の訳
08/03 00:00 李登輝元総統の逝去で葬儀に誰が参加するかが日本と世界の将来を占う試金石に!!毅然とした対応を!!
08/02 00:00 李登輝元総統逝去で日台間は首脳同士の連携強化、韓国文在寅政権は北朝鮮へストックホルム症候群!!
08/01 00:00 【合掌】台湾の民主化や日本にも大きな功績を遺された李登輝元総統がご逝去されました。
07/31 00:00 中国も韓国も極左反日反米で大暴走!!これら狂いに狂った国家には厳しい制裁と糾弾を!!
07/30 00:00 新型コロナウイルスで騒ぐ暇があれば民主党政権時の治山治水の無策や韓国等の捏造歴史観を批判せよ!!
最近のコメント
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved