ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3874)
国際情勢 (144)
政治 (1316)
防衛 (1792)
外交 (10)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 473553
今日のアクセス: 132
昨日のアクセス: 290
RSS
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年11月13日 0時0分
第1次世界大戦の終結から100年で世界は教訓を学んだとは言い難い!!日本は米露を制御せよ!!
11月11日で第1次世界大戦終結から100年が経過し、記念式典がフランスのパリで開催されました。

11月12日00時39分に産経ニュースが「「昼食会であいさつ」 米露首脳が短い会話」の題で次のように伝えました。

『トランプ米大統領とプーチン露大統領は11日、訪問先のパリで短時間会話した。プーチン氏がロシア記者団に明らかにした。ペスコフ露大統領報道官によると「昼食会の場であいさつを交わした程度で、本格的な話し合いにはならなかった」という。本格的な首脳会談は今月末にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合に合わせて行われる予定。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年11月12日 0時0分
「はやぶさ」のサンプル回収や小型回収カプセルの着水回収に成功する事が世間では理解が難しい訳
2010年6月13日、「はやぶさ」のカプセルが大気圏に再突入する様子、そしてサンプルの回収成功は、日本中を興奮と喜びに沸かせました。
筆者も当時の報道で、熱く、そして心から成功を喜びました!!
そして、世界中に日本の宇宙技術のレベルの高さを見せつけたことも確かです。

今年11月11日には、既に報道されておりますがISSより大気圏に再突入し南鳥島沖で無事着水した小型回収カプセルを回収しました。

その一方で、一部の無理解極まりないトンデモWebサイトでは「こんな事はあり得ない」などと、技術的な事実や実情を完全に無視した愚かな論調があります。

「はやぶさ」のサンプル回収や小型回収カプセルの着水回収に成功する事が世間では理解が難しい訳、とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年11月12日 0時0分
日本の宇宙補給機こうのとりHTV7号機に搭載された小型回収カプセルの着水回収に成功!!
11月11日は、日本が米露に続いて、大気圏から再突入した物資を無事回収出来たことを記念する日として、今後の日本の歴史に記録されるでしょう。

11月11日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)は理事長談話として、「宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)のミッション完了について」の題にて次のように公式声明を出しました。

『本日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)は軌道離脱を実施し、計画どおり、大気圏に再突入しました。 「こうのとり」7号機は、平成30年9月28日に国際宇宙ステーション(ISS)への結合に無事成功した後、約41日間、ISSに係留いたしました。その間、ISS運用に欠かせない補給品・利用物資などをISSへ移送し、ISSからの不用物資を搭載して、本日の地球大気圏への再突入を無事完遂することができました。今回で7機連続の成功です。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年11月11日 0時0分
CNNを筆頭とする極左反日反米メディアと戦うトランプ大統領が中間選挙の結果再選を確実にした訳
11月の米国中間選挙は、上院は共和党、下院は民主党が過半数を獲得しました。
これには、CNNを筆頭とする極左反日反米メディアの逆宣伝もありました。

しかし、米国トランプ大統領は選挙後にホワイトハウス担当のCNN記者との「激しい口論」にもめげす、自己流を通しています。

CNNを筆頭とする極左反日反米メディアと戦うトランプ大統領が中間選挙の結果再選を確実にした訳、とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年11月11日 0時0分
韓国の人気男性グループ「防弾少年団(BTS)」の騒動で従軍慰安婦や徴用工と同様の極左反日誘導!!
11月ともなると秋から次第に冬になる季節感が感じられますが、日本や米国と「南朝鮮」「北朝鮮の下にある下朝鮮、韓国と称する国家」との関係は、既に厳冬のような関係になりました。

何故ならば、捏造の従軍慰安婦、捏造の徴用工で日本が厳しい態度を取り、そしてその最後の一押しで「原爆Tシャツ」を着た韓国の人気男性グループ「防弾少年団(BTS)」の騒動が大きくなりました。
これらは、今までと同様の極左反日国家やその勢力の誘導なのです!!
彼らを許すな!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/23 00:00 今回の参議院選挙の結果は支持層の行動変化を大きく映し出した!!幸福実現党には一層の成長を!!
07/22 00:00 日米両国などが宇宙開発競争を激化させている背景に何があるのか??意外にも深刻な問題がある!!
07/22 00:00 韓国は日米両国の支援無しには生きられない!!現実を理解出来ない文在寅大統領と支持勢力は極悪人!!
07/21 00:00 常軌を逸した極左反日反米政策の韓国・文在寅大統領に日米両国が激怒!!無礼千万で世界のブラック国!!
07/20 00:00 参議院選挙には日本や世界に対する高い国家観を持つ政党や政治家を応援!!その最右翼は幸福実現党!!
07/19 05:33 追悼、京都アニメーション放火事件で死者33人の大惨事!!日本のサブカルチャーの防衛強化を!!
07/19 00:00 極左反日反米従北媚中の文在寅大統領が無謀な対日強硬策で自爆、土下座して日米両国に謝罪せよ!!
07/18 00:00 米国トランプ大統領の民主党急進左派議員らへの過激な批判は移民問題や国際情勢の本質を突く!!
07/17 00:00 和田政宗候補が選挙活動中に暴行された事件をCBCが揶揄したツイートで謝罪、文在寅大統領と同じ!!
07/16 00:00 米朝両国が表向き以上に接近、瓢箪から駒の事態が迫っている!!日米両国は相互防衛体制の確立を!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved