ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3838)
国際情勢 (141)
政治 (1303)
防衛 (1772)
外交 (10)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 464748
今日のアクセス: 161
昨日のアクセス: 257
RSS
カレンダー
<<2019年02月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年2月11日 0時0分
【2月11日建国記念の日】正しい歴史、国際政治、建国の理念を知らなければならない!!
2月11日は、日本の建国記念の日です。
日本では、西暦の他に、皇紀という暦があり、西暦に660年を足すと、皇紀になります。
ですから、今年は西暦2019年ですから、皇紀2679年となります。

我が日本の歴史は実に古く、例えば中国の王朝は何度も栄枯盛衰を繰り返してきましたが、日本は神武天皇以来の2600年を越える歴史がある、実に誇れるものなのです。

ですから、勿論、隠蔽や改竄などは世界史に多く存在していますが、正しい歴史を知ることは極めて大切なものです。

北方領土問題や朝鮮半島問題一つを取っても、正しい歴史や正しい国際政治、そして建国の理念を知らなければ何も分からないのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月10日 0時0分
レオパレス21や辻元清美氏の嘘や捏造隠蔽は下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国や文在寅大統領と同じ!!
筆者の個人的経験で恐縮ではありますが、かつて筆者は、関東地方のとある都市で、レオパレス21の管理するアパートに半年ほど居住していた事があります。
管理は定期的に見回りがあり、かなり口うるさい文書がアパートの部屋毎に投函されていた事、新聞等の勧誘が多かった事、季節風のすきま風が入っていた事を良く覚えています。

全体的に言えば、そうした管理も仕方が無かったとは当時は思っていましたが、最近のレオパレス21の報道を視聴すると、その嘘や捏造隠蔽の違法オンパレードぶりに怒りを禁じ得ません!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月9日 0時0分
準天頂衛星「みちびき」に米国製の監視装置搭載へ、日本版GPS体制の防衛強化などを急げ!!
冷戦終結をもたらしたSDI構想は、現在の宇宙空間の姿を予言したものになっています。
既に衛星破壊ミサイル、キラー衛星等の衛星破壊兵器は実用化され、米国のみならず中国やロシアも保有しています。
また、冷戦当時構想されたレーザー砲等などは現実的な兵器として開発され、実用段階に達しつつあります。
米国が本格的な宇宙軍の設立の方針を公表した背景には、このような現実があるのです。

一方で地上の位置情報システムであるGPSシステムなどは通信衛星や気象衛星などと同様、私達の社会には欠かせないものになっている以上、衛星システムの防衛は喫緊の課題なのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月8日 0時0分
社民党から旧民主党へ鞍変えした立憲民主党の辻元清美氏が違法な外国人献金を受けていた!!
各業界の人の言動や動きを見れば、どこの世界にも「不適応」な人はいます。
それは、ある程度は仕方が無いのでしょう。

しかし、政治家で「不適応」な人は、世の中全体に大きな禍根や悪政、失政をもたらすのですから、有権者側としては、選挙にてそのような人は落選させなければならないのです!!

その筆頭こそ、下朝鮮・ヘル朝鮮と化した韓国の最高指導者で分際も分別すらもわきまえない無能の寅、「ぶんざいとら」こと文在寅大統領と同じ思想を持つ、社民党から旧民主党へ鞍変えした立憲民主党の辻元清美氏ではないでしょうか!?
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月7日 0時0分
第1次世界大戦後のドイツ以上のベネズエラの極悪政権のインフレ社会は将来の南北朝鮮等の姿!!
何はともあれ、愚かな愚策や政策は全てを悪化させます。
特に経済社会政策の悪化は、現代社会では、即、経済破綻や失業者増加など社会の活力すら奪うものです。

第1次世界大戦後のドイツは、巨額な賠償金の支払いに追われ、インフレが加速し、インフレが落ち着くまで総計1兆%のインフレ率、つまり物価の値上がりが発生しました。
ですから、籠やバスケットを持ち給与を受け取る、子供をお使いに出せない、落ちた札束を誰も拾わない、物の値段が毎日どんどん上昇するなど、笑うに笑えない状況で国民は生活にすら苦しみました。

現在でも、最近ではジンバブエのインフレが問題になりましたが、第1次世界大戦後のドイツ以上のベネズエラの極悪政権のインフレレベルは凄まじく、ある統計によれば昨年2018年のインフレ率だけでも170万%に達しているとの報道もあります。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




 前の5件 次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/25 00:00 気象も国内外情勢さえも五月雨模様!!不透明で不安定な情勢に対処する総合自主防衛能力の確立を!!
06/24 00:00 特亜3国である中国と南北朝鮮は内輪もめで大きな転機!!その影には日米両国の外交や工作の効果!!
06/24 00:00 極左反日反米野党共の悪辣な揚げ足取りや無能さが逃走犯の小林誠のような安全を乱す輩を生む!!
06/23 00:00 米国トランプ大統領がイランへの攻撃10分前に中止!!日本はアジア・アフリカのリーダーになれ!!
06/22 00:00 特亜3国は中韓両国が北朝鮮という乞食国家に関わることでアリ地獄!!G20サミットが見物だ!!
06/21 00:00 安倍首相、八方美人的な外交政策をやめて米国トランプ大統領のように中韓両国等に厳しい措置を!!
06/20 00:00 6月18日深夜に山形県沖で地震!!このような時には国際政治や軍事での地殻変動にも備えよ!!
06/19 00:00 大阪府拳銃強奪事件の犯人の凶悪な犯行と不可解な行動は宮城県で発生した同様の事件と共通点あり!!
06/18 00:00 ホルムズ海峡近くのタンカー攻撃などテロや破壊工作には日本が世界の交通路防衛へのリーダーシップを!!
06/17 04:45 大阪吹田市で発生した警察官に対する強盗殺人未遂事件の逃走犯は正にテロリスト!!極刑に値する!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved