ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3832)
国際情勢 (141)
政治 (1300)
防衛 (1769)
外交 (10)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 463389
今日のアクセス: 83
昨日のアクセス: 261
RSS
カレンダー
<<2019年02月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年2月23日 0時0分
安倍首相は日米首脳電話会談でトランプ大統領に北朝鮮の拉致問題解決を重ねて要請、外交のプロだ!!
2月21日21時22分ころ、昨年も大きな被害を被った北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。

全ての被災者の皆様に対して心からお見舞いを申し上げますと共に、一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。

さて、この地震も象徴的な出来事ですが、世の中が大きく揺れ動く時期に来ているのは間違いありません!!

2月20日、首相官邸HPが「トランプ米国大統領との電話会談についての会見」の題で次のように公開しました。

『平成31年2月20日、安倍総理は総理大臣公邸で会見を行いました。
 総理は、アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領との電話会談について次のように述べました。

「トランプ大統領と電話で首脳会談を行い、来週予定されている2回目の米朝首脳会談に向けて、対応方針について日米でじっくりと、そして緊密にすり合わせを行いました。
 核・ミサイル問題、そして拉致問題の解決に向けて、日米であらゆるレベルで一層緊密に連携していくことで一致したところでありますが、特に拉致問題については、トランプ大統領と、より時間をかけてしっかりとお話をいたしました。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月22日 0時0分
学習能力すらない西朝鮮の中国や北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国に日米が強力制裁準備!!
人間とは、本来は情熱や学習能力があり、それがあるからこそ、生まれた時から多くの、そして様々な学習を積み重ねて学び、成長するものです。

しかし、世界には特亜3国である西朝鮮の中国や北朝鮮、そして北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の南朝鮮たる韓国を筆頭として、学習能力すらない、同じような事を堂々巡りで歴史的出来事を繰り返す国家や地域、民族があります。

そのような「連中」に限って、「歴史に学べ」と他人や他国に言いつつ、自分の考えとは全く正反対であっても平気で「反対」のデモを行うなど、とてつもない、トンデモ無い事をしでかすのです。
つまり、思想や言論の自由すら無い国家や地域、民族は皆、そのようになります。
敢えて重ねて指摘しますが、特亜3国である西朝鮮の中国や北朝鮮、そして北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の南朝鮮たる韓国が、正にその典型的な悪しき実例なのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月21日 0時0分
北朝鮮と下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国は自国すら真面に維持不可能!!日本は自主防衛体制の確立を!!
北朝鮮と、北朝鮮の執事以下と化した下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国は、今や世界最大の脅威であり、日本の敵国中の敵国です。

北朝鮮の最高指導者である金正恩党委員長と、その極左反日反米の姿勢で韓国すら不幸にさせている、分際や分別すら知らず、エラそうなドヤ顔で卑屈なニタニタ笑いを浮かべる、韓国の最高指導者である「ぶんざいとら」こと文在寅大統領こそ、それらの元凶なのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月20日 0時0分
トランプ大統領ノーベル平和賞推挙の裏事情に韓国側の地球が滅んでも日韓関係改善は無いとの判断!!
これから日本や世界の外交や安全保障環境は激変するでしょう。
はっきりと言い切れる自信が筆者にはあります。

何故ならば、外交のプロが韓国側の態度や言動を恐ろしい程非難しているからです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月19日 0時0分
100年前の第1次世界大戦で果たした日本の役割を今こそ深く考え将来に備える時が来た!!
読者の皆様におかれましては、国際貢献や平和維持活動が単なる「ボランティア活動」「清掃奉仕活動」レベルの安全が確保されている中で活動が出来る、とはお考えの方はおられないとは存じますが、1992年のカンボジアPKO派遣に関しての極左反日反米の政党や政治勢力の酷い現実無視の愚か極まりない反対運動や反対の論調は、如何に当時の日本が平和ボケしていたかを示す良い証拠でしょう。

明治150年にあたる今年、今こそ、先人が辿った歴史、つまり幕末から明治、大正、昭和、そして平成の歴史の集大成と、そこから得られた歴史の教訓を世界の歴史や世界戦略として考え直さなければなりません!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/20 00:00 6月18日深夜に山形県沖で地震!!このような時には国際政治や軍事での地殻変動にも備えよ!!
06/19 00:00 大阪府拳銃強奪事件の犯人の凶悪な犯行と不可解な行動は宮城県で発生した同様の事件と共通点あり!!
06/18 00:00 ホルムズ海峡近くのタンカー攻撃などテロや破壊工作には日本が世界の交通路防衛へのリーダーシップを!!
06/17 04:45 大阪吹田市で発生した警察官に対する強盗殺人未遂事件の逃走犯は正にテロリスト!!極刑に値する!!
06/16 00:00 安倍首相のイラン訪問は失敗だったとの報道は正に極左反日反米の偏向報道に過ぎず日米共同戦略の一つ!!
06/16 00:00 ホルムズ海峡近くでのタンカー攻撃事件で米国トランプ大統領がイランの責任として非難!!
06/15 00:00 安倍首相が初めてイランの最高指導者ハメネイ師と会談と同時期にタンカー攻撃!!外交・安保は正念場!!
06/14 00:00 安倍首相がイランを訪問し日米両国空母が中国空母と対峙するも韓国文在寅大統領は全てブーメラン!!
06/13 00:00 中国空母「遼寧」が東シナ海から太平洋に航行!!身勝手悪辣な中国や南北朝鮮は世界に不要!!
06/12 00:00 悪辣で詐欺国家・嘘つき国家の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国に米韓同盟破棄の圧力、切り捨ては当然だ!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved