ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4049)
国際情勢 (151)
政治 (1375)
防衛 (1895)
外交 (10)
芸能 (132)
スポーツ (36)
技術 (49)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 522765
今日のアクセス: 270
昨日のアクセス: 267
RSS
カレンダー
<<2019年02月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年2月8日 0時0分
社民党から旧民主党へ鞍変えした立憲民主党の辻元清美氏が違法な外国人献金を受けていた!!
各業界の人の言動や動きを見れば、どこの世界にも「不適応」な人はいます。
それは、ある程度は仕方が無いのでしょう。

しかし、政治家で「不適応」な人は、世の中全体に大きな禍根や悪政、失政をもたらすのですから、有権者側としては、選挙にてそのような人は落選させなければならないのです!!

その筆頭こそ、下朝鮮・ヘル朝鮮と化した韓国の最高指導者で分際も分別すらもわきまえない無能の寅、「ぶんざいとら」こと文在寅大統領と同じ思想を持つ、社民党から旧民主党へ鞍変えした立憲民主党の辻元清美氏ではないでしょうか!?
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月7日 0時0分
第1次世界大戦後のドイツ以上のベネズエラの極悪政権のインフレ社会は将来の南北朝鮮等の姿!!
何はともあれ、愚かな愚策や政策は全てを悪化させます。
特に経済社会政策の悪化は、現代社会では、即、経済破綻や失業者増加など社会の活力すら奪うものです。

第1次世界大戦後のドイツは、巨額な賠償金の支払いに追われ、インフレが加速し、インフレが落ち着くまで総計1兆%のインフレ率、つまり物価の値上がりが発生しました。
ですから、籠やバスケットを持ち給与を受け取る、子供をお使いに出せない、落ちた札束を誰も拾わない、物の値段が毎日どんどん上昇するなど、笑うに笑えない状況で国民は生活にすら苦しみました。

現在でも、最近ではジンバブエのインフレが問題になりましたが、第1次世界大戦後のドイツ以上のベネズエラの極悪政権のインフレレベルは凄まじく、ある統計によれば昨年2018年のインフレ率だけでも170万%に達しているとの報道もあります。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月6日 0時0分
ドイツと北朝鮮の外交姿勢の変化が示す対日関係の模索は下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国対策だ!!
ドイツも北朝鮮も、露中両国を筆頭とする「大陸国家」であり、日米豪英印などの「海洋国家」とは地政学的には、どうしても対立関係になりがちです。
これは、現在でも世界の70%の物流を海運、海上輸送が占めている現実があり、海上輸送が自国で自由に使えるか否か、港湾施設や海軍力の強弱が防衛・軍事のみならず政治や経済、社会の発展などに大きな影響をもたらすのです。

ある意味で、住宅地に喩えるならば、「駅やバスターミナル、ショッピングモールなどから離れた丘の上の住宅団地」が大陸国家で、「駅やバスターミナルなどに程近い、ショッピングモール等の利用も簡単で便利な平地の住宅団地」が海洋国家なのです。

そして、今、ドイツと北朝鮮の外交姿勢の変化が観られます。
欧州で親中派の筆頭だったドイツのメルケル首相の訪日は、多くの分野でかなりの衝撃を与えた模様です。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月5日 0時0分
米国トランプ大統領の次の一手はメキシコとの国境への壁の建設と在韓米軍の縮小・撤退か!?
季節はもう立春を過ぎ、そろそろ春の息吹が待ち遠しいと感じる時期になりました。
そのような中で、米国では残念な事に連邦議会での「ねじれ」のため、昨年年末から35日間も「予算執行停止」による政府や政府系施設の閉鎖・活動縮小が行われる異常事態が発生しました。

2月5日に一般教書演説を行う予定のトランプ大統領にとって、今こそ「今まで以上の成果」を挙げるにはどうすれば良いかを慎重に見極めている時期に入った、と筆者は感じています。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月4日 0時0分
INF条約破棄はABM条約破棄に続いて日本に大きな利益をもたらす事になる!!
今、国際社会では米国のトランプ大統領が「ぶち切れて」中距離核戦力(INF)全廃条約破棄を発表したことへの波紋が拡がっています。

日本の立場から観れば、勿論、日本はどこかの極左反日政党がいいがかりを付け政府から一蹴されたように、この条約に加盟していない以上、建前上は何の関係もありません。

しかし、しかしですよ、外交や安全保障の立場で、本音では喜んでいるのです!!
INF条約破棄はABM条約破棄に続いて日本に大きな利益をもたらす事になるのですから!!

それは何故か??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/11 00:00 韓国は文在寅大統領の悪政で資本逃避が厳しいのに日本の旭日旗を公式批判で自滅への道を驀進中!!
12/10 00:00 ノーベル化学賞を受賞する吉野彰氏がストックホルム大学でリチウムイオン電池の受賞記念講演!!
12/09 00:00 北朝鮮が発射場で弾道ミサイルのエンジン静止試験を実施、日本は反撃能力を含め徹底的な防衛強化を!!
12/09 00:00 いずも型DDHが本格的な空母に改造可能と米国の企業が提案!!その真意には泣きたくなる理由が!!
12/09 00:00 韓国は中国の核の傘に入ると文在寅政権高官の発言!!三跪九叩頭の礼の奴隷根性裏切り外交を許すな!!
12/08 00:00 情報機器会社「ブロードリンク」社員の窃盗で神奈川県庁情報流失、TPP等への対応対策が急務だ!!
12/07 00:00 朝日を筆頭とする極左反日反米偏向マスコミと韓国・文在寅政権は同一で言動は全てブーメラン返し!!
12/06 00:00 アフガニスタン支援の中村医師が殺害される!!中国等の同じ強権国家には理論と国力の武装強化を!!
12/05 00:00 米国トランプ大統領が中国や南北朝鮮へ圧力!!助けない、教えない、関わらない、の非韓三原則適用を!!
12/04 00:00 中国や南北朝鮮でも大動乱の兆し、日本はアジア大動乱に備えた自主外交力と自主防衛力の確立を!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved