ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4047)
国際情勢 (151)
政治 (1374)
防衛 (1894)
外交 (10)
芸能 (132)
スポーツ (36)
技術 (49)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 522153
今日のアクセス: 689
昨日のアクセス: 765
RSS
カレンダー
<<2019年03月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年3月16日 0時0分
ケンチャナヨ精神というデタラメで下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国は文在寅大統領も統計すらもNGだ!!
20世紀後半の冷戦時代、米国を訪問した旧ソ連のフルシチョフ首相は、当時の米国大統領のアイゼンハワーが「キャンプ・デービットにこれからご招待しましょう」との発言に次のように答え、ドンデモない外交紛争に発展した事実があります。

「キャンプ??ほう、私が共産主義国家から来たのでこれから収容所にご招待する、という事ですかい??
これは我が国に対する宣戦布告と見做す(怒り)!!・・・」

その後、アイゼンハワー大統領などが時間をかけて必死に誤解を解き、有名な冷戦の雪解けを象徴する「キャンプ・デービッド会談」が実現しました。
当時、旧ソ連の米国専門家ですらも「キャンプ・デービッド」が米国大統領の別荘である事を誰も知らなかった事で起きた珍事です。
恐ろしい程の「常識外」の出来事です!!
そして正しい情報がいかに大切かを示す事例でもあります。

現実には、現在でも旧ソ連のこの珍事と同様に、各国政府の統計も政府によっては「信用性などは無い」ものが多く存在します。
特に、西朝鮮たる中国、北朝鮮、そして北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国の統計です!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月15日 0時0分
日英両国で過去の清算へ政治の動きが加速、その対象は下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国とEUだ!!
日英両国で「過去」の清算へ政治の動きが加速しています。

政治とは、人と人とのつながりやそれに伴う「しがらみ」が付きものですが、それは国家レベル、世界レベルでは「桁違いに大きく、かつ多岐に」なります。
これらの「過去」の清算への動きが政治で活発化するということは、国際情勢を含めて大きく世の中が動く事になります。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月14日 0時0分
おごれる人も久しからず!!ピエール瀧=カルロス・ゴーン被告=中国・南北朝鮮の特亜3国!!
平家物語などでも「おごれる人も久しからず」として戒めることわざや名言が数多くあります。

これだけ麻薬はダメだ、不正経理防止や法令遵守の徹底だ、そして国際法遵守だ、と言っても守らない輩や国家・民族・集団には「三つ子の魂百までも」のことわざ通り、国家や社会単位の教育しか無いのでしょうか??
このような人達には、「死ぬまで治らない」どころか「死んでも治らない」ということわざが一番良く似合いますねえ(強烈な皮肉と批判)。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月13日 0時0分
文在寅率いる韓国ソウルは世界最悪の汚染都市!!韓国極左マスコミすらヘル朝鮮認定!!
相変わらずの極左反日反米で従北媚中、そして最近は「従中」の姿勢が露骨になってきた「ぶんざいとら」こと文在寅大統領が率いる世界の敵性国家の一つ、北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国。

ここまで来ると悪因悪果、因果応報と筆者ですら感じるのですが、ついに、韓国は政治や経済、社会だけではなく大気汚染すらも「世界最悪」となってしまったようです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月12日 0時0分
安倍首相が40回目となる東日本大震災の被災地訪問で住民らを激励!!復興の苦労を伝えよう!!
3月11日で東日本大震災発生から8年が経過しました。

この大きな地震は1995年の阪神淡路震災の1000倍もの大きさでした。
この事実すら、まだまだ伝えられていない面がある事に、東日本大震災を経験した一人として、筆者は報道のあり方に批判的にならざるを得ません。

3月9日に安倍首相は岩手県を訪問し、東日本大震災の被災地を視察しました。
同日、首相官邸HPが「岩手県訪問」の題で次のように公開しました。

『平成31年3月9日、安倍総理は、岩手県を訪問しました。

 総理は、釜石市で三陸沿岸道路及び東北横断自動車道の開通式典に出席しました。続いて、釜石駅で訓練運転列車を視察しました。午後には、釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムを視察した後、子供たちの練習を視察しました。その後、大船渡市の商業施設を視察し、最後に陸前高田市の飲食店で、地域の方々と懇談しました。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/09 00:00 北朝鮮が発射場で弾道ミサイルのエンジン静止試験を実施、日本は反撃能力を含め徹底的な防衛強化を!!
12/09 00:00 いずも型DDHが本格的な空母に改造可能と米国の企業が提案!!その真意には泣きたくなる理由が!!
12/09 00:00 韓国は中国の核の傘に入ると文在寅政権高官の発言!!三跪九叩頭の礼の奴隷根性裏切り外交を許すな!!
12/08 00:00 情報機器会社「ブロードリンク」社員の窃盗で神奈川県庁情報流失、TPP等への対応対策が急務だ!!
12/07 00:00 朝日を筆頭とする極左反日反米偏向マスコミと韓国・文在寅政権は同一で言動は全てブーメラン返し!!
12/06 00:00 アフガニスタン支援の中村医師が殺害される!!中国等の同じ強権国家には理論と国力の武装強化を!!
12/05 00:00 米国トランプ大統領が中国や南北朝鮮へ圧力!!助けない、教えない、関わらない、の非韓三原則適用を!!
12/04 00:00 中国や南北朝鮮でも大動乱の兆し、日本はアジア大動乱に備えた自主外交力と自主防衛力の確立を!!
12/03 00:00 沢尻エリカ等有名人が薬物で逮捕された背景には甘い考えと誘惑あり!!違法薬物は絶対にダメ!!
12/02 00:00 大量破壊兵器やテロの拡散等の取締に有名ハッカー逮捕、その背景には徹底した国際包囲網と諜報戦!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved