ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4021)
国際情勢 (150)
政治 (1366)
防衛 (1878)
外交 (10)
芸能 (131)
スポーツ (36)
技術 (49)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 513332
今日のアクセス: 216
昨日のアクセス: 479
RSS
カレンダー
<<2019年03月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年3月2日 0時0分
2回目の米朝首脳会談が不調に終わった後は日朝首脳会談しかない!!日本は国を挙げて勝利を!!
2月27日から28日にかけてベトナムの首都ハノイで開催された2回目の米朝首脳会談は、米朝首脳の2回目の会談が実施された以外の成果に乏しく、実質的に物別れに終わりました。

しかし、首脳同士のやり取りが交わされた事に関しては、前向きに評価するべきでしょう。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月1日 0時0分
2回目の米朝首脳会談でも米国は中国警戒を強化!!日本は激変する世界情勢に備え防衛力強化を!!
3月と言えば、冬から春に季節が動く時期です。
そして強い季節風が吹き荒れ、気象も自然環境も大きく変化する時期です。
筆者も日々感じますが、特に今年は大きく激変する季節の変化を体感するでしょう。

今、正にベトナムの首都ハノイで開催されている2回目の米朝首脳会談が開催されている状況であっても、米国は、北朝鮮同様に中国警戒を強化しているのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月28日 0時0分
2回目の米朝首脳会談は呉越同舟となるか同床異夢になるかは日本の強力な支援能力の有無が鍵!!
2月27日から28日にかけて、ベトナムの首都ハノイで2回目の米朝首脳会談が開催されます。

さて、今、この時期にベトナムのハノイで開催される意味は米朝両国にとって、そして日本や中国、ロシア、そして韓国にとっても大きな意義と歴史的な意味もあります。

何故ならば、日米中露朝韓、それぞれが第2次世界大戦やそれ以降、ベトナムやインドシナ半島へは経済関係は勿論、ベトナム戦争やカンボジア内戦、中越紛争、そして現在の南シナ海領域問題などで関与程度の差異こそあれ、深く関与し続けているからなのです。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月27日 0時0分
沖縄県が強行した県民投票は悪しきポピュリズム!!英仏独韓の愚かな結果を直視せよ!!
2月24日に沖縄県の玉城知事が強行した県民投票。
同日投開票が行われた結果、半数近くの有権者が棄権したという、あまりにも「ズボラな投票結果」となりました。

有効票のうち、辺野古への移設反対票が大半を占めたとはいえ、これでは民意が示されたとはとても言えるものではないのです!!

2月25日、首相官邸HPは「沖縄県民投票の結果についての会見」の題で、次のように安倍首相の記者会見内容を公開しました。

『平成31年2月25日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。
 総理は、沖縄県民投票の結果について次のように述べました。

「沖縄に米軍基地が集中している。この現状は到底容認できません。沖縄の負担軽減は政府の大きな責任であります。今回の県民投票の結果を真摯に受け止め、これからも基地負担軽減に向けて全力で取り組んでまいります。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年2月26日 0時0分
天皇陛下御在位三十年記念式典挙行の次は消費税や官僚の改革、中韓などへの外交防衛強化だ!!
2月24日、東京都内で天皇陛下御在位三十年記念式典が挙行されました。
筆者も国民の一人として、心からお慶びを申し上げます。

同日、首相官邸HPが「天皇陛下御在位三十年記念式典」の題で次のように伝えました。

『平成31年2月24日、天皇皇后両陛下御臨席の下、安倍総理は、都内で開催された天皇陛下御在位三十年記念式典に参列しました。
 国歌斉唱が行われた後、総理は、式辞を述べました。

 続いて、衆議院の大島理森(ただもり)議長、参議院の伊達(だて)忠一議長、最高裁判所の大谷直人長官、在本邦外交団団長であるサンマリノ共和国のマンリオ・カデロ特命全権大使による祝辞が行われ、福島県の内堀雅雄(まさお)知事、元参議院議員・元外務大臣・元環境大臣の川口順子氏による国民代表の辞、御製及び御歌朗読、記念演奏が行われました。  その後、天皇陛下からおことばを賜り、万歳三唱が行われました。』

想えば、平成の時代は皇室にとっても皇位継承問題など多くの問題があり、それを克服してこられた時代でもありました。
これは、昭和までの時代に蓄積された社会の様々な矛盾が吹き出た平成の世を映し出すかのようにも見えます。

[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
11/18 00:00 韓国の文在寅大統領のGSOMIA破棄は日韓スワップ協定破棄以上の破壊力で韓国が沈没!!
11/18 00:00 女優の沢尻エリカが合成麻薬MDMA所持で逮捕!!この逮捕劇の背景には芸能界などの深い闇がある!!
11/17 00:00 桜を見る会で騒ぐ反日野党の極悪度はあり得ないウクライナ疑獄追求の米民主党や反日特亜3国と同じ!!
11/16 00:00 良心とは「備えあれば憂い無し」「人の振り見て我が振り直せ」、ルール無視韓国の日韓歓談公開等は極悪心!!
11/15 00:00 池袋母子死亡事故から特亜3国中国や韓国GSOMIA破棄対処までルールを守らない輩には制裁を!!
11/14 00:00 米国トランプ大統領が対韓強硬策!!日本は新アジア秩序形成の為にも自主防衛強化確立を!!
11/13 00:00 極左リベラルの本性は世界の破壊!!中国や南北朝鮮などの極左独裁や同様の勢力にも非韓三原則を!!
11/12 00:00 天皇皇后両陛下の即位を祝う祝賀御列の儀が盛大に挙行!!我が国を挑発敵視する中国や南北朝鮮等は敵!!
11/11 00:00 11月9日の原子力総合防災訓練と新潟県が実施した柏崎刈羽原発重大事故想定避難訓練の意図とは??
11/11 00:00 ベルリンの壁崩壊から30年、日本も世界も治安や安保環境は悪化の一途!!治安・防衛力強化を急げ!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved