ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4312)
国際情勢 (154)
政治 (1446)
防衛 (2077)
外交 (10)
芸能 (136)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 619123
今日のアクセス: 215
昨日のアクセス: 436
RSS
カレンダー
<<2019年04月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年4月19日 0時0分
「災い転じて福と成す」日米同盟関係と正反対の特亜3国!!特亜3国の愚かな外交破綻は亡国への道!!
中国のネットユーザーですら「西朝鮮」と批判する、西朝鮮たる中国を宗主国と仰ぐ、北朝鮮と北朝鮮以下の地位に堕ちた下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の特亜3国は、どうも「中華思想」の傲慢なる考えからどうしても抜け出せないようです。

その典型的な外交政策が中国の「一帯一路」であり、事実上中国の国内投資しか行わないAIIB、そして「米朝の橋渡し」を自称した韓国の文在寅大統領の愚かなる外交なのです。
お世辞でも全ては上手く進んでいません!!

一方、日米両国の同盟関係は「災い転じて福と成す」と言うべき深化発展を続けています。
どちらが良い外交かは言うまでもありません!!

[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月18日 0時0分
世界遺産でフランスを象徴するノートルダム大聖堂の火災に対して心からお見舞いを申し上げます
4月15日から16日にかけて、フランスの首都パリにある世界遺産で、フランスを象徴するノートルダム大聖堂の火災に対して心からお見舞いを申し上げます。

筆者もその報道に大きな衝撃を受けています。
1804年12月2日に、あのナポレオンが皇帝としての戴冠式を挙行したノートルダム大聖堂。
幾多の戦乱やフランス革命の試練を乗り越えて着工後850年を越える、正に歴史的な建造物が火災に見舞われるとは・・・。

日本での実例に喩えれば、室町時代に建造された金閣寺が1950年に放火で消失した事件以上の衝撃でしょう。
日本を含め、世界の多くの方々がこの火災に衝撃を受けているかと存じます。
[続きを読む]
[カテゴリ:国際情勢] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月17日 0時0分
米軍の象徴とも言えるF35Aの墜落事故対策はタイガー・ウッズ選手の復活劇とは違い過ぎる!!
冒頭で唐突な質問で恐縮ですが、現在の米国の「売り」と言えば、何でしょうか??

「世界の経済を文字通り牛耳った」以前の米国では、兵器から自動車、家電、そしてあめ玉まで「メイド ・イン・USA」でしたが、ベトナム戦争の頃から日本や欧州等の追い上げもあり、次第に製造業を中心に凋落が続き、現在のトランプ大統領が法人税の減税措置を講じていますが、ここ30年程は米国の設備投資は減税にもかかわらずお世辞でも増加傾向にはありません。

マスコミは大々的に報道はしていますが、若干の「外国等からの設備投資」が増えているだけであり、米国の「売り」は兵器産業とエンターテイメントのみ、と言える状況です。
その兵器産業とエンターテイメントですら、日本のアニメが世界を席巻しているように、日本、中国、ロシア等の「追い上げ」に次第に苦境に立たされています。

ですから、F35A戦闘機の青森沖での墜落事故は、正に米軍や米国の象徴であった「ステルス戦闘機」「統合戦闘機」の墜落そのものであり、非常に影響が大きな事故なのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月16日 0時0分
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!
8年前に発生した東日本大震災で被災し、津波が押し寄せ破壊され、水蒸気爆発すら発生した福島第一原発。

筆者も被災地を度々訪れていますが、現在でも福島第一原発は国道6号線から海沿いには立ち入る事が出来ません。

一方、北朝鮮はミサイル発射等の動きを見せ、沖縄にはコブラボールと呼ばれる特殊偵察機が飛来するなどの報道もあり、警戒監視が強化されています。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (1)] [トラックバック (0)]



2019年4月15日 0時0分
3回目の米朝首脳会談は年内か!?その影で暗躍する日朝首脳会談に向けた両国の折衝??
2月末の2回目になる米朝首脳会談は成果を挙げられずに終わり、「北朝鮮の首席報道官」とまで酷評された下朝鮮・ヘル朝鮮の文在寅大統領の面子も期待していた「皮算用」の成果も吹っ飛びました。

その後、4月に入って北朝鮮の金正恩党委員長は3回目の米朝首脳会談に向けた意欲を示しています。

一方で、日朝首脳会談に意欲を見せている安倍首相と共に、北朝鮮側も日本に対する言及は「無い」模様です。

3回目の米朝首脳会談は年内か!?
その影で日朝両国は何を考え動いているのでしょうか??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/09 00:00 対中非難決議や韓国の歴史認識を正す事は当然の事である!!親中二階派の暴走は文在寅と同じ!!
07/08 00:00 悪夢の民主党政権から尖閣・コロナの脅威やANTIFAまで全てが中国共産主義テロ!!防衛強化を!!
07/07 00:00 東京都知事選挙で小池都知事が再選、ネットの力と知名度の力を貴方はどのように思いますか??
07/06 00:00 大雨洪水対策も新型コロナウイルス感染防止もミサイル防衛などの国防も「敵が嫌がる」事が一番有効!!
07/05 00:00 日本で新型小銃を開発する一方でロシアは射程7kmクラスの狙撃銃を開発、何故、銃の重要性が増す??
07/05 00:00 中国の独裁強権悪政や覇権主義は世界の脅威!!日米両国は先頭に立って中国の野望を阻止せよ!!
07/04 07:41 【緊急拡散】記録的な大雨で熊本県・鹿児島県の市町村に特別警報!!命を守る行動を!!
07/04 00:00 高須克弥院長の大村知事不信任請願を愛知県議会が不採択!!極左反日反米勢力は中国等の極悪独裁勢力!!
07/03 00:00 日本は香港を含めた自由を求める人々への支援と宇宙開発等の安全保障体制強化を強力に推進せよ!!
07/02 00:00 イージス・アショア計画中止は日米同盟体制を含めて真剣な防衛体制議論を後押ししている!!
最近のコメント
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved