ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4751)
国際情勢 (154)
政治 (1591)
防衛 (2343)
外交 (10)
芸能 (151)
スポーツ (46)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 849096
今日のアクセス: 89
昨日のアクセス: 731
RSS
カレンダー
<<2019年04月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年4月27日 0時0分
妄言妄想発言の韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が入院、韓国政治は文在寅大統領と同等の鬼畜以下!!
日本に対する侮辱どころか天皇陛下に対する不敬極まりない発言をするなど、「自国や自分の立場すら全く弁えない」愚かな韓国政府や韓国国民の代表格と言えば、あの「自称・外交の天才」「雇用、経済、外交の文在寅王」こと文在寅大統領と、「文在寅大統領の側近」と自称する、常軌を逸した天皇陛下侮辱発言で「悪名高い」妄言妄想発言の韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長でしょう。

そう言えば、「クネ女王」「クネクネ大統領」と批判された朴槿恵前大統領の時代、当時の政府高官が「国民は犬や豚のように扱えば良い」の主旨で発言してクビになり、その後文在寅大統領が政権を担ってから復職しましたよねえ。

韓国政府が国民を犬や豚のように扱うならば、政治家共は犬や豚どころか鬼畜以下のレベルでしょう!!
これならば、宗主国と仰ぐ、西朝鮮たる中国や北朝鮮よりも下の位置、つまり下朝鮮・ヘル朝鮮たる南朝鮮の韓国になっても当然の事でしょうねえ(批判の棒読み)。
そして、その悪政や無為無策のカルマが、悪因悪果の因果応報へとつながるのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月26日 0時0分
壁新聞すら侮辱罪とする下朝鮮・ヘル朝鮮の独裁者文在寅に幸福実現党が韓国大使館前で抗議活動!!
中国の文化大革命勃発時、当時の独裁者であった毛沢東を「支援する」という形ではありましたが、壁新聞を張り出して政府批判や窮状を訴える事は許されていました。

今、「先進国クラブ」と言われるOECD加盟国で最低最悪のレベルに堕ちた、北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮たる、南朝鮮の韓国は、最高指導者の文在寅大統領に対して壁新聞の「褒め殺し」すら侮辱罪として捜査するなど、文化大革命当時の中国よりも言論の自由すら無い、正に独裁者スターリン治世下の旧ソ連レベルの独裁体制なのです!!
これで韓国は「東アジア最高の民主主義国家」などと言える資格すら無い!!
嘘を付くな!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月25日 0時0分
過激な宗教原理主義は特亜3国の愚かな極左反日反米主義と同じ腐り切った思想!!神も仏も見捨てる!!
過去には十字軍遠征などのキリスト教でも原理主義や懐古主義が主流になった時代がありましたが、現在はイスラム教をはじめとする過激な原理主義など、宗教原理主義が拡がりを見せています。

4月21日、スリランカで発生した連続爆破テロ事件にも背景にはイスラム原理主義の過激派の関与が疑われています。
しかし、これは明らかに共産主義同様に間違った思想なのであり、神や仏すらも見捨てられる思想なのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月24日 0時0分
南北朝鮮の同時崩壊や中国の暴走等に対抗するには日本は全ての分野で強勢化を!!消費税凍結を!!
西朝鮮たる中国や北朝鮮、そして北朝鮮以下の国際レベルに堕ちた下朝鮮・ヘル朝鮮たる南朝鮮の韓国を指す「特A」「特亜3国」「特定アジア3国」の命名は、非常に優れている、と筆者は最近、特に強く感じます。

それもそのはずで、この「3ヶ国」に共通している「中華思想」「自己中心主義」「独裁政治・強権政治」「あらゆる犯罪大国」「愚民教育」などは歴史的で、かつ病的なものと言える程のものであり、とても簡単に治る、簡単に治療や矯正・改善が出来るものとは言えないからです。
「何とかに付ける薬はない」ということわざがありましたよねえ〜(棒読み)。

しかしながら、我が日本は「特亜3国」の隣国であり、南北朝鮮の同時崩壊や中国の暴走等に対抗するには日本は全ての分野で強勢化をしなければなりません!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年4月23日 0時0分
芸能界ですら迅速に問題の本質に迫った解決策が求められる現在、政治の停滞や後退は許されない!!
今、日本も世界も、大きく動き始めています。
このような中で、芸能界を引っ張ってきたAKB48関連グループのNGT48にて、ファンからの暴行に遭った山口真帆さんら3人が「卒業」することを発表しました。

運営会社のAKS等の訳の分からないやり方にファンの憤りが止まりません!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/30 00:00 東京五輪のメダルラッシュの裏には中露朝韓や極左反日反米勢力の妨害が!!外交・防衛力向上が急務!!
07/29 00:00 盛者必衰という言葉は、東京五輪の結果にも日本に挑発を続ける中韓露等にも厳しい形で実現する!!
07/28 00:00 東京五輪でも目立つ中国や韓国の五輪憲章や感染防止等のルール無視は自国の破滅に繋がる事になる!!
07/27 00:00 東京五輪は既に歴史的な大転換の大会!!台湾として開会式入場や堀米雄斗選手や阿部兄妹の金メダル快挙等!!
07/26 00:00 東京五輪・パラ五輪の開催の裏で着々と進む外交情勢の変革に刮目せよ!!特に日台間の連携強化!!
07/26 00:00 東京五輪で見せた柔道高藤直寿選手や日本の五輪関係者らの振る舞いに台湾の楊勇緯選手らも感激!!
07/25 00:00 東京五輪の開会式で多くの有名ゲーム曲が使用、中国では日本の声優や絵師を起用、その意図は!?
07/25 00:00 東京五輪の開会式で極左反日反米の偏向報道や特亜3国最下位の下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の報道が最悪!!
07/24 00:00 東京五輪・パラ五輪で一番良い事は、極左反日反米特亜3国中朝韓や迎合勢力・偏向マスコミらの嘘捏造暴露だ!!
07/23 00:00 東京五輪・パラ五輪の成功と栄光を祈念します!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved