ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4752)
国際情勢 (154)
政治 (1592)
防衛 (2343)
外交 (10)
芸能 (151)
スポーツ (46)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 850126
今日のアクセス: 538
昨日のアクセス: 581
RSS
カレンダー
<<2019年05月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年5月3日 0時0分
皇位を継承された新天皇陛下が即位、天皇皇后両陛下と我が日本をあらゆる反日勢力から守ろう!!
令和元年最初の5月1日、皇位を継承された皇太子様は新天皇に即位されました。
心からお慶び申し上げます。

筆者も旅先ではありましたが、宮中で剣璽等承継(けんじとうしょうけい)の儀及び即位後朝見の儀の一部をTVで視聴させて頂きました。
新しい時代の幕開けを実感させて頂きました。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月2日 0時0分
日本や米国を敵に廻した下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国と文在寅大統領の末路は孤立化で自爆だ!!
極左反日反米で従北媚中の従中の身勝手で現実無視の思想を持つ「下朝鮮・ヘル朝鮮」の最高指導者である文在寅大統領。
彼は正に、西朝鮮たる中国や北朝鮮を「宗主国」と仰ぎながら(真面な相手ではない、とあしらわれても)、愚か極まりない極左反日反米政策を強行し、只ですら脆弱な韓国の政治も経済も社会も、更なる停滞と衰退を招いた極悪人です!!

文在寅大統領は、「南北朝鮮統一が唯一の打開策」と思っているのかも知れませんが、世界最貧国の一つである北朝鮮を首尾良く「併合」しても、韓国には何の利益も生み出せません。
韓国には、飢えた北朝鮮国民に十分な食料や原油等の供給力が無いどころか、北朝鮮のレアメタル等の有望な資源を自国で採掘する技術すら持ち合わせていないからです。

また、北朝鮮の労働者も改善性や独創性に欠けると、開城工業団地での過去の実績からも分かっており、現在の苛烈な国際競争に打ち勝てる程の力を持つには長い時間が掛かります。

更に、追い打ちをかけるように、日本が韓国との日韓首脳会談すら拒絶しているのです!!

[続きを読む]
[カテゴリ:国際情勢] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月2日 0時0分
数ある政党の中でも幸福実現党が一番真っ当な主張をしている!!参議院選挙での勝利を!!
4月の統一地方選挙では与野党対決や大阪維新の会の躍進が報じられましたが、政治の世界ではあまり報じられない事の方がより重要なのです!!

統一地方選挙では、「NHKから国民を守る党」や「日本第一党」なども頑張っていたようですが、筆者が彼らへの投票行動を見るにつけて、「やはり日本の政治や有権者の意識も変化している」と感じております。

そのような中で、既に水面下で政治や政策を動かしつつあり、地方政治にも着実に成果を上げ始めた政党である幸福実現党が一番真っ当な主張をしている、と感じます!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月1日 0時0分
令和最初の年には、北朝鮮や北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の経済危機報道が激増する!!
5月1日より開始される「令和」最初の年には、あの特亜3国である、西朝鮮たる中国、北朝鮮や、北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の経済危機報道が激増することは間違いありません!!

例えば中国は負債総額が「表に出ているだけでも」1京円を超えているとの分析があり、その負債は増加する一方です。

特に注意するべき点は、中国以上の極悪乞食国家である北朝鮮の経済破綻の深刻化と共に、北朝鮮の執事以下、首席報道官以下である文在寅大統領が率いる下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の経済危機の深刻化です!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月1日 0時0分
令和の最優先安全保障は悠仁様通学先侵入事件の様なテロ・ゲリラ・特殊部隊対処と超高速ステルス対策!!
本日5月1日より、新天皇が即位され、令和の時代が開始されます。

その令和の時代、今年はラグビー・W杯が、来年2020年(令和2年)には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるなど大きなイベントが盛りだくさんであり、観光立国を目指す我が国が年間4000万人の観光客を受け入れる事などを目指して多くの政策が打ち出されています。

その一方で、平成最後の4月には悠仁様の通学先に男が侵入して刃物を置く事件や、スリランカで発生した同時自爆テロ事件の様なテロ・ゲリラ、マレーシアの国際空港での金正男氏暗殺事件のような工作機関や特殊部隊による攻撃等への対処など、多くの治安や安全保障問題の課題があります。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/31 00:00 政治からスポーツまで、東京五輪は新しい着想や発想が非常に大切である事を教えてくれる!!
07/30 00:00 東京五輪のメダルラッシュの裏には中露朝韓や極左反日反米勢力の妨害が!!外交・防衛力向上が急務!!
07/29 00:00 盛者必衰という言葉は、東京五輪の結果にも日本に挑発を続ける中韓露等にも厳しい形で実現する!!
07/28 00:00 東京五輪でも目立つ中国や韓国の五輪憲章や感染防止等のルール無視は自国の破滅に繋がる事になる!!
07/27 00:00 東京五輪は既に歴史的な大転換の大会!!台湾として開会式入場や堀米雄斗選手や阿部兄妹の金メダル快挙等!!
07/26 00:00 東京五輪・パラ五輪の開催の裏で着々と進む外交情勢の変革に刮目せよ!!特に日台間の連携強化!!
07/26 00:00 東京五輪で見せた柔道高藤直寿選手や日本の五輪関係者らの振る舞いに台湾の楊勇緯選手らも感激!!
07/25 00:00 東京五輪の開会式で多くの有名ゲーム曲が使用、中国では日本の声優や絵師を起用、その意図は!?
07/25 00:00 東京五輪の開会式で極左反日反米の偏向報道や特亜3国最下位の下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の報道が最悪!!
07/24 00:00 東京五輪・パラ五輪で一番良い事は、極左反日反米特亜3国中朝韓や迎合勢力・偏向マスコミらの嘘捏造暴露だ!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved