ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4701)
国際情勢 (154)
政治 (1575)
防衛 (2313)
外交 (10)
芸能 (151)
スポーツ (42)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 814953
今日のアクセス: 92
昨日のアクセス: 1303
RSS
カレンダー
<<2019年09月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年9月27日 0時0分
日本の安倍首相がイランとの首脳会談や日米貿易協定締結の中で韓国の文在寅大統領は金とゴマスリだけ!!
我が国の安倍首相が、またまた外交で大成果を挙げました!!

訪問先の米国NYにて、米国と鋭く対立しているイランのローハニ大統領等と会談し、そして米国のトランプ大統領が強く求めていた日米貿易協定締結で最終合意に達し署名までこぎ着けました!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月26日 0時0分
国家国民や世界をバカにしている小沢一郎氏は極左反日反米文在寅大統領と同類で糾弾制裁・落選辞職だ!!
小沢一郎氏は「政界の壊し屋」とも呼ばれ、昭和の末期より政界再編の原動力となってきましたが、旧民主党に入ってからはその暴走癖が、いつの間にか「極左反日反米」の方向に進んでしまったようです。

そして、国家国民や世界をバカにしている言動すら平気のヘイサで行うようになったとは、同じ東北出身に筆者としてすら正に情けない!!

あの韓国の最高指導者の極左反日反米で従北媚中の思想で暴走する文在寅大統領と同類、同根でしょう!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月25日 0時0分
離島奪還作戦の訓練場を鹿児島県十島村が誘致表明、日本の防衛力向上を迅速に進めるチャンスだ!!
日本は防衛力整備の一環として、防衛省・自衛隊が進める島嶼・離島の警備や奪還能力の向上を推進しています。

しかし、特に離島奪還能力向上については「冷戦期」の自衛隊装備体系には全く存在していなかった事もあり、冷戦終結後の「平成」の時代に着々と装備や輸送艦等の建造や配備を進めていましたが、本格的な訓練場の問題がありました。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月24日 0時0分
千葉台風被害で陸上自衛隊が倒木撤去作戦、崇高で喫緊な自衛隊等の対応批判は言語道断!!
台風15号での大規模かつ広範囲の被害を被った千葉県では、多くの地域で停電が回復したとは言え、今も不自由な生活を余儀なくされている方々がおられます。
筆者からも心からお見舞いを申し上げると共に、一日も早い日常生活の回復や復旧を願っております。

さて、今回の台風15号の被害で目立つのは倒木による被害の大きさです。
筆者の住む地域は雪が大量に降る地域ですので、春になれば山林のあちこちで倒木の被害があります。

例えば、かつて山形新幹線が開通した当初は、板谷峠等で倒木の被害が続出して度々不通となり、復旧作業が頻繁に行われたものです。
筆者も春に度々倒木に行く手を阻まれ、山や林の中を引き返さなければならない体験をしていますから、今回の千葉県の倒木被害がいかに酷いかを実感として理解しております。

また、筆者は千葉県やその周辺に居住していたこともあり、その実態についてもある程度は知見や見聞を持つ立場ですが、雪のあまり降らない、台風等の災害被害が比較的少ないと言われる千葉県等の地域では豪雪地帯等に比べて弱った木、倒木しやすい木が多いと感じています。
これは雪等で「弱った木が自然に淘汰されにくい」からなのです。

更に、平成の世で多く言われるようになりましたが、林業の衰退と人手不足(近年は後継者の増加で盛り返していますが)が山林の荒廃や集落の荒廃や疲弊を招き、洪水や台風等での倒木被害を増やしている側面も否定出来ません。
これは治水、治山対策への重大な負の側面、早急なる対策が必要な重大な事態でしょう!!

[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月23日 0時0分
ドローンから通貨スワップまで何でも使用される外交軍事の世界において日本は世界一の地位にある!!
昨今の外交軍事情勢を鑑みれば、イランが首謀者と見られるサウジアラビアの石油施設攻撃には巡航ミサイルとドローンが使用されたと米国やサウジアラビアが発表しています。

更に、あの北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮に堕ちた韓国を率いる文在寅大統領が、これだけ極左反日反米の政治や大衆扇動をしているにも関わらず、日韓通貨スワップを懇願するという、笑うに笑えない事態も進行中です。

実は、ドローンから通貨スワップまで何でも使用される外交軍事の世界において日本は世界一の地位にあるのです!!

何故か??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/17 00:00 中韓両国自らが嘘捏造隠蔽を中国原発放射能漏れ隠しやG7記念撮影画像捏造で証明!!北朝鮮と同じ!!
06/16 00:00 G7サミットでは対中強硬政策で一致、中朝韓は時代のあだ花で没落!!時代が変わったのよ!!
06/15 00:00 中国共産党は日本共産党や旧ソ連共産党と同じく全ての共産党は狡猾で善意を悪意で返す鬼畜以下!!
06/14 00:00 極左反日の嘘捏造隠蔽の因果!!新型コロナなど中国の脅威拡大を防衛強化やワクチン接種など何時回復!?
06/14 00:00 G7サミットで菅義偉首相は台湾WHO参加促進や中国問題等で合意、ゲストの文在寅は無能の恥晒し!!
06/13 00:00 G7を含めて今の共通の価値観は「新型コロナウイルス感染対策」です!!揚げ足取り悪辣デマを許すな!!
06/12 00:00 極左反日反米の文在寅率いる韓国は日本に恥晒しのSOS、韓国の現状は明日の中露朝の姿だ!!
06/11 00:00 菅義偉首相は党首討論で台湾を国と認定発言、岸信夫防衛大臣は日豪間の警護任務体制構築で合意!!
06/10 00:00 立憲民主党の議員発言の中身は韓国マスゴミ屑レベルと同等!!ホリエモンの発言にも及ばない!!
06/09 00:00 米国ではトランプさんとバイデンさんが、ペルーではケイコ・フジモリ氏当選か!?中国包囲網強化!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved