ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4305)
国際情勢 (154)
政治 (1444)
防衛 (2072)
外交 (10)
芸能 (136)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 616558
今日のアクセス: 145
昨日のアクセス: 449
RSS
カレンダー
<<2019年09月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年9月7日 0時0分
極左反日反米従北媚中の韓国・文在寅大統領と立憲民主・枝野代表はまさにウリ二つ!!
極左反日反米で「離日」「離米」を繰り返しつつ、同じ特亜3国の中国や北朝鮮に従北媚中の姑息な外交をする下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国。
そしてその最高指導者の文在寅大統領の更なる暴走が、韓国を世界の孤児にしようとしています。

文在寅大統領は、戦後秩序すら破壊しようとしているのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月6日 0時0分
日本は中露に加えて南北朝鮮等の激変や強硬策に備え自主外交力や自主防衛力の確立を急げ!!
香港での「逃亡犯条例」の改正は、8月4日に一応、「撤回表明」は出されたものの、香港市民の反発や政府や行政、警察や中国本土への不信感は根強いものがあります。

一方、ロシアはプーチン大統領が経済不振や政治の停滞感などから更なる強硬策を採り、反政府デモの強硬制圧などで強権ぶりを示している異常さすら感じる程です。

更に、南北朝鮮は極左反日反米の暴走を続けている現状であり、冷戦時代の「同盟国」韓国へ、日本が「輸出管理強化」、米国が「反ダンピング関税強化」をするなど今や世界の不安定要因の一つになりました。

このような中で、我が日本は最早、政治や経済、社会や外交・防衛に至るまで、全てが今までのやり方や生き方では行き詰まることは明白であり、全てを刷新する改革をしなければならないのです!!

その一方で、日本は中露に加えて南北朝鮮等の激変や強硬策に備えなければなりません!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月5日 0時0分
日米両国は粛々かつ確実に韓国を追い詰め極悪タマネギ男と文在寅大統領と共に終わるぞ!!
男は家を出たら七人の敵あり、など昔から敵は必ずどこかに潜んでいるから警戒せよ、とのことわざはかなり多くあります。

そして今やインターネットやSNSの時代、「炎上」や「サイトダウン」も当たり前のようになった現在、旧来の情報統制が可能だ、などと勘違い、いや、関知すら出来ない輩や国家も存在しています。
特に「特亜」「特亜3国」と呼ばれる、西朝鮮たる中国、上朝鮮たる北朝鮮、そして「下朝鮮」「ヘル朝鮮」と呼ばれる韓国がそうでしょう。

香港での学生らの反中国デモ行動、北朝鮮の闇市から発達した「資本主義的な市場化」、そして文在寅大統領の悪政や無為無策や側近「タマネギ男」の大スキャンダル暴露など、最近は特に大量に出ていますねえ〜(棒読み)。
時代の波に逆らって生き残れると勘違いしていると、文字通り「淘汰」されますよ〜(批判と皮肉の棒読み)。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月4日 0時0分
日本の安倍首相の政権運用に比べ韓国の文在寅大統領のスキャンダル塗れを観れば信用度はゼロ!!
日本の中央政界では安倍首相が検討中の「安倍内閣改造」のプランに注目が集まっています。

一方で、全てが斜め下、右肩下がりの「下朝鮮・ヘル朝鮮」たる韓国は、法相に任命した文在寅大統領の側近スキャンダルが発覚し、またまた「スキャンダルと無為無策の極悪政権」である文在寅政権の醜態を見せています。

どちらが正常な政権なのかは言うまでも無く、安倍首相が陣頭指揮を執る日本の政権です!!

[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年9月3日 0時0分
韓国にて確信犯的な支離滅裂政治をする北朝鮮代理人の文在寅大統領に付ける薬はない!!完全敵国!!
「自称・外交の天才」である極左反日反米で従北媚中の従中の思想に凝り固まった韓国の最高指導者の文在寅大統領の悪政は、ついに米韓軍事同盟すら危機に貶める事態になる中で、韓国では極左の激しい妨害の中でYou Tube等の動画サイトで人気を博すなど韓国の保守層の識者や知識人らが必死になって韓国の歪みきった歴史観や社会観を正常化しようとしているご努力には頭が下がります。

しかしながら、文在寅大統領の悪政は日米両国と韓国との関係を破綻させ、韓国の世界に対する評価は、「特亜」「特亜3国」と言われる「西朝鮮」たる中国や、「上朝鮮」たる北朝鮮と同等以下の、「下朝鮮・ヘル朝鮮」「ONIK」などという言葉で表現される程、酷く、そして堕ちています。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/04 00:00 高須克弥院長の大村知事不信任請願を愛知県議会が不採択!!極左反日反米勢力は中国等の極悪独裁勢力!!
07/03 00:00 日本は香港を含めた自由を求める人々への支援と宇宙開発等の安全保障体制強化を強力に推進せよ!!
07/02 00:00 イージス・アショア計画中止は日米同盟体制を含めて真剣な防衛体制議論を後押ししている!!
07/01 10:54 中国は香港を殺し南北朝鮮と同様に自由や言論を殺した!!日米両国は世界の先頭に立って自由を守れ!!
07/01 00:00 日本は高須院長らが愛知県知事リコール運動、中国では大洪水に香港騒乱の中で最高権力闘争!!日本は良い国!!
06/30 00:00 新型コロナウイルス感染対策もミサイル防衛強化も喫緊の課題、日本の防衛体制の画期的な強化を!!
06/29 00:00 幸福実現党の七海ひろこ氏が東京都知事選挙を撤退したのは中国南北朝鮮に従う極左反日反米報道のせいだ!!
06/28 00:00 「米朝核戦争」を防ぐ鍵は日本が握っている!!日本が敵基地攻撃能力を保有しなければならない訳
06/28 00:00 北朝鮮以下に堕ちた下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国は報道すら極左反日反米捏造の嘘八百、嘘つき詐欺国家だ!!
06/27 00:00 梅雨の季節で日本は大雨、中国では大洪水が多発!!故長谷川慶太郎氏も警告した三峡ダムの強度不安!!
最近のコメント
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved