ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4139)
国際情勢 (153)
政治 (1399)
防衛 (1954)
外交 (10)
芸能 (134)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 557559
今日のアクセス: 264
昨日のアクセス: 275
RSS
カレンダー
<<2020年01月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2020年1月24日 0時0分
中国の外交軍事や新型肺炎、北朝鮮の核・ミサイルなど脅威は高まる一方、日本は安全保障体制強化を!!
イソップ物語に出てくる有名な「オオカミ少年」や、「コウモリ」の話があります。
皆様もそのストーリーはご存じの方も多いでしょう。

一言で括るならば、嘘つきや日和見をする輩や集団は全く信用出来ない、敵そのものだ、という事なのです。

これらのお話は本ブログでも度々取り上げていますが、正に、日本の「隣国」である、いわゆる特亜3国と表現される中国や南北朝鮮の外交軍事や政治社会などに当てはまります。
更に、それらの「国家」に対する危険性や間違いを指摘しない極左反日反米の従北媚中従中の思想を持つ政治家や政党、偏向報道マスコミやジャーナリストも皆、同じ穴のムジナなのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年1月23日 0時0分
中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大の一途!!日本も防疫や防衛対策を急げ!!
中国で2002年に確認されたSARS以来の新型感染の大流行している、と言って良いでしょう。

日本政府も対策強化に力を入れています!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年1月22日 0時0分
韓国の文在寅大統領支持勢力が米国のハリス大使追放運動という狂気の錯乱!!正に下朝鮮・ヘル朝鮮!!
人は元来、他人は主観的に見て自分の事を客観的には観察出来ないものです。
ですから「他山の石」「人の振り見て我が振り直せ」のことわざの通り、自分を戒める事が必要なのです。

ところが、いわゆる極左や共産主義・社会主義等の「唯我独尊」の輩や集団は、20世紀の旧ソ連やその配下の国家の如く、正に自己中心的な論理と考えを振りかざして世界や社会を破壊し、何ら建設的な事をしていません!!
日本赤軍、西ドイツ赤軍等の極左テロ集団などが良い例です!!

そのような輩と全く同じ考えを持ち、極左反日反米で従北媚中の従中の思想を持つ、「自称・外交の天才」で韓国の最高指導者、文在寅大統領とその支持勢力が、国際的な常識すら持たず、国際法等を平気のヘイサで無視するのは、ある意味で当然の事かも知れません。

正に末期的で狂気の沙汰、自殺行為そのものなのですが。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年1月21日 0時0分
スマホの自撮りすら悪用される現代、軍隊や諜報活動ですらも困難に直面!!ゴルゴ13は最早夢物語!!
突然ですが、あなたは自撮りを趣味にしていますか??
インスタグラムやツイッター、フェイスブックや動画サイト等で、自撮りしていますか??

スマホや携帯での自撮りすら用心するに越したことは無いのが、今の社会です!!

例えば、かなりネットで話題になった事件として、昨年の2019年に、あるアイドルの自撮り写真等を元に、グーグルサイト等を駆使して非公開の住所や住んでいるマンションの部屋を特定してストーカー行為をした男が逮捕される事件が発生しました。

犯人はその執着心の高さからか、諜報機関顔負けの画像解析や立体画像地図等を駆使した事まで行っていたとか。
正に、その執念や技術を仕事や他の分野で生かせば良いのにねえ、と思わずにはいられません。

そのような今のIoT社会ですから、被害を被っているのは一般社会や一般市民だけではなりません。

笑うに笑えない事ですが、実は、軍隊や諜報機関等の「政府機関」も困っているのです!!

[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年1月20日 5時30分
日米安保条約の改定調印から60年、安保に反対してきた勢力の間違いや誤りが如実に分かる!!
60年前の1960年1月19日、日米安全保障条約、いわゆる日米安保条約が調印されました。
あれから60年が経過しました。

調印の国会審議当時は「安保反対」の声が絶大で大規模な国会前デモ等があったとか。
まあ、当時の岸首相の背中に乗ってあやされた、孫の安倍首相ですらも、岸首相の背中で「安保ハンターイ」と叫んで周囲から失笑を買ったという話もありますが。

それにしても、筆者ですらも感慨深いのですが、冷戦時代はともかく、冷戦後の混乱や9.11テロ等のテロ戦争等を生き抜いてきた日米安保条約の改定調印から60年も関係を保ち続けてきた事は驚きです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
02/17 00:00 【予測】3月はまだ先なのに既に春のような陽気、今年の春はあっという間に過ぎて夏が早いでしょう!!
02/17 00:00 新型コロナウイルスによる新型肺炎や外交安全保障の危機を伝えない極左偏向報道はボイコット廃業だ!!
02/16 00:00 極左反日反米の輩は何処でも無為無策で無能の揚げ足取りだ!!極左の文在寅大統領と同じで不要だ!!
02/15 00:00 新型コロナウイルスによる新型肺炎で日本は検査体制の充実等の対策強化、中韓からの企業撤退加速!!
02/14 00:00 習近平国家主席を筆頭とする中国指導部が招いた新型肺炎の感染拡散は中国に大きな激動をもたらす!!
02/13 00:00 新型肺炎の名称がCOVID−19に変更、韓国のヘル朝鮮化はマスク輸出等でも極悪ぶりは変わらず!!
02/12 00:00 日本は世界に先駆けて天の試練である新型肺炎等に対処出来る!!中国や南北朝鮮は極悪反面教師!!
02/11 00:00 特亜3国の中国や南北朝鮮の悪政で新型肺炎や政治経済の世界的な混乱!!自主防衛体制強化を!!
02/10 00:00 【暴露】中国で新型肺炎が、米国ではインフルエンザが猛威を振るう!!日本の立場は世界的にも重要だ!!
02/10 00:00 告発、新型肺炎で悪化する中韓の極悪非道独裁政治!!日本や世界は徹底排除と徹底防衛で中韓対処!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved