ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ツインソウルの真実-ブロくる
ao222 さん
ツインソウルの真実
地域:秘密
性別:女性
ジャンル:暮らし 恋愛・結婚
ブログの説明:
ツインソウルの真実について書いています。
二人が歩むプロセスのこと
女性にとって必要こと
二人が一緒になる上で必要な宇宙の法則について
ツインとの過程で起きたリアルな体験談も。
他では書けないリアルな情報を書いています。

※すべての記事は転記不可です。
カテゴリ
全て (374)
ツインソウル (143)
ツイン・体験談 (108)
スターチルドレンより (1)
用語の説明 (7)
メッセージ (20)
ご質問・ご相談 (43)
リアルな話 (28)
アクセス数
総アクセス数: 20973
今日のアクセス: 10
昨日のアクセス: 25
RSS
2018年5月25日 10時15分
自分の内側を統合するから、彼との未来がある。
 
サイレント期間が・・・
もうすぐ統合なんですけど、彼が動くのを待ってるしかない
と信じている方は読まれるのを遠慮下さい。

本気でツインとの統合(何をもって統合か?は横に置いておいて)したい方向けです。

究極のヒントです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月25日 9時39分
女性側が本当はしたいこと
 
ツインと出会っている、状況がうまく進まないと悩んでいる方が本当にしたい事・・・
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月25日 9時39分
相手に対して感じていたことを、何処まで素直に受け取れるか。
 
このブログを読まれたり、興味を持たれている方は
ツインだと思う彼がいて、でも、その彼とうまくいっていない、のが現実ではないでしょうか。
でも、なかなか前似進まない、変化がないと思われている方も多いでしょう。
そこをどうやって超えていくのか?

統合、サイレント期間という言葉を使っている方には耳の痛い話です。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月22日 16時13分
素直になる 2
 
この素直になる・・・言葉で言うのは簡単なんですけどね・・・
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月22日 10時39分
魂をかけてやりたいこと。
 
ツインソウルという相手は、自らの魂をかけてやりたいこと。
今まで慣れ親しんできたエゴすら越えていく覚悟を持つということ
何があっても、どんなことをしても、やりたいことが彼の向こうにある、そんな感覚。
[続きを読む]
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月22日 10時34分
素直になる。
 
自分の気持ちにどこまで素直になれるか?が重要です。

ちょっとしたヒントです。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月20日 12時12分
≪ご質問≫結婚や付き合うことは重要ですか?
 
ご質問をいただきました。

どうしても付き合う、結婚するという事い縛られてしまい
メールのやり取りやデートだけでは満足できないのです。
やはり、結婚や付き合うことが何よりも大切ですか?
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月18日 21時3分
エゴで動くと、良い事がない。
 
焦ったり
こうなってほしいゆえに
状況をコントロールしたいから
彼が動かないから

なら、こちらから動くぞ!!
私が状況を変えてやるー!
となるときもあると思います。
そうやって動いた私の失敗談です。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月18日 9時31分
ツインだからこそ深く分かり合える?
 
ツインという相手に対して勘違いをしている女性が多いように思います。
そして、その勘違いを相手に押し付けて、相手を追い詰めてしまっている人もいるほどです。
ツインだから分かり合える、理解し合える、深い共感を得られる。
それが真実なのか?どうなのか??

宇宙の法則を絡めて話しています。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]



2018年5月17日 13時13分
ツインの二人の目的
 
ツインの二人の目的は?
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:ツインソウル] [コメント (0)]




 前の10件 次の10件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved