このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
フリースペース
ツインソウルの二人の統合の時期、統合後の事を主に書いています。 ツインソウルの基本的なことをお知りになりたい方はこちらへどうぞ。http://blog.kuruten.jp/sirius222 カウンセリング、感情の感じきり方の方法をお伝えしているセッション、カードリーディングなども行っています。 お問い合わせは sirius333kers@gmail.com へお願いします。
プロフィール
「宇宙とツインソウル」と「私を幸せにする方法」-ブロくる
ao111 さん
「宇宙とツインソウル」と「私を幸せにする方法」
性別:女性
ブログの説明:
私たちは、自分の手で叶えられることだけを願い
そして、願いを叶えるその方法は、自分が魂と繋がる事で思い出します。

自分が魂と繋がる方法、願いを叶える方法を真理を元にお伝えしています。

本気で自分で自分を幸せにする覚悟のある方
伴侶との使命を果たすことに覚悟がある方
伴侶との魂の試練を乗り越える覚悟がある方に向けて発信しています。

※依存傾向の方、覚悟がない方、変わる気のない方はご遠慮ください。

※別ブログ http://blog.kuruten.jp/si
rius222

※セッションなどご希望の方はこちらをお読みください。
http://blog.kuruten.jp/si
rius333/391398
カテゴリ
全て (258)
ツインソウル (37)
宇宙の法則 (2)
スターシードより (7)
メッセージ (22)
いろいろ (5)
感情について (4)
本来の自分 (3)
自分を幸せにする方法 (11)
日々の事・雑記 (25)
魂の浄化方法 (5)
魂の浄化方法・雑記 (25)
定額・ツインのこと (31)
定額・魂の浄化 (18)
定額・覚悟 (4)
定額・自分に戻る (11)
定額・雑記やヒント (14)
魂のツインに出会う理由 (0)
定期・私の変化 (1)
わたしのこと (4)
メニュー (16)
アクセス数
総アクセス数: 14298
今日のアクセス: 120
昨日のアクセス: 142
RSS
彼が無視する時
[ツインソウル]
2017年8月12日 20時14分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


自分の周囲の人たち全て自分の深層心理を見せてくれる。

魂の伴侶の二人が一緒になるため、統合を進めるためには、
この宇宙の法則を自分に叩き込むことが重要。

厳しい言い方ですが、この視点で生きられるようにならないと、二人の統合はない。

それくらい重要なこと。
そして、この視点で生きるために学ぶこと全てが、二人の統合後の智慧となる。
だからこそ、この学びは重要なのです。

*    *     *

私が彼と、精神面で一番距離が出来た時の話です。

次男の発達障害が分かり、私自身が母親としてとても悩んだ時期でした。

発達障害、書字障害、読字障害、それに計算障害。
これだけの複数の障害を持った次男をどうしていいのか、が分からなかったのです。

彼はただ
「Yに何の問題はない、問題があるとすれば、Yに問題があるとする君だ」
「丸ごと、この子を受け止めてやって」と。

私自身は読み書きもできず、計算もできない
その子がどうなるのか?
今、徹底して療育に力を入れて、知識を叩き込む方が大切なんじゃないか」
そう思っていたのです。
そして、発達クリニックへ通い、投薬をするか?療育を受けるか?と悩みに悩んだのです。
理由はただ「自分よりも発達障害に知識、経験がある先生たちがそれが正しいって言うから」だけでした。

ただ、感覚的にはどこか、大丈夫のような気がしたのです
意味もなく、この子は大丈夫のような・・・。
しかし、お医者さんや療育担当の先生、支援学級の先生の話を聞けば聞くほど
情報が入れば入るほど、自分の感覚よりも先生たちの経験や統計の方が重要だ
感覚なんかより、先生たちの意見のほうが重要だ、としていたのです。

しかし、彼に相談しても「問題問題って・・・何が問題なのか分からない」
「そんなに医者を頼りたきゃ、勝手にしろ」
「俺の意見なんかより、先生の意見なんだろ?」
と言われるだけでした。

彼は彼の感覚で状況を判断し、アドバイスをくれる
でも、私は彼のアドバイスに「先生が」「傾向が」「統計的には」と他人の意見ばかりぶつける。
そんな状況に彼は怒りをあらわにしたのです。

そんな彼の態度に
「なんで私の話を聞いてくれないの?」
「もっと寄り添ってくれたらいいのに」
「親身じゃない」と思っていました。

そのうち、彼に話を聞いてもらおうとしても
「忙しいから」
「話すことない」と話しすら聞いてもらえなくなったのです。

*      *      *

ここで何が起きていたのか?

「なんで私の話を聞いてくれないの?」
「もっと寄り添ってくれたらいいのに」
「親身じゃない」

これは彼が私にしたことではなく、
私が私にしていたこと
私が私に言いたいことでした。

感覚を無視して、他人の意見を優先ししてた私に対して、本来の私が
話を聞いて!
もっと寄り添って!
親身になってよ!
と言いたかっただけだったのです。

そしてある日、最終的な診断結果が出る日の朝
「困ってるのは私だけで、この子は何も困ってないんだ」と言う事に気づいたのです。

私と言う価値観、私という物差しで次男の才能、資質、そして未来までも測り、勝手に判断していた。

長男を通じて「子供は必要なものを全て持ってくる」と実感していたのに、すっかり忘れていたこと
文字や計算の事などは、障害と言われたとしても、この子には必要だったから、この子が持ってきた
この子はこの子の人生を生きているのに
私が一方的に、私の物差しで判断していた。
この子は何の問題もない。困っているは私だけだった。

と言う事に気づいたのでした。

そこから、やっと自分の感覚を取り戻し
「この子は大丈夫」だけを信じて
通院、療育などを受けることを一切やめたのでした。

お医者さん、先生という方々の意見を受け入れ、その意見だけで生きていた時
私が私を無視しているから
彼は徹底して私を無視した。

でも、そこから色々なことに気づき、自分の感覚を取り戻し始めたら彼との関係が変わっていきました。

あれだけ自分の感覚を抑え込んだので、自分の感覚を取り戻すまでに時間はかかりました。
そして、その感覚を信じられるようになるには、また時間がかかりました。

しかし、自分が自分を取り戻すほどに彼との関係は変わったのでした。

そして、私が他人軸を生きた時
彼も他人軸を生きました。
そして、彼の様子、雰囲気、匂いが変わり、私の知らない彼になってしまっていたのです。
彼を通じて、他人軸を生きるということが、どれ程までにその人に影響するのか、を見せてもらった気がしました。

私が私を取り戻していくほどに彼の様子や雰囲気、匂いは戻ってきて
私が知っている彼が戻ってきたのでした。

*     *     *

彼との距離がある
彼に無視される
彼と連絡がつかない
あの人、私を馬鹿にしてる
私に対して敬意がない

それらは自分と自分の関係を表しています。
自分を冷静に見てみると、どの言葉も自分が発した言葉は自分を上手に表現している事が分かるでしょう。

それは彼の学びだから
あの人の成長の為に起きているのね、と他人事にするのではなく
私が言う事、思うこと、受け取ることは全て私の深層心理を表している、と理解して
どんな言葉でも真摯に受け止めてみてください。

この姿勢が自分の魂の成長につながり
宇宙の真理に従う生き方の学びが進むのです。

このブログへのチップ   500pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved