このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
フリースペース
本気で自分の事を幸せにしたい、と心から願っている方に向けて必要な情報を開示しています。 開示している内容は魂の浄化方法、宇宙の法則、鏡の法則など実践的な方法と、真実になりますので、変えてもらいたいというような依存傾向の方には一切向きません。
プロフィール
幸せになるための真実-ブロくる
ao111 さん
幸せになるための真実
性別:女性
ブログの説明:
幸せになりたい、けどどうしていいのか分からない。
でも、幸せになる為の方法はあるのです。
何をしても幸せになれない、思い通りの人生を歩めない、と幸せになることを諦めかけている方へ向けて
幸せになる方法をお伝えしています。
カテゴリ
全て (572)
ツインソウル (79)
宇宙の法則 (31)
スターシードより (8)
メッセージ (41)
いろいろ (23)
感情について (31)
本来の自分 (19)
自分を幸せにする方法 (127)
日々の事・雑記 (23)
魂の浄化方法 (20)
魂の浄化方法・雑記 (46)
定額・ツインのこと (25)
定額・魂の浄化 (18)
定額・覚悟 (2)
定額・自分に戻る (10)
定額・雑記やヒント (14)
魂のツインに出会う理由 (0)
定期・私の変化 (1)
わたしのこと (6)
メニュー (15)
フリースペース
セッション、カウンセリングのご希望は sirius333kers@gmail.com へお願いします。
RSS
アクセス数
総アクセス数: 48016
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 7
うお座時代からみずがめ座時代へ
[宇宙の法則]
2020年4月7日 14時7分の記事

Age of aquarius

みずがめ座時代。
この時代に生きるからこそ、ツインソウルという魂の伴侶と出会えるということですね。
そしてうお座からみずがめ座時代という過渡期を生きる意味。
そしてその時代を生きる私たちが持つ使命があるのでしょう。

魚座時代とみずがめ座時代の特性を知る事で、今をどう生きること画大切さが分かります。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


学生時代に必ず読んでいたDictionary(フリーペーパー。ご存知の方、いらっしゃるかしら??)
その副題がAge of aquarius だったと思います。

「みずがめ座時代ってなんだ?」「どんな意味なんだろう?」
と思っていたのですが、長い時間を経て意味を知るとは。
頭の片隅に残る記憶は、意味が深いですね。

うお座時代の特徴は
物質至上主義
男性社会
戦って勝つ
自分の感覚より、他人の意見
他人優先
誰かの為に生きる
苦しいことを頑張ることこそ美
エゴイズム

私たちが慣れ親しんだ考えばかりですね。
でも、この時代は終わったのです。


そして、
みずがめ座時代
自分自身
その人個人が主体な生き方
個々人の神聖さを発現する
自分らしい
愛と調和
精神的価値が優位
女性的
平等

まさに魂の伴侶に出会う時期、という感じですね。
伴侶に出会っている人たちがうお座の価値観を外し
みずがめ座に自分を合わせていくことが大切なのです。


うお座時代の「苦しい事を頑張る事こそ美しい」という努力至上主義。
この考えが根深く自分の中に根付いている人は多いと思います。
なので自分が好きなことをするよりも、自分にとって嫌なこと、避けたいこと、やりたくない事こそやるべきなんじゃないか?
そう考えてしまう方も多いでしょう。

それは、苦労することに向き合うほど、エンドルフィンというホルモンが分泌されるそうです。
そして、このエンドルフィンが分泌されると。幸せを感じることができるそうです。
ランナーズハイが良い例だそうです。

私たちが苦しいことを頑張る事を避けられない理由の一つに、苦しいほどエンドルフィンが分泌され、多少なりとも幸せを感じられるからではないでしょうか?

本来の幸せは自分が自分らしく、自分の喜びを追求しながら生きていけば得られますが
努力すれば得られる幸福、のというやり方に慣れてしまっていまったのです。
この点を考えても、私たちは大きな意識改革が必要なのでしょう。

私たちがこのみずがめ座時代を生きている、ということは
うお座時代から脱却し、新たな自分にあることが求められています。
私たちはうお座からみずがめ座の過渡期に生まれているかもしれませんが
子供たちは、みずがめ座時代に生まれて、みずがめ座時代を生き抜く存在です。
だからこそ、いくらうお座時代の産物を彼らに「これぞ正解だ」と言ったところで通じないのです。

でも、この過渡期を生きると言う事で
うお座時代に生み出されたものを、みずがめ座時代に合わせた形に変換し、残すことができるのです。
今の子供たちはうお座時代を知らない為に、それはできません。

考えてみれば、うお座時代、みずがめ座時代の両方を経験できた私たちは、ある意味選ばれし人間なのでしょう。
そして、この過渡期を超えるという使命を担うからこそ、ツインとの再会も使命の中に含まれているのだと私は思います。



最終編集日時:2020年4月7日 14時7分

このブログへのチップ   500pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


最近の記事
04/07 14:10 覚悟・決意の決め方
04/07 14:08 更新・別離の記憶の中にある真実を知る恐怖。
04/07 14:07 うお座時代からみずがめ座時代へ
04/07 14:05 更新・感情を感じきる=幸せを拒否しない下準備
04/07 14:04 過去から自信を取り戻す方法(実践方法)
04/07 14:03 真実はどこにある?
04/07 14:01 エゴとは何か?
04/07 14:01 重要 <メッセージ> まずは自分が幸せになる。
02/12 13:21 魂の願いは簡単に叶うか
02/12 09:44 「やってあげてる」のもう一つの話
フリースペース
記事を項目ごとに分類しました。 http://blog.kuruten.jp/sirius333/398395 もう一つのブログはこちらです。 http://blog.kuruten.jp/sirius222

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved