このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
フリースペース
本気で自分の事を幸せにしたい、と心から願っている方に向けて必要な情報を開示しています。 開示している内容は魂の浄化方法、宇宙の法則、鏡の法則など実践的な方法と、真実になりますので、変えてもらいたいというような依存傾向の方には一切向きません。
プロフィール
幸せになるための真実-ブロくる
ao111 さん
幸せになるための真実
性別:女性
ブログの説明:
幸せになりたい、けどどうしていいのか分からない。
でも、幸せになる為の方法はあるのです。
何をしても幸せになれない、思い通りの人生を歩めない、と幸せになることを諦めかけている方へ向けて
幸せになる方法をお伝えしています。
カテゴリ
全て (553)
ツインソウル (79)
宇宙の法則 (31)
スターシードより (8)
メッセージ (40)
いろいろ (23)
感情について (30)
本来の自分 (19)
自分を幸せにする方法 (120)
日々の事・雑記 (23)
魂の浄化方法 (14)
魂の浄化方法・雑記 (45)
定額・ツインのこと (25)
定額・魂の浄化 (17)
定額・覚悟 (2)
定額・自分に戻る (10)
定額・雑記やヒント (14)
魂のツインに出会う理由 (0)
定期・私の変化 (1)
わたしのこと (6)
メニュー (15)
フリースペース
セッション、カウンセリングのご希望は sirius333kers@gmail.com へお願いします。
RSS
アクセス数
総アクセス数: 44622
今日のアクセス: 28
昨日のアクセス: 38
魂と言う存在が引き合う相手
[自分を幸せにする方法]
2019年9月9日 13時7分の記事

※ツインの話ではありません。
一般的な人間関係についてです。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


最近、良く思うのが
「もう、自分と相手との感覚が合うか合わないか?だけで判断するしかない世界になってきたなぁ」ってことです。

ツインに出会っているとか、出会っていないとか
学びの段階がここにいるとか居ないとか
派閥が同じとか違うとか
年齢とか
性別とか
あれや、これや・・・

外側にある条件なんて本当に本当にどうでもよくて
自分の感覚で相手と共鳴するかしないか、それだけ。

そして条件がばっちりだからと引き止めてきた相手を
自分の感覚がNOなら、手放すことができるか?

結局、お互いの魂年齢や魂の経験値によりもたらされる「内的な価値観」でしか繋がれなくなってきたんだ、と思っています。

なので条件によって得てきた価値観は捨て
自分の感覚を出来るだけ研ぎ澄まし、自分の魂に共鳴する人を感覚で選んでいく。

そうやって魂の家族や魂の仲間と引き合い、その関係性の中で
お互いに切磋琢磨しあいながら、それぞれが関わり合いながら、魂の願いを実現をしていく。

そのためには、自分がまずは立ち上がっていることが必須ですね。
自分の過去を清算し、過去を自分自身に統合して
自分だけが持つ才能や個性を見つけ、自己価値を自らが立ち上げておく。
自分とはどういう存在か、を自らが受け入れて認めていくことで
魂の仲間たちに自分のことを見つけてもらいやすくなるのです。

このブログへのチップ   500pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


最近の記事
10/21 12:37 感情の感じ切り・プラスを見つける
10/18 17:43 過去世の扱い方
10/16 13:03 感情の感じ切り・思い込みは何度でも向き合う
10/16 08:15 ≪感情の感じ切り≫ 真理や宇宙の法則の使い方
10/15 19:29 ≪感情の感じ切り≫ 出来ないのはやってないから
10/13 17:07 ≪宇宙の法則≫ 自由意志
10/13 11:14 結局、自然には勝てない
10/12 11:50 普段の生活に意識を向ける
10/10 16:49 感情の感じ切りが出来ているか、どうか?
10/09 14:17 出来ないと思ってるから、出来ない。
フリースペース
記事を項目ごとに分類しました。 http://blog.kuruten.jp/sirius333/398395 もう一つのブログはこちらです。 http://blog.kuruten.jp/sirius222

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved