このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
フリースペース
本気で自分の事を幸せにしたい、と心から願っている方に向けて必要な情報を開示しています。 開示している内容は魂の浄化方法、宇宙の法則、鏡の法則など実践的な方法と、真実になりますので、変えてもらいたいというような依存傾向の方には一切向きません。
プロフィール
幸せになるための真実-ブロくる
ao111 さん
幸せになるための真実
性別:女性
ブログの説明:
幸せになりたい、けどどうしていいのか分からない。
でも、幸せになる為の方法はあるのです。
何をしても幸せになれない、思い通りの人生を歩めない、と幸せになることを諦めかけている方へ向けて
幸せになる方法をお伝えしています。
カテゴリ
全て (572)
ツインソウル (79)
宇宙の法則 (31)
スターシードより (8)
メッセージ (41)
いろいろ (23)
感情について (31)
本来の自分 (19)
自分を幸せにする方法 (127)
日々の事・雑記 (23)
魂の浄化方法 (20)
魂の浄化方法・雑記 (46)
定額・ツインのこと (25)
定額・魂の浄化 (18)
定額・覚悟 (2)
定額・自分に戻る (10)
定額・雑記やヒント (14)
魂のツインに出会う理由 (0)
定期・私の変化 (1)
わたしのこと (6)
メニュー (15)
フリースペース
セッション、カウンセリングのご希望は sirius333kers@gmail.com へお願いします。
RSS
アクセス数
総アクセス数: 49863
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 8
感情の感じ切りをやり切るコツ
[魂の浄化方法]
2020年2月5日 11時20分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


感情の感じ切りを成功させるコツは

「私は出来た(出来ている)と驕らず、自分に対して興味を持ち続ける」こと。

それだけです。

感情の感じ切りを実践していくと
自分の内面がクリアになるほどに、自分のエゴの抵抗も激しくなります。

内面がクリアになるということは、魂の願いも露呈しやすい状況になります。

すると、過去世のどこかで経験した「魂の願いは叶わなかった」という記憶が疼き、苦しいと感じる自分が現れます。
そして、自分を苦しめ、傷つけないように、と
これ以上内面をクリアにして
魂の願いを露呈する動きを止めようとするのです。

その状態が」エゴの抵抗」です。
そして、抵抗が激しくなるのと比例して「自分は出来ているのに」という自尊心も強化されていきます。

ここでの問題は、プライドではなく自尊心が強化されるため
「私は出来ている」
「こんなに頑張ってる」
「これ以上することは無い」
という自己肯定が強くなるのです。

が、ここで問題なのが、この自己肯定感は本当の自己肯定感ではなく
エゴが作り出した古い自分に対しての自己肯定感だ、という事です。

そしてその間違えた自己肯定感が「自分は出来ている」という驕りを生み出します。

その結果「もう十分」「ここまで成長した」という結論に至り
成長を止める方向に自らが動き出します。
もしくは、事象や学ぶべき事の軸を見ない(が、本人は見ていると勘違いしている)でやり過ごそうとします。

この偽物の自尊心が強くなった時に、本人が自ら「間違った自己肯定感持ってるわ」と、気づくことはほぼありません。
何しろ、「自己肯定感」を感じているため「努力の結果、自己肯定感を得た」という認識を持つため、この状況を自分で切り崩すには
相当な客観性と、精神力の持ち主でしょう。

が、その人の意志によっては他人がその驕りをへし折ろうと動きます。
なので注意や指摘を受ける結果となります。

が、当然その相手に対して
「分かってない」
「なんでこんなこと言われなきゃいけないんだ」
という否定感を持ちを持ち、相手から離れて終る、というケースが多いです。

そして、指摘という驕りを抑える力を失ったエゴは、どんどん増幅し
それこそ、こんなに頑張ってきたのに「すべてを台無しにする」結果となって終わることもあるのです。

*    *

って書くと、いろんな意見が出てきますが、結果を出している科学者や研究者を見てください。
彼らは自分の研究に満足することがあるでしょうか。
常に研究に没頭し、改善点を見つけては修正をしたり
どうしたらいいのか?を考える。
彼らに休息や休憩なんて無いんじゃないか、というほど研究一色ですよね。
そして何かの賞を取ったり、評価されても、そこで終わらず自分の研究に戻っていく。

結局、驕る人と驕らない人の違いは「自分に興味があるか」なんだと思います。
自分に対して尽きない興味があるか、自分という存在に対して好奇心を感じるか。
もっと知りたい!という興味があるからこそ、驕ることもない。
驕る(ここでは自分の努力を自ら認める、という意味)ことがあっても
「もっとその先が知りたい」と思うから、その先に向けて進んでいく。

*    *

いろんな方がいますが、どんな事に対しても興味を持つ方は感情の感じ切りも早いですし
エゴの疼きが少ないように思います。
エゴが疼く前に好奇心が勝るからじゃないかと思っています。



最終編集日時:2020年4月3日 11時21分

このブログへのチップ   500pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


最近の記事
04/07 14:10 覚悟・決意の決め方
04/07 14:08 更新・別離の記憶の中にある真実を知る恐怖。
04/07 14:07 うお座時代からみずがめ座時代へ
04/07 14:05 更新・感情を感じきる=幸せを拒否しない下準備
04/07 14:04 過去から自信を取り戻す方法(実践方法)
04/07 14:03 真実はどこにある?
04/07 14:01 エゴとは何か?
04/07 14:01 重要 <メッセージ> まずは自分が幸せになる。
02/12 13:21 魂の願いは簡単に叶うか
02/12 09:44 「やってあげてる」のもう一つの話
フリースペース
記事を項目ごとに分類しました。 http://blog.kuruten.jp/sirius333/398395 もう一つのブログはこちらです。 http://blog.kuruten.jp/sirius222

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved