ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
フリースペース
本気で自分の事を幸せにしたい、と心から願っている方に向けて必要な情報を開示しています。 開示している内容は魂の浄化方法、宇宙の法則、鏡の法則など実践的な方法と、真実になりますので、変えてもらいたいというような依存傾向の方には一切向きません。
プロフィール
ありのままの自分に戻るから始まるツインソウルとの未来。-ブロくる
ao111 さん
ありのままの自分に戻るから始まるツインソウルとの未来。
性別:
ブログの説明:
願いを叶える方法をお伝えしています。
人生に不可能はありません、それを体感できる人生に生まれ変わりたい方向けに、方法をお伝えしています。
※自分で自分のために行う事が前提です。
カテゴリ
全て (404)
ツインソウル (75)
宇宙の法則 (19)
スターシードより (7)
メッセージ (36)
いろいろ (19)
感情について (6)
本来の自分 (13)
自分を幸せにする方法 (41)
日々の事・雑記 (23)
魂の浄化方法 (9)
魂の浄化方法・雑記 (42)
定額・ツインのこと (25)
定額・魂の浄化 (17)
定額・覚悟 (2)
定額・自分に戻る (9)
定額・雑記やヒント (13)
魂のツインに出会う理由 (0)
定期・私の変化 (1)
わたしのこと (6)
メニュー (15)
フリースペース
セッション、カウンセリングのご希望は sirius333kers@gmail.com へお願いします。
RSS
アクセス数
総アクセス数: 32030
今日のアクセス: 5
昨日のアクセス: 68
2018年2月17日 12時29分
覚悟・決意の決め方
 
覚悟・決意を決めるという流れから、感情の感じきり方をお伝えしています。

短い文章ですが、大切なことを書きました。

実際に感情を感じきることを実践されている方向けです。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2018年1月26日 14時34分
更新・魂の別離の記憶、過去世の記憶を自分で癒す方法
 
10月9日 追記しました。

一つの魂が別々になる時の別離の記憶
過去世の記憶・・・
なんとなく、今世だけではない別の人生の時のトラウマが今に影響してるような気がする、と思われる方向けの手法です。

そして、今現在、自分が罪悪感を感じている
罪の意識があるな、と感じている方向けです。
(罪の意識から掘り下げるので、無い、という方には向きません)
罪悪感、罪の意識という自分の尊厳にかかわる部分に根底から向き合い、言霊を使い浄化していく作業はキツイですが、私自身、効果はありました。

罪の意識に向き合うと言う事は、相当苦しく
また、何か月もかかりました。
実践されるときは自己責任でお願いします。

感情の感じきり方をご理解いただいている前提で書いています。

※ ご本人の準備が出来ていない方、変わる事に抵抗感をお持ちの方は、実践したくても切っ掛けがない事もあります。

[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2018年1月2日 13時46分
感情を感じきる
 
感情を感じきる、という事についてです。
自分を幸せにするには、これしか方法はありません。
でも、自分で自分のためにするからこそ、リスクはあるし、本気度、真剣度が必要となる。

やったことあるけど、別に何も変わらなかった
今、時間のある時に自分のペースでやっています
という方には耳の痛い話なので、お読みになる際は自己責任でお願いします。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2017年12月27日 10時16分
感情を感じきる=魂の浄化
 
浄化ってなんですか?
浄化ってどうしたらできますか?
その問いにあなたは明確に答えることができますか?

私自身、長い間「浄化って何?」と思い続けてきました。
でも、誰に聞いても「浄化は浄化」とか
「クリスタルを持つ」とか
「塩で浄化する」とか
クリスタルを持ったから、塩を使ったから何がどうなるから浄化なの?と。
やっと浄化の意味が分かり、感情を感じきるとは魂そのものの浄化なのだ、という事に気づきました。

ヒーリングについても書いています。
感情を感じきる、どうして魂の浄化、と言えるのか
という事の基本的なことも書いています。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2017年12月15日 14時10分
魂の浄化方法 (エゴの対処方法)
 
魂の浄化を進めていく過程の中で何よりもキツイのがエゴの存在です。

感情を感じきる
魂の浄化を進める
言葉で言うのは簡単ですが、実際にやってみると、なかなか手こずることが多い。
しかもこのエゴの存在を自分が理解できない為
エゴの声を魂の声だと思い込み
その結果、エゴにぼろ負けし
伴侶との統合への過程から離脱した人は少なくない。

魂の浄化とは、偽物の自分を徹底して外していく作業
しかし、頭で分かっていても
やっとの想いで造り上げた偽の自己価値や偽の自尊心が消えていくことに抵抗を強く感じ
エゴに負けた人を何人も見てきました。

魂の浄化の一番ネックになる部分であり
一番、人が挫折する部分です。

魂の浄化の為に受けたセラピーやヒーリングなどで結果が出ないと感じる方の理由は
セラピーなどの質、提供者側に問題が無いのであれば
その人が自分のエゴの抵抗に負けたのでしょう。

魂の浄化で「言語化が難しい」とおっしゃる方が多いですが
正直、言語化なんて大したことがありません。
すでに自分の中にある答えを、ただ言語化するだけ。
時間を掛ければ終わること。

しかし、エゴとの闘いは自分との闘い
答えも終わりも何もない。
死ぬまで続くこと。

エゴとの闘いが何よりもキツイ。

[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2017年12月4日 14時43分
事象から読み取るコツ
 
事象は自分の本音に気づくためのもの
自分を知る為に経験します。
でも、なかなか、それをどう読み解くか、が難しいこともありますね。
そのヒントとして書いています。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2017年11月4日 14時41分
違和感=真実ではない、というお知らせ
 
あれ?本当なの?
なんか変なんだけど・・・
でも、現実には違う事が起きている。

という経験をしたことがある人は多いと思います。
特に感情を感じきることを始めて、潜在意識の昇華が始まると
お試しで「あれ?」という事をよく感じます。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2017年10月21日 11時25分
魂の浄化方法 (被害者と加害者を超える)
 
感情を感じきるを実践しています、という方のお話を聞いていると
被害者と加害者を明確にした時点を終わりとしている方が多いです。

そして、その方々がおっしゃるのは
「感じきってるのに、人生なんて何もよくならない、それどころか悪くなる一方だ」です。

何故、それが起こるのかをお話しします。

※ 感情を感じきる、と言う事を実践されている方向けになります。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]



2017年10月12日 12時32分
更新・魂の浄化方法 (感情を感じきる)
10月12日 更新しました。

感情を感じきりながら、魂を浄化する方法を書き始めました。

今回は第一段階で「感情を感じきる方法」を書きました。
宇宙の法則にも触れています。
本来はセッションでお伝えしている内容のため、金額をかなり上げています。

それだけの対価を払ってでもやってみたい、と思われる方、
この記事だけではすべてが書かれていないこと
そこをご了承いただいた方にお読みいただければと思っています。

ご購入については自己責任でどうぞ。
詳しく知りたい方、細かい説明が欲しい方はセッションへどうぞ。
[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:魂の浄化方法] [コメント (0)]




最近の記事
04/09 16:30 男性に対しての怒り
04/04 20:06 宇宙の法則を腑に落とすまで続くお試し
04/02 15:53 自分が信じ込んでいることを解き明かすから魂の願いがわかる。
04/02 15:15 自分に課した「こうせねば」を超えていく。
04/02 15:05 更新・お試しが起こる人、起こらない人
03/24 14:47 エゴとは何か?
03/23 12:20 春分が過ぎました。
03/22 19:49 本当に伝えるべきことは何か?
03/21 21:54 こうしようかな、という導き。
03/21 16:45 真実はどこにある?
フリースペース
記事を項目ごとに分類しました。 http://blog.kuruten.jp/sirius333/398395 もう一つのブログはこちらです。 http://blog.kuruten.jp/sirius222

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved