このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
さも さん
泣くやつ誰?しょぼい顔すんなよベイビーブログ
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:日記 50代
ブログの説明:
日常の出来事や気になったことを書き綴っています。
カテゴリ
全て (86)
アクセス数
総アクセス数: 9873
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 17
RSS
I2I
内視鏡検査中は気が付いたら終わっていた
 
2018年4月24日 20時2分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい





大腸検査で名前を呼ばれて、名前と生年月日の確認をされて
手首にリストバンドを付けられた。
「ベットの上に横になってください」と指示されて、横になる。
次に、脱水症状予防のため点滴を打つ準備を始める。
横になっている時に、心配なのが、先ほど飲んだ大腸洗浄液が
出切らないで、検査中に出てしまうこと。
横になっていると、やはり便意がもよおしてくる。

看護師トイレに行きたいと伝えて点滴を打つ前に、一度
トイレに行くと最後の洗浄液が出きった。
すっきりして、再びベットに戻り点滴が始まる。
30分ほど点滴をして、検査室へ運ばれていく。
検査中は、麻酔を点滴のチューブから注入され
その後、意識が朦朧として気が付くと検査が終わっていた。

検査後、1時間ほどベッドの上で眠りに落ちて
目が覚めるとすっきり

ベットから降りて待合室で検査結果の説明をまっていると
名前が呼ばれ、面談室に入り、椅子にすわると医師の説明が
始まる。
「何個かポリープがありましたが、様子を見ましょう。」
とのことで、特に問題なし。
とりあえずよかった。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/skysee/407595

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved