このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
カテゴリ
全て (25)
健康 (23)
マスクの正しい着用法
[健康]
2015年2月10日 3時43分の記事

インフルエンザウイルスを急いつけない高機能型マスクが登場した事はとても喜ばしいことです。 
とは言え正しく着用しなければ意味がありません。 


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


実はマスクと皮の間に隙間があったり息苦しくて鼻を出したりしてマスクを上下に広げずに着用していたりする人が多いのです。 
これではせっかくのマスクの性能が台無しでしょう。 
そこでマスクの正しい着用報いだ付プリーツ型マスクを0にして説明します。 
まずマスクを着用する時は表裏や上下の向きに注意して下さい。 
一般にひものついている面が裏側となり得穴に密着させる形状記憶合金が付いているほうが上が上側になります。 
次に口と鼻を覆うようにマスクをしっかりとあけて紐を両耳にかけてください。 
このとき花の部分の形状記憶合金をう自分の鼻の下血に合わせて折り曲げぴたりと密着させたらマスクの下編を下に引っ張って顎全体を覆います。 
最後にはフォートマスクの間に隙間がなければ正しく着用できたと考えて良いでしょう。 
鳥インフルエンザの予防を目的に高機能マスクを役立てるならあらかじめ一定量を備蓄しておいて下さい。
というのもう2009年に新型インフルエンザが大流行したときのようにマスクが品薄になる恐れがあるからです。 
国もインフルエンザの流行に備えてマスクの備蓄を押す推奨しており備蓄量の目安として一人当たり最低でも25枚程度は望ましいとしています。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved.