ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
高山 明子 さん
派遣イントラ・高山明子のお仕事備忘録
地域:北海道
性別:女性
ジャンル:仕事
ブログの説明:
派遣インストラクターをしている高山明子です。仕事の効率アップのための、ちょっとしたコツの備忘録です。
カテゴリ
全て (2)
高山明子 (1)
アクセス数
総アクセス数: 467
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1
RSS
2014年1月15日 11時37分
マメに記録を残す
 
私はあるプロジェクトに関わっている時、ある人の意見をうのみにし、裏付けもとらずに仕事を進めて大失敗した苦い経験があります。

ミーティングの時にはもちろんメモをとるのですが、ちょっとした紙に書きつけた本当のメモだったので、捨ててしまい、「確かあの時、こうお伺いしたものですから」といっても後の祭。

やはり自分の仕事ノートを持って、それにきっちりメモを残すべきだったと反省しました。

仕事ノートをつけていれば、組織内でも「頼んだ」「頼まれない」はなくなります。

何か確認することになっても、「私のノートではこうなっています」と自信を持っていえますね。

このようにマメに記録を残すのは、仕事に対するけじめをつけることでもありますから、必ず信頼にもつながっていくはずです。

高山明子
 



2014年1月15日 10時48分
メモと連絡ノートを活用する(高山明子)
 
報告でも伝言でも、あるいは仕事の打合わせでも、一番困るのが水掛け論になった場合。

上司に何か報告をしても、相手も忙しい身ですから、忘れたり混乱し訟いとは限りません。

人間の記憶力を過信せず、誰々から電話があったというような簡単な連絡事項から複雑な内容の報告まで、必ず日付けを入れたメモを添えること。

「伝えました」「聞いていない」の水掛け論になることを防げる上、受け取る方も大助かり。

時間がある時に、ゆっくり見直せますから。

連絡ノートを作って報告すべきことをすべて書き込んでおくのも、よいアイデアだと思います。

連絡のためだけでなく、さまざまなことを確認するためのよりどころとしても、メモ・記録の類はとても重要。

高山明子
[カテゴリ:高山明子]




最近の記事
01/15 11:37 マメに記録を残す
01/15 10:48 メモと連絡ノートを活用する(高山明子)
最近のコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved