ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2013年5月2日 21時40分
ユニクロのちんちくりん社長 柳井
 
あのちび社長が言ってくれましたな。労働者の年収は100万円でもしかたないと生意気なことをほざいたな。こういうやつを礼賛し記事にしたアホ新聞 朝日。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2012年1月9日 8時28分
オリンパスに見る銀行(日本人)の腐った性根
 
前社長のウッドフォード氏が失意の帰国。一連のオリンパス旧経営陣の不正を糾し、不当解雇の撤回と社長復帰のため戦っていたが叶わず敗北した。この事は日本人の狭小な心や恥を世界に知らしめたようなものだ。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年12月22日 12時12分
一触即発の世界恐慌と戦争
 
前回は一連の欧州債務危機はユーロとドルの金融戦争と書いたがまさにその様相を呈してきた。一般的には英国は地政学的にもユーロ陣営と誤った情報が氾濫しているがそれは間違いだ。先にもフランスが自国の国債の格付け下落の予想に反発して英国よりはるかにましだと発言したことにそれが現れている。英国はよくぞ言ってくれたとばかりにその発言に激怒したフリをし、今後は欧州債務危機の首脳会議には出ないと決めた。要するに最初からユーロの支援はしないと表明している米側だっただけの事だが。英国とフランスの不仲は決定的だ。ますますユーロは危機にさらされるだろう。だれがその引き金をひくのか?
[続きを読む]
[カテゴリ:政治経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年12月5日 5時50分
まもなく核戦争が始まる
 
天文学的な財政赤字の米国は実質的には破綻状態である、際限のない借金をし、FRBはドルを刷りまくり、必死にペダルを漕ぐ超自転車操業をどうしたら解消するのか?その行き着く先は馬鹿でも分かりそうなものだ。また欧州各国の国債危機は既にアイスランド、アイルランド、ギリシャの破綻どころかイタリアも破綻を避けられない状況だ、さらにポルトガル、スペインもじきに追随するだろう。またユーロの中心的なフランスは3大銀行も大量の50%債権カットの屑ギリシャ国債を抱え実際には倒産と同じだ。そうサルコジのフランスもいい振りこいているがひどい財政なのである。ドイツだけで支えられる訳がない、またそのドイツ議会はもう支援の議決をしないだろう。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年11月12日 6時1分
巨人球団代表よ よくぞ言った!天晴れ
 
渡辺恒雄という男は正力松太郎(注;CIAのスパイは死ぬ前に告白、A級戦犯だったが命乞いをし、米に魂を売って釈放され、金と自由を得た、原発を推進したのもこいつの仕業で真の売国奴で卑怯者)の後を継いで日本を貶める売国奴でマスゴミの親分格でくそ野郎だ。そのゴミ野郎に楯突いた清武代表は偉い、拍手ものだ。全くの正論で反論出来ずナベツネも地団駄を踏んでるだろう、ざまぁみろといいたい。老害もはなはだしいこいつを抹殺しなければ駄目だ。
巨人代表もいままで耐えに耐えていたのが堪忍袋の緒がきれたのだろう。胸中は察することができます。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治経済] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
くる天
プロフィール
プロのギャンブラーのG1予想-ブロくる
的中馬券 さん
プロのギャンブラーのG1予想
地域:海外
性別:男性
ジャンル:趣味 ギャンブル
ブログの説明:
プロのギャンブラーがギャンブル大国豪州より日本のG1レースを予想。あまり知られてませんがあらゆる賭博、売春まで合法、ポーカーゲーム機なんてどこにでも置いてあります。メルボルンカップ開催日は多くの会社が休日にしたり、州によっては国民の祝日になっているほどギャンブルが浸透しています。もちろん自制心がないとえらいことになります(笑)競馬は世界各地のG1レースを買う事ができますがオッズは連動はしていません(豪州国内のオッズ)私のギャンブルは競馬だけではありませんが、競馬は仕事としての比重は高くそれなりの利益を確保しております、負けないプロの予想を無料で公開しますので堪能して下さい。またG1レースはそんなにありませんので競馬の予想ばかりではなく、
海外から見た日本人観、日本や海外の政治や経済、暮らしや生活等の雑感、海外との比較など気が向けば書きたいと思います。
カテゴリ
全て (110)
競馬 (64)
政治経済 (28)
海外生活 (9)
アクセス数
総アクセス数: 39781
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved