このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
tearful70 さん
涙の話
地域:指定なし
性別:男性
ジャンル:暮らし 悩み・告白
ブログの説明:
心のために泣いてください
カテゴリ
全て (76)
アクセス数
総アクセス数: 5654
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 0
RSS
奴隷育成モデル
 
2013年8月6日 15時15分の記事

奴隷育成モデル


日本では、奴隷売買が盛んではありませんでした。

いわゆる、えた、ひにん、も売買をすることは、

記録として見つけられませんでした。

日本に奴隷という文化は、

なかったと言えるでしょう。


奴隷とは、人材という財産です。

労働力を安価に購入することが、

奴隷を所有する目的です。


この場合の安価とは何か考えてみます。

サラリーマンの初任給の年収は、

社会生活の基準値だと言えます。

つまり、雇用される人が、

社会生活をおくれて、

招来の貯蓄ができる程度の金額が、

年収として決められる額面です。

この一定額よりも割安だと感じられるのが、

奴隷売買の魅力だと言えます。

逆をいえば、

割安な労働力は奴隷売買と変わらないということです。


いまの現状と比較すれば、

割安感が見られるはずです。


ちなみに人身売買は違法ではありません。

目的が性的になると違法化しているようです。


奴隷売買と人材紹介の違いは、

労働力の割安感だけだと感じています。

なぜなら、どちらも使用者であり、

いい人材を割安で雇いたいからです。

それを行っていたのが、

人材紹介業や奴隷船貿易です。

使用者に使われたまま一生を過ごすのであれば、

奴隷となんら変わりはないと思います。


自分の価値を作り出します。




【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/tearful70/263999

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved