このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第20期法規第7章国際電気通信連合憲章 (1)航空移動業務の局等の執務時間
2017年5月20日 9時30分の記事
 
       第7章国際電気通信連合憲章
    (1) 航空移動業務等の局の執務時間
     赤紫色の文字は、法規の用語解説の
        ページを参照して下さい。 
いよいよ8月期向けの法規の講座も今回が最後となりま
した。

今回は、 国際電気通信連合憲章の内、 無線局設備の使
用と執務時間についてのお話をします。

 1.航空機局の無線局設備の使用
  各締約国の航空機が、 他の締約国の領域又は、領
      域の上空へ送信機を携行出来るのは、 締約国の登
      録を受けた無線送信機で 締約国の当局が免許状の
      発給をしたもの
に限られます


  また、無線送信機の使用については、 飛行中の領
      域において その国が設ける規則に従わなければな
     りません


  無線送信機は、 航空機の登録を受けた国の当局が
      発給した 無線従事者の免許を所持する航空機乗務
      員に使用が限られます。

  以上をまとめますと、 他の締約国の領域又は、そ
      の上空へ無線送信機を持ちこみ使用する為には、
      その航空機の登録をした国の無線局の 免許を受け
      た物でなければ、なりませんし、 運用出来るの者
      は、 登録をした国の無線従事者免許を持った航空
      機乗務員だけです。
  そして、運用方法は、 その領域の規則に従って運
      用すると言う事です。
  例えば、ANAやJAL 等海外の路線に就航している
      航空機は、日本で無線局の免許を得ていますし、
      パイロットは、総務大臣から無線従事者免許を得
      ていますので日本以外の締約国上空で送信機から
      電波を出す事が出来る訳です。
 

 2.執務時間等(RR:無線通信規則第40条)


続きは、記事をお買い求めの上、お読み下さい。

当塾は、今年の10月でまる10年になります。
ここまで続けてこられましたのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けてま
いる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

この資格は、皆様にとって取れれば、リターンの資格です。
試験迄の時間を無駄にしない様にして下さい。


[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。


http://kuruten.jp/blog/help041.html






都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
 
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved