このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期無線工学第9章電磁気 (5)磁気その1
[無線工学]
2018年6月11日 9時30分の記事

                          第9章電磁気
                 (5)磁気その1

磁気は、 電波の構成要素の 「電界」と 「磁界」の「磁
界」に関係します。また、電気(電子)の重要部品の「
抵抗」、「コイル」、「コンデンサー」の内のコイルに
関係します。

出来るだけ、分かり易くお話をしていますが、電磁気の
それぞれのお話は、 第9章の最初からの積み上げです
ので、分からなくなりましたら最初に戻って下さい。
また、会員の方は、遠慮なく質問をお寄せ下さい。
そして、単位が沢山出てきます。
単位について 余り気にされない方が  多いと思いますが
は、その単位が与えられた事柄の意味を表していま




続きは、[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。
今回は、全文無償で公開しています。


当塾は、昨年の10月でまる10年になりました。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けてま
いる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

この資格は、皆様にとって取れれば、リターンの多い資格
です。
試験迄の時間を無駄にしない様にして下さい。


[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。


http://kuruten.jp/blog/help041.html






【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


                          第9章電磁気
                 (5)磁気その1

磁気は、 電波の構成要素の 「電界」と 「磁界」の「磁
界」に関係します。また、電気(電子)の重要部品の「
抵抗」、「コイル」、「コンデンサー」の内のコイルに
関係します。

出来るだけ、分かり易くお話をしていますが、電磁気の
それぞれのお話は、 第9章の最初からの積み上げです
ので、分からなくなりましたら最初に戻って下さい。
また、会員の方は、遠慮なく質問をお寄せ下さい。
そして、単位が沢山出てきます。
単位について 余り気にされない方が  多いと思いますが
は、その単位が与えられた事柄の意味を表していま

例えば、速度の単位は、[m/s] です。
これは、1秒(s)当たり 何m 進むかと言う事です。この
単位の分母何々当たり表します。
本来、 単位は、 今、お話をしました様に 単位が与えら
れた事柄の意味が分かる様になっているのですが、単位
を人の 名前に変えてしまった為に 本来の意味が 分から
なくなったものが色々あります。
例えば、周波数の単位は、[Hz] (ヘルツと読み人の名前
です。)ですが、 以前、[c/s]  (サイクル・パー・セカ
ンドと読みます。)を使用していました。
[c/s] は、 1 秒間あたりの振動数が何サイクルかと言う
事を意味しています。
しかし、まだ、 本来の意味が分かるものも沢山あります


また、単位の重要性は、計算式が正しいか どうかの検証
に役立つと言う事にあります。
先ほどの速度の例で言いますと、[速度] =  [掛った時間
] ÷[距離] と勘違いした人が居るとします。
すると、速度の単位は、[s/m] となってしまいます。
速度の単位が [m/s] である事さえ知っていれば  式を覚
えていなくても、式を導き出す事が出来ます。
今の例は、簡単な式ですから、 この様な事は、無いと思
いますが、式が複雑になった時に 式の検証に役立ちます


単位の 重要性について お話をしましたが  その重要性の
為に航空無線通信士の試験でも良く出題されますので 単
位を覚えておいて下さい。 次回の8月期には、 出題され
ないと思いますが、これは、私の予想です。

それでは、磁気のお話をいたします。
なお、 磁気は、前回迄お話をしてきました静電気のお話
と似ている所が多くありますので その違いただけを覚え
て下さい。

[1]磁気力に関するクーロンの法則
 磁石のN極とS極が 引き合う力と 同極同士が反発し合
  う力を気力といいます。
 N極とS極の事を磁極と言います。
 N極とS極はであり電荷の ”+”と”−”の様に 単独
   では、存在できないのが特徴です。
 つまり、磁石は、いくら細かく割っても一方の端が N
   極なら反対側は、S極になります。
 電荷を”Q”や”q”で表しますが、磁極は、”m”で表され
   ま。
 電荷は、電気を持ち、その電気量の単位が [C] でした
   が磁極の場合は  磁極が持つ磁気量の単位を、[Wb] (
   ウエーバーと読みます。)です。
 m1 [Wb] (ウエーバー) の磁極と  m2 [Wb] の磁極が
   距離 r [m] だけ離れて存在するとします。
 そして、 電界の時の真空の誘電率と媒質により決ま比
   誘電率が有った様に磁気の世界でも真空の透磁μ 
  と質により決まる比透磁率μr  があります。
 透磁率の単位は  [H/m] (ヘンリー・パー・メーター)
   です。
 比透磁率:μr は  μ の何倍と言うだけですので単位
   がありません。
 
       透磁率:μ=μo・μr です。

  m1とm2の間に働く力:F は、

  = (m1・m2)/(4・π・μ・r^2) []
                                               (ニュートン
 
                    (1)  

 (1)式の関係を磁気力に関するクーロンの法則と言いま
   す。
 電荷の場合は、静電気に関するクーロンの法則 と言い
   ま。
 それぞれのクーロンの法則の式の何処が 違って、何処
   が同じか確認しておいて下さい。


次回は、磁界の強さからのお話を致します。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/410288

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved