このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第22期受験直前講座 (11)VHF帯に比べてのSHF帯の特徴他の解答
2018年7月25日 9時15分の記事
 
          第22期受験直前講座
         (11)VHF帯に比べての 
           SHF帯の特徴の解答 

今回は、 VHF帯に比べてのSHF帯の特徴及び 小電
力用同軸ケーブルの解答と解説を行います。

それでは、問題から見てみましょう。

 [演習問題17]
次の記述は、超短波(VHF)帯の電波に比べた時のマイ
クロ波(SHF)帯の電波の特徴について 述べたもので
す。 正しいものを”1”、誤っているものを”2”として
答えて下さい。

ア 波長が長く、電波の直進性が顕著である。
イ 広帯域伝送がしにくい。
ウ 伝搬距離に対する損失 (自由空間基本伝送損失)
  が小さい。
エ  10 [GHz]以上の周波数になると降雨による影響
   を受けやすい。
オ  給電線として導波管を使用することがある。

[演習問題17の解答と解説]
ア 答えは、”2”です。
  光の速さ:c [m/s] 、 周波数:f [Hz] 、 波長:
   λ[m] としますと

    λ = c/f            [m]    (1)

  ですので f は、分母にありますので大きく (高く
  ) なればλは、小さく(短く)なります
   波長に関しては間違いですが、直進性については
  、周波数が高い SHF帯の方が VHF帯より波長:
   λが短い為に回折がしにくくなる為に直進性があ
   と言えます。又、鋭い指向性のアンテナを使用
   用しやすい為に大地反射波が少なくなる事も直進
     性が良いと言われる所以 (ゆえん) でしょう。

イ 次の図をご覧下さい。

  f1〜f2迄の周波数は 音声の持つ周波数成分で
  す。Fc は、搬送波の周波数でf1とf2に対して極
  めて高い周波数とします。
  変調した結果が  次の振幅変調と書いた図になり
      ます。
  仮にf1=10 [Hz]、f2=3 [KHz]、Fc=1 [MHz]
      としますと、 振幅変調と書いた図は、成立しま
      す。とこらが f1及び f2が Fc より高くなると
  成立しなくなります。例えば、 音声でなくデジ
  タル・データの様に 広い範囲の周波数成分を持
     つ信号だとしますとf1 が数十 [Hz] でf2  が数
      十 [MHz] だったりします。
  すると先ほどの Fc=1 [MHz] では  変調出来な
      くなります。しかし、Fc= 100 [MHz]とか Fc
      = 1 [GHz](1000 [MHz])とかでしたら 変調可
  能です。つまり、搬送波の周波数が高い程、 音
      声やデータの持つ周波数が高い (広帯域)の信号
      を伝送出来ると言う訳です。


続きは、記事をお買い求めの上お読みください。

当塾は、昨年の10月でまる10年になりました。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けてま
いる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

この資格は、皆様にとって取れれば、リターンの多い資格
です。
試験迄の時間を無駄にしない様にして下さい。


[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。


http://kuruten.jp/blog/help041.html


都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:無線工学]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved