このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ第23期受験直前講座 (10)VHF帯とUHF帯の電波伝搬
 
2019年1月10日 9時30分の記事

           第23期受験直前講座
       (10)VHF帯とUHF帯の電波伝搬 

今回は、VHF帯とUHF帯の電波伝搬についての演習
問題を出題致します。
電波伝搬とは、電波の伝わり方の事です。
航空無線通信士で出題される電波伝搬の問題のパタ
ーンは、以下の4つです。

今回は、全文無償で公開しています。
[続きを読む]をクリックしてお読む下さい。

当塾は、今年の10月でまる11年になります。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けてま
いる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

本文には、見本部分の数倍の記事が書いてあります。
2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変重要
試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、本文をお読み下さい。



[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。


http://kuruten.jp/blog/help041.html




【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


           第23期受験直前講座
       (10)VHF帯とUHF帯の電波伝搬 

今回は、VHF帯とUHF帯の電波伝搬についての演習
問題を出題致します。
電波伝搬とは、電波の伝わり方の事です。
航空無線通信士で出題される電波伝搬の問題のパタ
ーンは、以下の4つです。

1.HF(短波帯)の電波伝搬 
2.VHF(超短波)帯の電波伝搬
3.VHF帯及びUHF(極超短波)帯の電波伝搬
4.SHF(センチメートル波)帯の電波伝搬 

どの周波数帯も航空無線に深く関係していますので
、良く出題 されます。
”1”は、洋上における無線電話に使われますがここ
14 年以上出題されていませんので 受験対策として
は、考えなくても良いでしょう。
”2”と”3”は  洋上以外での無線電話や航法支援施設
で使用されています。問題の内容は ほぼ、 同じで
す。
”4” は、航空無線において衛星を使っての通信に使
われますので、今後出題の機会が多くなる問題です

以上4つのパターの内、次回の 2月期に出題が予想
されますのは、”3”と”4”のパターンです。
ただし、”2”と”3”は、ほぼ、同じですので今回は、
VHF 帯とUHF帯の電波伝搬についての 演習問題を
出題いたします。
 ”4”のパターンは、次回出題致します。
それでは、演習問題にチャレンジしてみて下さい。

[演習問題16]
次の記述は 超短波 (VHF)帯以上の電波伝搬につい
て述べたもです。(    ) 内に入れるべき字句を下の
番号から選んで下さい。

(1)地表波伝搬では、 中波(MF)帯に比べて 減衰
        が著しく ( ア ) 。
(2)電離層 (スポラディツクE層を除く) ( イ ) 。
(3)送受信点の中間に高い山があり、相互の場所
       を見渡す事が出来ないが、山頂が、 受信点及
       び送信点から見渡せるとき、 電波は、伝搬 (
       ウ ) 。
(4)一般に、 直接波と ( エ ) との 合成波が受信
       される。
(5)大気中に温度の逆転層が生じてラジオダクト
       が形成されると、( オ ) 事がある。

1  電離層反射波   2  より遠方迄伝搬する
3  小さい         4    で反射する
5  大きい        6  しない
7  大地反射波    8  を突き抜ける
9  する事がある  10    通信が出来なくなる

解答と解説は、次回行います。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/420486

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved