このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第5期(2020年2月期向け)無線工学のシラバス
[無線工学]
2019年8月16日 9時30分の記事

    TOITAの「航空無線通信士受験塾」
      第25期無線工学のシラバス

20202月期向け第25期受験講座でお話をいた
します内容が決まりましたので お伝えいたしま
す。

第1章 空中線と電波伝搬
 1. 電波とは?(電波の基本的性質)

今回の記事は、全文を無償で公開しています。
[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。

当塾は、今年の10月でまる12年になります。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けてま
いる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

本文には、見本部分の数倍の記事が書いてあります。
2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、本文をお読み下さい。



[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。


http://kuruten.jp/blog/help041.html





【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


    TOITAの「航空無線通信士受験塾」
      第25期無線工学のシラバス

20202月期向け第25期受験講座でお話をいた
します内容が決まりましたので お伝えいたしま
す。

第1章 空中線と電波伝搬
 1. 電波とは?(電波の基本的性質)
 2. 電波の輻射
 3. 半波長ダイポール・アンテナ                    
 4. VHF帯とUHF帯の電波伝搬
 5. VHF帯と比べてのSHF帯の電波の特徴
  6.小電力用同軸ケーブル
 7. 導波管の特徴

第2章 航法支援施設
 1. VOR/DME
   2. ASR、ARSR、SSR、ASDE
   3. ILSの地上施設
 
第3章 半導体・電子管・電子回路
 1.  半導体とは?
 2.  ダイオード
 3.  トランジスター
 4.FET
 5.バイポーラ・トランジスタに比較して
        FETの特徴
 6.  電圧増幅度
 7.  負帰還増幅回路
   8.  真理値表</p>
<p>
第4章 DSB送受信機
 1.  AM(A3E)とは?
</p>
<p>第5章 SSB送受信機
 1.SSB電波の周波数成分と電波型式
 2.SSB受信機のトーン発振器
 3.  SSB受信機の構成

第6章 FM送受信機
 1.FM(F3E)とは?
 2.FM送信機の発振周波数と送信周波数
    (周波数逓倍)
 3.FM送信機の構成</p>
<p>第7章 通信方式その他 
 1.  FM(F3E)通信方式の特徴
 2.  インマルサット航空衛星通信システム
 3.  デジタル信号の変調(ASK、PSK、FSK)

第8章 電源
 1.  電池一般
 2.  浮動充電方式の特徴
  
第9章 電磁気
 1.  ク ーロンの法則と電界
 2.  電気力線・電束・電束密度
 3.  磁気に関するクーロンの法則と磁界
 4.  フレミングの右手の法則と電磁誘導
   5.  電磁気に関する単位と記号

第10章 電気回路
 1.  抵抗とは?
 2.  コンデンサーとは?
 3.  コイルとは?
 4.  RL直列回路における XL と I
   5.  有効電力・無効電力・皮相電力


以上
※学習内容は、予告なく順番が変わる事があり
 ます。
   予めご了承下さい。
※当講座の学習内容は、次回の試験で重要と思
 われる事柄をお話してまいりますが、これで
 全てでは、ありません 。
 当講座でご理解頂ければ、関係する事柄も興
 味を持ちご理解して頂ける様になります。
 それでも、お分かりにならない事は、当講座
 にご質問下さい。
   但し、ご質問は、 会員様に限らせて頂きます
  。
※シラバスを見て頂きました様に 学習内容は、   
 沢山あります。しづつ勉強を続けて下さい

法規のシラバスは、無線工学第 1 章終了後に発
表致します。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/432229

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved