このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
この記事は、有料記事です。
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第25期無線工学第2章航法支援施設 (6)ドップラー効果
2019年9月17日 9時30分の記事
 
           第2章航法支援施設
            (5)パルス・レーダー
              ドップラー効果

今回は、ドップラー効果についてのお話をいたします。
大抵の方は、救急車が目の前を通り過ぎる時に近づ
いて来る時は、音が高くなり、遠ざかる時には、音が
低くなるのを体験されていると思います。
しかし、音の高さがどの位変化するかは中学か高校
の時に習ったので忘れられていると思います。
この問題は、殆ど出題されてきませんでしたが、そろ
そろ、出題される頃と思いますのでお話をしておきま
す。
また、 式も立てられなくてはは、 なりませんので 良
く理解しておいて下さい。
また、ドップラー効果は、VOR の原理でもあります。

 ※イラストは、kansai様の承諾を得て利用させて頂いております。

電波の速度   :c
航空機の速度:v
周波数         :f
とします。
波長:λ は、
       λ = c/f [m]                     (1)
となります。
航空機が t[秒] 間に飛行する距離を L2 とします。
       L2 = v・t [m]                    (2)
そして、電波が t[秒] 間に飛ぶ距離:L1 は、
       L1 = c・t                          (3)
です。


上の図は、1回の振動を表しています。”0” から始まって
+の最大値をむかえ、やがて、その大きさが再び”0”にな
り、今度は、−の最大値になり、再び”0”になる1サイク
ルを1秒間に何サイクルするかと言う事を 周波数と言い
ます。周波数の単位は、昔は、[c/s] (サイクル・パー・
セカンドと読みます。)で周波数とは、 何かを単位が表
していました。単位とは、元々そう言うものなのですが、
単位の中には、人の名前になっているものもあり 周波数
の単位も人の名前のヘルツ[Hz] になってしまいました。
1 回の振動(1サイクル)の 波の長さを波長:λと言い
ます。
例えば、10 [Hz] の周波数の場合、1秒間に10ヶ の波の
連なりが現れる事になります。
最初の図に戻ります。 航空機は、受信アンテナへ向けて
飛行しています。


続きは、記事をお買い求めの上お読みください。

当塾は、今年の10月でまる12年になります。
ここまで続けてこられましたのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けてま
いる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いて
あります。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変
重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み下
さい。



都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[50ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:無線工学]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved