このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第25期無線工学第7章通信方式その他 (2)インマルサット
[無線工学]
2019年11月10日 9時0分の記事

              第7章通信方式その他
            (2)インマルサット航空
              衛星システム 

今回は、インマルサット衛星のお話です。
インマルサットは、航空機地球局航空地球局の間を
人工衛星を使用して通信するシステムです。

※船舶など様々な分野で使用されていますが、それら
 の事については、試験に出ません。


今回の記事は、全文を無償で公開しています。
[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。

当塾は、今年の10月でまる12年になりました。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けてま
いる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

本文には、見本部分の数倍の記事が書いてあります。
2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、本文をお読み下さい。



[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。


http://kuruten.jp/blog/help041.html



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


              第7章通信方式その他
            (2)インマルサット航空
              衛星システム 

今回は、インマルサット衛星のお話です。
インマルサットは、航空機地球局航空地球局の間を
人工衛星を使用して通信するシステムです。

※船舶など様々な分野で使用されていますが、それら
 の事については、試験に出ません。

※航空機地球局とは・・   地球の上空を飛行する航空
                機内に開設された衛星を介
              して通信を行う無線局
※航空地球局とは・・・・地球上の 陸地に開設された
              衛星を介して航空機地球局
              と通信を行う無線局

上の2つの無線局は、衛星が宇宙に有るのに対して、
どちらも地球上ある事から地球局と言う名前ついてい
ます。

人工衛星は、静止衛星で 3個以上で北極、南極を除く
全世界をカバーする事が出来ます。

現在、太平洋上、大西洋上、インド洋上に合計 8個の
インマルサット衛星が打ち上げられています。高度は
赤道上35,768 [km] です。
ちなみに  航空地球局は、世界に14箇所あり全ての航
空路をカバーしています。

航空機地球局とインマルサット人工衛星、インマルサ
ット人工衛星と 航空地球局との周波数は  以下の様に
なっています。


          1.6 [GHz] (Return link)         
 航空機地球局 →→→→→ →→→→人工衛星
           ←←←←←←←←←
          1.5 [GHz] (Foward link)

                          6  [GHz] (Up link)
 航空地球局→→→→→ →→→→→人工衛星
                      ←←←←←←←←←
            4     [GHz] (Down link)

それぞれの 周波数を覚えなくては  ならないのですが
、宇宙と地球の局との間で使用される周波数は、低い
周波数
の方が伝わり易いと言う事があります。
設備や電力面で有利なのは地球上にある航空地球局
です。
次に有利なのは、航空機地球局です。
一番不利なのは、人工衛星です。
その為人工衛星から航空機地球局への電波の周波数
が一番低い周波数になっています。
逆に航空地球局から人工衛星への電波の周波数が一
番高い周波数になっています。

インマルサットの使用目的

  航空会社と自社の航空機地球局との間
  ・運航状況を把握する為の電話・データ
     通信
  航空機の乗客
  ・公衆電話

※現在、航空機の交通管制には、使用されていません
 ので注意して下さい</span>。
 また、航空機相互の通信にも使用されていません。
  
次回は、デジタル信号の変調のお話です。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/436172

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved