ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2017年6月9日 11時5分
出産祝いに餅をつくしきたり〜戸川利郎
 
出産のお祝いに、まず何よりもモチをつく土地や、おうちの多いことを覚えておきましょう。

もち米を蒸し、それを臼と杵でつき、適当の大きさにしたものをモチというのは、望月(満月)のかたちに似ているという説があります。

「和名抄(わが国最古の漢和辞典)」にも、毛知比(比は飯)と出ていますが、出産祝いにかぎらず、正月、節句、祭、長寿祝い、建築祝いなどに、モチをつきものとするしきたりはなぜでしょうか。

これにはモチの白さや味、腹もちのよさ、丸さなどになにか神聖とか魂が宿る、あるいは神霊や魂そのものの感じがあるからと言われています。

長者が奢りのあまり、餅を的に矢を射たらモチは白鳥になって飛んでいき、長者の家は没落したとの説話も「風土記」にあります。

力餅は今では各地方の名物の名になっていますが、産婦を力づけるには絶好の食べものだったのでしょう。

戸川利郎(マナー講師)

[カテゴリ:祝い事] [トラックバック (0)]





くる天
プロフィール
戸川利郎 さん
年齢とお祝い事(戸川利郎)
地域:愛知県
性別:男性
ジャンル:暮らし ライフスタイル
ブログの説明:
マナー講師の戸川利郎です。日本には季節の変化と共に数多くのお祝い事の文化がありますよね。
年齢や行事ごとにお祝い事一覧をまとめたいと思います。
カテゴリ
全て (1)
マナー (0)
戸川利郎 (0)
季節の行事 (0)
祝い事 (1)
アクセス数
総アクセス数: 164
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 4
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved