このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
デレクさんの日英翻訳Tips-ブロくる
lingopro さん
デレクさんの日英翻訳Tips
地域:愛知県
性別:男性
ジャンル:教育・学校 語学・留学
ブログの説明:
翻訳者のための日英翻訳アドバイス集です。私の友人で、長年にわたり日本人の英訳を編集・レビューしてきた英国人翻訳者Derek Bleakleyさんがまとめた『Hints relating to Japanese to English Translations』という書物を、翻訳歴10余年、リンゴプロ翻訳サービス(Webサイト)の中村泰洋が和訳しました。
カテゴリ
全て (185)
リンゴプロからの案内告知 (6)
アクセス数
総アクセス数: 43617
今日のアクセス: 32
昨日のアクセス: 127
RSS
最近の足跡
足跡はありません。
178. 「一致する」/179. 「伴う」/180. 「整備する」/181. 「condone」と「感心できない」/182. 「表現する」
 
2016年1月22日 10時39分の記事

「その後、国有企業の民営化を推し進めていた中国政府とZ社との意向が一致した。」という一文に対する適切な英訳は、

Thereafter, agreement was reached between the Chinese Government, which was at the time actively pursuing a policy of privatization of state-owned enterprises, and Z-company.

です。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


「電子回路が発熱を伴う」に相当する英語表現としては、
an electronic circuit involves heat generation
よりも、
an electronic circuit will give rise to the generation of heat
の方が適切です。

「Z部の最適なキャリアパスおよび人事ローテンションの整備」に相当する英語表現は、
putting optimum career path and personnel rotation for the Z-Department in order
ではなく、
put into effect ideal career paths and rotation of personnel within the Z Department
です。

「世界の先端を行く経済力を持つ国として感心できません。」という一文の英訳としては、

We would not admire if such a step as above should be taken by a country leading the world most advanced economy.

よりも、

We can not condone such a policy being adopted by a power which possesses the most advanced economy in the world.

の方が適切です。「condone」は便利でありながら、日本人翻訳者がなかなか使いこなせない英単語です。

「公共環境を表現する」に相当する英語表現は、
express a public environment
ではなく、
create a public environment
が適切です。「表現」という日本語は、状況に応じて訳し方が多様であり、画一的に「express」と訳すべきではありません。ちなみに、「express a public environment」という表現は英語として意味を成していません。

----------
【告知】
初心者を対象とした全16回の翻訳基礎講座を名古屋にて開催いたします。

商品作成のための撮影授業を一般公開するもので、撮影にご承諾いただく必要がありますが、その分低価格にて提供いたします。希望者には答案の添削も行いますので、奮ってご参加ください。

詳細はこちら

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/transtips/345179

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved