このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
デレクさんの日英翻訳Tips-ブロくる
lingopro さん
デレクさんの日英翻訳Tips
地域:愛知県
性別:男性
ジャンル:教育・学校 語学・留学
ブログの説明:
翻訳者のための日英翻訳アドバイス集です。私の友人で、長年にわたり日本人の英訳を編集・レビューしてきた英国人翻訳者Derek Bleakleyさんがまとめた『Hints relating to Japanese to English Translations』という書物を、翻訳歴10余年、リンゴプロ翻訳サービス(Webサイト)の中村泰洋が和訳しました。
カテゴリ
全て (184)
リンゴプロからの案内告知 (6)
アクセス数
総アクセス数: 43225
今日のアクセス: 84
昨日のアクセス: 65
RSS
最近の足跡
足跡はありません。
183. 「達する」と「extend」/184. 「exceed」と「以上とならないよう」/185. 「侵入する」、「intrude」、「invade」/186. 「抜く」と「outstrip」/18
 
2016年1月25日 14時26分の記事

「AからBまで達する」に相当する英語表現は、「extend from A to B」です。

この一節は、本質的に同一の意味を表すのに、日本語と英語とでは正反対のとらえ方をするということを示す興味深い例です。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


「駆動力が所定値以上とならないように制御する」という一節を英訳するなら、
control is made so that the driving force does not become a predetermined value or higher
ではなく、
control is effected in such a way that the driving force does not (あるいは「can not」) exceed a predetermined value
が適切です。「以上とならない」という表現を含むフレーズには、「exceed」が極めて有効です。

「パッケージ内への用紙の侵入を防止する」という一節を英訳するなら、
prevent any sheet from invading into the sheet package
よりも、
prevent any sheet from intruding into the sheet package
の方が適切です。この例で特筆すべき点は、規模の問題です。「invade」は、「encroach upon (他者の権利や領土を不当に侵す)」という意味で、本例のような文脈で使用すると、やや大げさに響きます。

「生産販売台数でGMを抜いて世界一になる」という一節に対する適切な英訳は、
would become No. 1 in the manufacture and sales of automobiles, by leaving GM behind
ではなく、
will become No. 1 in the world in terms of the manufacture and sales of automobiles, thus outstripping GM
です。

「AおよびBに注意して」に相当する英語表現は、
giving caution to A and B
ではなく、
pay attention to A and B
が適切です。

「身体に注意する」という表現は、文字通りに「attention to your body」と訳すのではなく、「protect yourself」と訳すと良いでしょう。日本語表現を安易に直訳する日本人翻訳者が一部に見られますが、プロの翻訳者ならば、どのような表現が英語圏で実際に使われているか常日頃から調べておくものです。

「取り扱いには十分ご注意願います。」という一文の英訳として妥当なのは、
(The materials) need to be handled with extreme caution.
でしょう。

----------
【告知】
初心者を対象とした全16回の翻訳基礎講座を名古屋にて開催いたします。

商品作成のための撮影授業を一般公開するもので、撮影にご承諾いただく必要がありますが、その分低価格にて提供いたします。希望者には答案の添削も行いますので、奮ってご参加ください。

詳細はこちら

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/transtips/345420

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved