このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
デレクさんの日英翻訳Tips-ブロくる
lingopro さん
デレクさんの日英翻訳Tips
地域:愛知県
性別:男性
ジャンル:教育・学校 語学・留学
ブログの説明:
翻訳者のための日英翻訳アドバイス集です。私の友人で、長年にわたり日本人の英訳を編集・レビューしてきた英国人翻訳者Derek Bleakleyさんがまとめた『Hints relating to Japanese to English Translations』という書物を、翻訳歴10余年、リンゴプロ翻訳サービス(Webサイト)の中村泰洋が和訳しました。
カテゴリ
全て (252)
リンゴプロからの案内告知 (14)
アクセス数
総アクセス数: 58979
今日のアクセス: 25
昨日のアクセス: 49
RSS
最近の足跡
足跡はありません。
200. 日本語の接尾辞「〜化」の訳し方(1)
 
2016年2月5日 21時51分の記事

「国際化」および「グローバル化」に相当する英語表現としては、「internationalization」および「globalization」が適切です。

ただし、「自動車メーカーのグループ化の動き」という表現のように、接尾辞「〜化」を安易に「-zation」とは訳せない場合もありますので、「〜化」と結合している名詞を踏まえて、さまざまな訳を検討する必要があります。ちなみにこの一節は、

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


the propensity for automobile manufacturers to form groupings
または
moves among automobile manufacturers to form groupings
と訳すのが妥当です。

同様に、「10年前から世界規模での自動車メーカーのグループ化の動きがあり、戦略的合併や資本提携など急速にグループ化が進みました。」という一文であれば、

Ten years earlier a trend for automobile manufacturers to form groupings had emerged on a global scale, and new groupings were rapidly formed in the shape of strategic mergers, capital affiliations and similar kinds of arrangements.

と訳すのが適切でしょう。この例文の場合、自然な英訳となるポイントは、「など」に対して「in the shape of」を使用したことです。

「小型化」の訳語としては、「miniaturization」がおそらくベストでしょう。「-ization」は、「〜化」の意味を伝えるのに最適であることの多い表現です。

ただし、「小型化に向く」という場合には、
progress is being made towards miniaturizing
と訳すのが妥当です。

一般論ですが、翻訳者であれば、日本語でその概念をどう表現するか、細かい点まで自問し、その結果に基づいて英訳することが最善の取り組み方でしょう。「-ization」を付加した語を使用する場合には、その語が英語圏で実際に使われているか、少なくとも確認するべきです。

「欧州や米国においても現地化が定着した。」という一文を英訳するなら、

In both Europe and the United States of America, the practice whereby Japanese companies had begun to localize their operations took firm root.

が良いでしょう。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/transtips/346175
最近の記事
01/23 08:58 367. 「時」に関する表現: 「あらかじめ」、「事前」、「in advance」、「without prior notice」、「beforehand」、「fore-」、「preliminary」、
01/19 09:00 366. 「時」に関する表現: 「next」、「following」、「subsequent」、「次」、「明日から」
01/16 09:48 362. 「leeway」/364. 「時」に関する表現: 「now」と「then」/
01/13 08:56 【受付中】第2期翻訳セミナー(撮影授業)第5回開催のお知らせ(1月22日@名古屋)
01/12 09:00 363. 基本的な寸法
01/09 09:05 361. 限定と制限
01/05 09:26 360. 「変化」と「変化する」
12/29 09:30 【受付中】第2期翻訳セミナー(撮影授業)第4回開催のお知らせ(1月9日@名古屋)
12/26 09:48 【有料】358. 「distinct」、「ではない」/359. 「違う」、「と異なり」、「in contrast to」
12/23 08:53 355. 「異なる」、「differ」、「different」/356. 「differing」/357. 「differentiate」と「distinguish」
最近のコメント
351. 「similar」/352. 「uniform」、「均一」、「均等」/353. 「equivalent」、「相当」、「準じた」(lingopro)
351. 「similar」/352. 「uniform」、「均一」、「均等」/353. 「equivalent」、「相当」、「準じた」(lingopro)
351. 「similar」/352. 「uniform」、「均一」、「均等」/353. 「equivalent」、「相当」、「準じた」(TM)
318. 前置詞句: 「in the process of」と「途中」/319. 前置詞句: 「in the course of」/320. 前置詞: 「of」/321. 前置詞: 「from」(lingopro)
318. 前置詞句: 「in the process of」と「途中」/319. 前置詞句: 「in the course of」/320. 前置詞: 「of」/321. 前置詞: 「from」(translator)
128. 「確認する」と「チェックする」(1)(lingopro)
128. 「確認する」と「チェックする」(1)(translator)
「動詞」+「でしょう」における「should」の使用(Gokujin)
「動詞」+「でしょう」における「should」の使用(lingopro)
「動詞」+「でしょう」における「should」の使用(Gokujin)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved