このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
リフォーム工事日記 ブロくる -ブロくる
アーバンクラフト静岡 さん
リフォーム工事日記 ブロくる 
地域:静岡県
性別:女性
ジャンル:暮らし 住まい
ブログの説明:
事例を元に分かり易く解説して行きます
カテゴリ
全て (150)
アクセス数
総アクセス数: 7332
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 2
RSS
ALCの外壁塗装は新築後何年ですればよいか。
 
2017年4月26日 17時56分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい




通常の窯業系サイディングは10年以内ですが、ALC気泡発泡コンクリートは5年以内です。

これは表面の防水効果が薄れるのがそれぞれ5~6年なのですが、

ALCの場合は細かい気孔があるため、雨水を外壁の中に大量に吸ってしまうからです。

吸収した雨水は内部にあるALCの強度を保つのに使われている

金網を錆びさせてしまいます。

錆びは膨張し、容積を広げようとしたときALC外壁に爆裂現象としてヒビが発生してしまうのです。

早めの塗装は大切な建物を丈夫な状態で長期間保つことができます。

きれいな塗装・株式会社アーバンクラフト静岡







株式会社アーバンクラフト静岡


https://youtu.be/BeUnJqanOcg

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/urbanurban/380909

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved