ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2007年12月30日 2時59分
私的子育て論
 
夜中、家の前に、車を長時間止めるのはやめてくれないかと思う。
(今日も、止めてるね…
 まったく、ここは、あなたのうちの駐車場ではありませんよ!)

車、出さないからいいけど。

もし何かあって、車出す時のコチラの身になって、考えてみてほしいなぁ…。
(うちのダンナ、夜中に仕事が入る時があるからね〜)

こっちは、一応、常識として、
真夜中に、人の家の呼び鈴押すの、根性いるんですけど。^^;



隣人とは、いろいろございました。
もう、関係の修復が不可能なほど。

今も悩みます。
私も悪いところがあったのか、と。

もっと、違う接し方をすれば、
今のようにはならなかったのではないだろうか?
と考えたりしますが。

でも、もうガマンの限界で。

自分自身、何が常識で、何が非常識なのか、
隣の奥さんと話していたらわからなくなる。

隣の奥さんの言っていることは、とても立派でしっかりしたことを言う。

でも実際は、なに?
立派な言葉でも、行動に出さなければ、言葉は死んじゃう物なのに。

そんな言葉に意味があるのか。
軽い、心に響かない、そんな言葉に説得力があるというのか。

だから、隣の奥さんが、子供たちに話をしても、
子供には、届かない。
子供の心には、響かない。

そんな気がしてならない。

で、あれだけ、もめても、
なんの改善もされていないわけだ。(苦笑)

子育てって、命がけの仕事だと思う。
だって、中には、死んじゃう人だっているんだもの。

隣の奥さんをみていると、
子育て、もっと真剣になったほうがよくないか?と
よけいなお世話的思考がむくむくわいてくる。

私ってば、子供を産んだ時点で、
優先順位の第一位は子供になると思っている人なので…。

もちろん、子育てだけじゃなく、仕事も大切だけど、
それは、第一位ではないと思っています。

子供が、何事もなく、日々成長してくれていたら、
自分の事にも、時間を当ててもいいかと思うのですが、
子供に何かあった場合、私は、子育てを優先しなければならないと思っています。
(もちろん、泣く泣く…ですけど。^^;)

明日食う米と最低限の生活さえ確保できるならば、
たとえ、多少貧乏になって苦しくても、それが子供のためになるなら、仕事をやめます。
(とうぜん、泣く泣く…ですけど。^^;)

それぐらいの覚悟が、子育てには必要かな〜と思うんですけど。
それぐらい、大変な仕事だと思うんですけどね〜子育てって。

私のやり方が、正しいとは、決して思わないけど。

私の子育て論抜きにしても、隣の奥さんは、
ちょっと、子供をほったらかしにしすぎじゃないか?

もっと、自分の子供に責任をもって欲しい。
自分の子ぐらい、押さえてくれよ、と願わずにはいられない。
(いや、本人さんにも、言っちゃったけどねf(^^;) ポリポリ)


…私も、気をつけなくちゃ。
  [コメント (0)]





  次の1件
くる天
プロフィール
kako さん
ぐちぐちぐち〜★
性別:女性
ジャンル:その他
ブログの説明:
日々の愚痴をたたきつけるブログの為、マイナス思考的コメント多し。閲覧にはご注意ください。
カレンダー
<<2018年08月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
カテゴリ
全て (16)
らくがき 〜ラフ画〜 (5)
らくがき 〜色付き〜 (0)
平凡な日常 (3)
仕事のおはなし (2)
隣人に対するぐちぐち〜 (2)
RSS
ランキングバナー


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved