ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
will158 さん
ビタミン健康法
地域:京都府
性別:男性
ジャンル:ニュース 文化
ブログの説明:
ビタミン健康法
カテゴリ
全て (4)
アクセス数
総アクセス数: 2663
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1
RSS
2011年3月26日 15時19分
女性に多いけんしょう炎
 
けんしょう炎は、妊娠中や40−50歳代の女性に多い。放置すると関節が固まって、指が真っすぐに伸びなくなる場合もある。土浦協同病院(茨城県)の石突正文副院長(整形外科)に聞いた。
● 腱をくるむ「さや」

 腱(けん)は筋肉の延長上にあって骨とつながる組織で、骨を動かす働きをしている。
 「腕の筋肉は、手首から先は腱になっています。けんしょうは腱をくるんでいる『さや』で、腱をスムーズに動かす大事な役割がある。ここに炎症が起きて、腱の動きが悪くなったり痛んだりするのがけんしょう炎です」と石突副院長。
 「さや」は刀のさやと同じさや。ほとんどのけんしょう炎は手に起きる。多いのは親指、中指、薬指で、多くの場合、親指では手の甲側、親指以外では手のひら側の指の付け根に炎症が起きる。
 症状は、痛い、動かしにくい、指がコキコキというように動くなど。患者は男性より女性に多く、妊娠中や出産直後、40−50歳代の女性に多いのが特徴だ。職業や趣味に応じた指の使い方と発症との間に関係はない。
 原因は分かっていないが、親指の腱がある部分の形状は、人によって違いがあり、これが関係していることは分かっている。これに、指の酷使や女性ホルモンの分泌の変化などが加わって、発症すると考えられている。
● 日帰り手術が有効

 症状があるのに放置すると、指の第二関節が固まって真っすぐに伸ばせなくなることがある。こうなると、手術してもすぐには元に戻らない。
 早めの治療が大事だが、まず自分でできることから始めたい。仕事に差し支えない程度に指の酷使を避け、入浴中など温まった状態で手を開いたり閉じたりする。市販の湿布薬も効果的。これで効果がなかったり、悪化したりした場合は受診する。
 石突副院長は「のみ薬と注射がありますが、この注射は手のひらにすると、かなり痛い。しかも効かない場合もあります。日帰りでできる簡単な手術が有効ですが、手は微妙な部分なので、手の専門医とよく相談してください」と話している。
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年3月16日 10時29分
ガンの予防
 
ガンの予防に役立つビタミンとしてビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがあります。 ビタミンAがなぜガンにきくのかというのは、完全には医学的に解明されておりませんが、Aのもつ粘膜を強くするという作用ががん細胞に有効なのではないか、と考えられております。 しかしながら、ビタミンAの大量摂取は、「ビタミン過剰症」という副作用の心配があります。 そこで(体内でビタミンAにかわる)ベータカロチンを普段から摂るようにすると過剰症の心配もなく安心です。

ビタミンCは、動物実験でビタミンCを投与したものは、発がん物質が少なくなったり、作用が弱まったりしたことから予防効果があると考えられております。 また末期のがん患者にビタミンCを大量に投与した結果、がん細胞の増殖をストップさせ快方に向かったという例もあり、注目されるようになりました。

上記ビタミンA、Cに加え、細胞に必要な栄養分の補給や血液中の中性脂肪をへらす働きのあるビタミンEを合わせてとることで、さらなる相乗効果が期待されます。

  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年3月16日 10時28分
ビタミンでダイエット効果
 
を脂肪をエネルギーとして燃焼させる働きのあるビタミンB2を十分にとると、ダイエットの効果が望めます。

ここで注意してほしいのは、ダイエット中に米やパンなどの食事制限をすると、ビタミンB1、B2不足を起こしてしまうことです。

その場合はビタミン剤などでB群の補給するようにしてください。

また肌のかさつきや目の異常を感じた時にはビタミンAの不足が考えられますので、チーズや乳製品といったビタミンAを豊富に含んだ食品をとるようにしましょう。

  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2011年3月16日 10時27分
風邪の予防
 
「ビタミンCを大量にとると、風邪は治る」といううわさを聞いたことがある人もいるでしょう。 これはノーベル賞学者であるポーリング博士により提唱されたアイデアで一般的に成人が必要とされる1日の摂取量50mgの20倍以上(1〜2mg) をとることで身体の抵抗力を増し、風邪の初期症状を抑えることができるというものです。

理論的には、ビタミンCが酸化するときにできる物質が風邪ウィルスを破壊してウィルスを退治するという考えに基づいたものです。 またビタミンCは水溶性のため、吸収されなかったものは尿と一緒に対外に排出されてしまいます。

一度に大量にとるのではなく、1日数回に分けてとったり寝る前の服用が効果的とされます。

  [コメント (0)] [トラックバック (0)]




最近の記事
03/26 15:19 女性に多いけんしょう炎
03/16 10:29 ガンの予防
03/16 10:28 ビタミンでダイエット効果
03/16 10:27 風邪の予防
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved