このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
slineg さん
しかし、多くの時間が我々が浸漬されています
地域:北海道
性別:男性
ジャンル:ニュース 文化
ブログの説明:
有些遺憾
カテゴリ
全て (1)
アクセス数
総アクセス数: 365
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 1
RSS
愛到無聲不染塵
 
2015年9月2日 16時26分の記事

是呀,很多時候,唯美的愛情,純淨的婚姻,只是一種渴望,一種等候,一種奢求。特別是在經歷諸多楚痛之後,很多人便對愛情產生了一種畏懼甚至恐慌的心理,無形當中給工作和生活疆採撒多壓力,更給自己原本快活的心,佈設了許多無法放棄的糾結,讓人生的精彩和幸福的感覺,隨著心緒漸飄漸遠,遠得連自己都找不到它的影子。

其實,只要換一種心態和角度,以醉董⇒解、融合的方式理解和對待愛情,並善於在細微之處體味愛的溫馨,一些原本憂傷的感懷,也會變得如春花般燦爛。

只是我們很多時候都沉浸在愛情的表像裡,而沒有深入其內部細細地品味。愛情,是一本書。如果真正“鑽”進去,“融”進去,在平平淡淡抑或激情四射的文字裡,慢慢地品讀,細細地咀嚼,才能了悟其中的內涵。

父親和母親的結合,帶有一些傳奇、驚喜和悲憫的色彩。

那時,全國剛剛解放不久,國家百廢待興,百姓生活困苦。不但如此,而且匪患無窮,經常有不知從哪裡冒出來的一股土匪,到村裡強搶糧食和牛羊雞鴨,搞得村民人心惶惶。

一年夏天的某日,聽說又有幾個土匪在鄰村大行盜搶之能事,且揚言要把附近的幾個村子搶光。祖父和祖母為了保證安全,帶著父親、叔叔和姑姑驚慌“出逃”。

歪打正著,這次“出逃”,竟然“逃”到了距祖父居住的村子二十公里的外婆家。當然,那時大家還不知道後來發生的事情。

外婆生性善良、質樸、仁慈。在自家生活本來就異常困苦的情況下,欣然收留了祖父一家五口人,並想盡辦法讓大家吃上飽飯,住得溫暖。

通過幾天的接觸,祖父和祖母才瞭解到,外婆家只有她和母親兩個人。外公因為當兵後參加遼沈戰役,已經在戰場上光榮犧牲了。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/womeng/336000
最近の記事
09/02 16:26 愛到無聲不染塵
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved