このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
HEKI さん
養父が肺がんになりまして
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
養父が肺がんになりまして。毎日の健康と栄養について考える
カテゴリ
全て (5)
健康知識 (5)
アクセス数
総アクセス数: 531
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 1
RSS
ここ最近癌予防で話題にされているのが
[健康知識]
2017年7月19日 1時4分の記事

抗酸化作用を保有するベリーとして、ブルーベリーが大きく注目を集めているんだそうです。ブルーベリー中にあるアントシアニンには、元々ビタミンCと比べても5倍近くに上る抗酸化作用を秘めているといわれるみたいです。聞きなれない名前のアントシアニンという、ブルーベリーの青色の色素は疲労困憊した目を和らげるだけでなく、視力を改善させる力を持っているとみられています。いろんな国で使われているに違いありません。にんにくが持っているアリシンと呼ばれる物質には疲労回復を進め、精力を強めるパワーを持っています。その上、強固な殺菌能力を備えていて、風邪などの病原体を追い出してくれるらしいです。地球には相当数のアミノ酸があり、蛋白質の栄養価などを決定するようになっているらしいです。タンパク質をつくる要素はその内ほんの20種類限りだと言います。カラダの中の組織内には蛋白質ばかりか、加えて、これらが分解などされてできるアミノ酸、そして蛋白質を形成するのに必要なアミノ酸が含まれているのです。栄養的にバランスのとれた食事を続けることができるのならば、カラダや精神を保つことができるでしょう。誤って冷え性で疲労しやすいとばかり認識していたら、本当のところはカルシウムが不十分だったということだってあるでしょう。サプリメントの使用素材に、太鼓判を押す製造業者はいっぱいあるみたいです。その前提で、上質な素材に包含されている栄養成分を、どれだけ崩壊させずに開発するかが鍵になるのです。治療は病気を患っている本人でなくては極めて困難なのではないでしょうか。そんな点からも「生活習慣病」と言われるんですね。生活のリズムを正し、疾患になり得る生活習慣の性質を変えることを考えてください。ここ最近癌予防で話題にされているのが、身体本来の治癒力を強力にする手段のようです。本来、にんにくは私たちの自然治癒力をアップさせ、癌を予防できる物質がいっぱい含有されているとのことです。生活習慣病を招きかねない生活は、国や地域でも少なからず変わっているそうです。どの場所であっても、生活習慣病に関わる死亡の危険性は小さくはないと聞きます。自律神経失調症や更年期障害などが、自律神経に不調などを招く疾病の代表格でしょう。自律神経失調症というものは、非常な内面的、あるいは肉体的なストレスが主な原因として生じるようです。従来、生活習慣病の病状が出始めるのは、中年から高年齢層が半数以上ですが、近ごろでは食べ物の欧米的な嗜好や毎日のストレスなどのせいで、40代になる前でも出現します。食事制限や、多忙のために食事をしなかったり食事量を少なくしてしまうと、身体やその機能などを活動的にする狙いの栄養が欠乏した末に、良からぬ結果が生じることだってあるでしょう。本来、サプリメントはある所定の抗原に、拒否反応が出てしまう体質の方でなければ、アレルギーなどを懸念することはないでしょう。飲用の方法を誤らない限り、危険でもなく、信頼して愛用できるでしょう。数あるアミノ酸の中で、人体内で必須量を製造することが困難と言われる、9つの種類(大人8種類)は必須アミノ酸と名付けられていて、食物によって身体に取り込むということの必要性があるようです。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/yg2uahg/386665
最近の記事
07/19 01:05 カラダの疲労は
07/19 01:05 愛用しているフルーツティー等
07/19 01:04 健康食品そのものに判然たる定義はないそうで
07/19 01:04 ここ最近癌予防で話題にされているのが
07/19 01:01 生活習慣病の理由は相当数挙げられますが
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved