このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
あんママ さん
あんでいっぱい
地域:兵庫県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
愛犬あんのトレーニングと体調の記録です。
多方面に気遣いすることのないよう少々仮名にて(笑)
カテゴリ
全て (65)
お腹 (8)
骨折 (2)
トレーニング (18)
散歩 (16)
飼い主 (10)
教室 (3)
歯 (4)
アクセス数
総アクセス数: 18274
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 2
RSS
まだ腫れている
[歯]
2010年12月27日 21時2分の記事

今日は骨折した足の治療が終わって(添え木が取れた)1週間の検診。
足先は8ヶ月間浮腫んだままだったせいか、未だに丸みを帯びているが、大きな腫れは引いたといえるくらい。
関節の可動域もたった一週間だが、少し良くなっていると言われた。
ま、足の方は飼い主が見ていても1週間でかなり安定感が出てきたなと思っていたから。
良い結果で当然だけど、主治医の笑顔を見るとこちらも嬉しく思うし安心できる。

で、気になっている歯茎。
2週間以上歯茎が腫れた状態。
腫れが出た時よりもおとなしい腫れにはなったがそれからが変化なし。
口臭も当初ほどはなく。
やはり主治医にしてもこれだけ歯が綺麗な状態でというのが珍しいらしく。
今出来る処置というのは歯周ポケットの掃除くらいだと(着色、歯石も出来てないため)

ずっと健康体だった子ならすぐにでも処置を受けるのかもしれないが。
あんは2度の骨折治療のうち、何度も全身麻酔を受けている。
抗生剤も何度も服用してるから既に耐性が出来てしまった種類もあるし。

主治医の診たてでは、歯肉炎になった場合のリンパ腺の腫れがない。
内臓系へ悪い影響を及ぼすほどのレベルではない。
免疫系低下のため、ちょっと今は調子が悪い ということもある(私がコレを押して聞いてみた)
ということで、主治医としてもダラダラ(長期間になる?)抗生剤を使用することは避けたいと。
ソフトなマッサージ等でまだ様子を見てもよい状態だということで。

一応、一番近いところの歯科専門医もみつけてるから、いざとなったらそこでも診てもらおうと思っている。
今のところはお口ケアをがんばる。

ネットにて抗菌水、ホメオパシー(Merc)、R&U錠を注文。
骨折治療が終わっても、まだまだワンゲル係数が高い我が家であった(涙)

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム




2週間前 歯茎がプリプリ腫れて口内炎もみえる
微熱もあり、元気がなかった



今日 腫れが小さくなってるがこの状態になってから長い
平熱 元気あるある!


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. ayazo 2010年12月28日 23時14分 [返信する]
今日歯科の先生のところへ行ったので
あんちゃんのことを聞いてこようと思ったのですが
診察時間ぎりぎりだったので申し訳なくて
聞きそびれました(汗)
うちのねーさんのことすら聞きそびれる始末・・・(殴)
お役に立てず済みませんでした。

あんちゃん、調子が悪いわけでもなさそうだけど
なんでも長引くと心配ですよね。
ウチもワンゲル係数が一向に下がりません(苦笑)

 ■このコメントへの返信■
1. あんママ 2010年12月29日 7時8分
☆ayazoさま
まぁ!あんの事まで気にかけていただいて感謝です。
お気持ちとても嬉しいで〜す♪
タイミングによっては大事なことを聞きそびれたり、先生には気を使ってしまいますね。。。

元気だし表面だけのことなら・・・中の方まで悪くならないかと心配です。
やはり顎の骨が細いから。
先生は見た目的にはまだ様子を見ようレベルだけど、あんの場合は、特殊な反応があるから安心は出来ないと笑ってました。

宝くじでも当たったらど〜んと構えられますけどね〜(笑)


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/anbyroad/147339

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved