このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
あんママ さん
あんでいっぱい
地域:兵庫県
性別:女性
ジャンル:暮らし ペット
ブログの説明:
愛犬あんのトレーニングと体調の記録です。
多方面に気遣いすることのないよう少々仮名にて(笑)
カテゴリ
全て (65)
お腹 (8)
骨折 (2)
トレーニング (18)
散歩 (16)
飼い主 (10)
教室 (3)
歯 (4)
アクセス数
総アクセス数: 18270
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 1
RSS
ジェラシーから逃れる(笑)
[飼い主]
2011年5月24日 16時22分の記事

自宅で仕事をしているあんパパは24時間あんと一緒。
なので、あんパパが外出というのはあんにとっては・・・

パパが帰宅した時のあんの喜び様といったら、もう。
それはいいんだけど。別にうるさいわけでもないし。
いや、ほんとは激しい歓迎をやめさせるべきだけども(恥)

私が嫌だったのは(笑)私たち2人で帰宅したときのあんの態度。
パパにばっかり「お帰りなさい〜、寂しかったよ」とピ〜ピ〜切ない声を出して、前足でチョイチョイする。
私には、ちょいと近寄るふりだけしてすぐにパパへと踵を返す。
ま、私のことは無視って感じで。
そりゃジェラシーだったわ(爆)

が、いま読んでる本に救われる(笑)
ジャン・フェネル著の『犬にならって犬の言葉を学ぶ』

あんはパパのことを守ってあげるべき恋人とか息子のように思ってる。
ま、これもちょっとアレなんだけど。
この本読んでから、パパ帰宅時の歓迎ぶりが
「大丈夫だった?お外怖くなかった?心配だったよ〜」
に、見えてきたのだ(笑)

で、私のことは
「あ、母さんお帰りなさい」(何も心配してない)
なのかな。

【PR】電話相談システム開発ならイーステム




お外でパックン!

礼儀正しいスピッツさんとすれ違い、落ち着いたところで買ったばかりのパンの端切れを。
大好物のパンにお座りで待ってられず。。。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. ayazo 2011年5月24日 19時52分 [返信する]
ウチはあんママさんちと逆でして、夫婦で一緒に帰ると、ちいはあんちゃんとほぼ同じ感じだけれどぷっちはとーさんを完全無視です(苦笑)
私もそれが「うれしい」というよりは もっと普通にならないものか・・・とも思ってますが1分と続かないんだから まぁいっかという感じもあり・・・(汗)でも少しずつ歓迎が激しくなってきたような気もして 気にはしてます。
で、とーさんはもちろん「ジェラシー」です(苦笑)

ジャンフェネルの本は「犬の言葉がきこえる」を持ってますが、同じ内容なのかしら?アミシアンボンディング・・・でしたっけ?購入後すぐに(といってもつまり4〜5年前ですが 笑)試しましたが、イマイチ効果が分からず。その後チャーリーママさんのところで話題にあがったときに再読し、試してみたけれどやっぱり手応えらしきものはなく・・・それに内容が少し???って思うところもあったり。私の読み込みが甘いのかもしれませんね(汗)

 ■このコメントへの返信■
1. あんママ 2011年5月25日 16時35分
☆ayazoさま
さすが、既に読まれてましたか〜
題名は文庫化のときに変わったらしく、内容は同じだそうです。
私はトレーナーさんブログのリンク先で紹介されてたのを最近見つけて購入しました。

アミシアン・・・やった方がいいなと思うのもあります。
うちの場合は食べ物かな。
本に出てくるようなアグレッシブタイプではないですが。
けど、日々姉さんが自分の都合の良いように仕向ける隙を狙ってるというのは感じます(笑)
姉さんもちっこい姿にでっかい使命感持ってるのかしら?
そのプレッシャーに打ち勝つことができなくて外ではあんなに怖がり??
まだ最後まで読んでませんが、ハッとする場面も多くて(汗)
一度は直接カウンセリング受けてみたいな。。。いや怖い(爆)
やっぱりウチの子仕様は自分達で探り出すしかないのかしら。


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/anbyroad/163776

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved