ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (2179)
アクセス数
総アクセス数: 88403
今日のアクセス: 64
昨日のアクセス: 57
RSS
2022年6月30日 11時24分
フリマやネットオークションなど、あまり信用の
 
フリマやネットオークションなど、あまり信用のおけない入手先から購入したブランドの品物をお金に換えるつもりで買取店に査定を頼むと、なんと真っ赤な偽物だった、ということはたまにあるようです。


こうした場合には、大体はすぐに偽物だと明らかにされ買い取ることはできない、と伝えられるはずです。


しかし、大変稀ながら、取引がされてしまうこともないことはないのです。


お店側のミスでもありますが、偽の商品を持ち込みに悪意があったとみなされてしまうと、問題にもなるでしょうから、後に買取店を利用するつもりがある場合は、ブランド品の購入は正規店など、信用できるところからにしましょう。


それに、オークションなどで、安い偽物などに引っ掛からないようにするなどは最低限、注意しておくべきです。


不要になったブランド品の扱いについてですが、大事にしまいこんでいても勿体ないものです。


元の値段からは相当落ちるものの、いくらかの現金になるように業者への売却を検討してみてはいかがでしょうか。


ここ最近はテレビCMやネットの広告などでも名前を知られるようになった買取業者がありますが、こういうところが処分したいブランド物がある場合は大変便利です。


なにしろ、ブランド品を持って直接店舗に足を運ぶという手間をかける必要なく、売りたいブランド物がどれくらいの値段になるのか査定してもらえるのです。


そして万が一、業者のつけた値段が満足のいくものでなかったなら、査定その他の手数料や発送料は請求されずにそのままブランド品が戻ってくるところが殆どであり試しに一度利用してみるのはいかがでしょうか。


売買がうまくいけば、得になるばかりです。


不要になったブランド品を買い取ってほしいけど、買取店まで出かけるのが難しいといった場合は、宅配を使った買い取りサービスがおすすめです。


これを使うと、お店のある場所まで顔を出す必要がありませんから、簡単で便利に買取店を利用できるようになりました。


お店のサイトで買い取りを頼むと、箱や緩衝材などの専用配送キットが送られてきますので、その箱に売却を希望する品々を入れて梱包し、お店に送ると、査定してもらうことができます。


買い取り希望の品物が多かったり、多忙で店に足を運べないのであれば、この宅配買い取りサービスを利用するのが便利です。


大変高い人気を誇るブランドの一つ、フランス生まれのシャネルは、創業したのはガブリエル・ボヌール・シャネル、良く知られている「ココ」は愛称です。


彼女によって興され、彼女の力で育っていったファッションブランドといえるでしょう。


パリの帽子店「シャネル・モード」として出発し、服飾から香水、化粧品という風に、展開していき、更に大人気のバッグ、靴や財布、時計と、多種多彩な商品が販売されております。


多くのファンに支えられ、根強い人気がありますから、物や状態により違いは出るかもしれませんが高額買取も期待できます。


よく知られている事実ですが、エルメスは元々馬具を作り販売をする工房で、皇帝や貴族を相手に商売をしていました。


しかしながら、テクノロジーの発展により、人や物が馬車ではなく自動車で運ばれる時代の兆しが、この頃すでにありました。


そこでエルメスは、馬車の急激な衰退に対処するべく、皮革製品に対する知識を生かしてバッグ、財布などを取り扱う会社へと巧妙に変転することによって、激動の時代を乗り切り、時流を読んで、成功し続けています。


言わずと知れたハイブランドで、欲しいけれどもなかなか手が届かない、といったケースが多いのですが、手に入れて後悔することはないでしょう。


そしてもしも気に入らなかった、手放したいと思うことがあったら迷わず、保管しておくよりは、買取店を利用して売却を考えた方が良いでしょう。


かなりの高額で買い取ってもらえる可能性があるからです。
  [トラックバック (0)]



2022年6月29日 10時18分
ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する
 
ずっと大事にするつもりでブランド品を購入する人もいれば、近い将来、手放して換金するため業者を利用するつもりでいる人もいるでしょう。


そんな風に思っているなら、気をつけてください。


ギャランティーカードを筆頭に、商品購入の際に付属している物は外箱に至るまで捨てずに取っておくことが重要です。


なぜなら、業者の査定において付属のあれこれがないとなると、査定額が大きく変わることが考えられるからなのです。


箱や袋はともかく、ギャランティーカードについては必須です。


品物と一緒に提出できなければ商品価値は大きく下がります。


最初から取引してくれないこともあり、保証書などはぞんざいに扱わない方が良いようです。


今時は若い人、それこそ未成年の学生さんであっても、ブランド品を使用している割合は多いようです。


しかし、持っているブランド品を買い取ってもらうには未成年の人はできないことになっています。


その詳細は店によって異なり、未成年(20歳未満)は取引不可、というシンプルな所や保護者が認めていることを証明する同意書を提出できるのなら未成年の場合でも(ただし18歳以上)取引できるというお店もあり、少なくとも気軽な利用はできないことになっています。


20歳未満の人がブランド買取店を利用しようとしているなら、HPなどでお店のこと、利用できる年齢についてなどをチェックしておく必要があります。


世界的に名高いブランド、ブルガリは宝飾品のブランドとして知られ、時計、宝石、アクセサリー、比較的新しい時代に入ると香水、バッグなど、多くの質が高い商品の数々を次々と世間に送り出してくれています。


ソティリオ・ブルガリは1884年、ローマにてブルガリを立ち上げました。


徐々に発展し、各国に進出を果たしていって、とうとう、各国各地に直営店を持つ、世界有数の宝飾品ブランドとなったのです。


少なくとも、ブルガリの時計に限定していえば、買取点では、少々の傷が有ったとしてもかなりの高額で、買取を行ってくれる店が殆どでしょう。


第一次世界大戦後の混乱がまだ尾を引いている1921年、グッチオ・グッチが創業したのはそんな時代で元々はフィレンツェの皮革工房でした。


世界的に有名なイタリアンブランドとなり、最早知らない人はいないでしょう。


扱う商品はバッグ、靴、財布、ベルトといったような革製品は当然として、フォーマルからカジュアルまでのウェア、フレグランス、アクセサリー、腕時計、等々とその品揃えは圧巻であり、こうした点もブランドの特徴と言えるでしょう。


ブランドの歴史は複雑で混沌としており、そんな中で、大勢のデザイナーが任をこなし、関わり、そこから生まれた派生ブランドも多く存在します。


ブランド品買取店なら、どこの店でもグッチは進んで買取を行なってくれるでしょう。


出番のなくなったブランド品ですが、もう使うことはないだろうと思っても購入金額を考えると捨てることもできず、収納したきりになってしまうことが多いものです。


こういう時、中古ブランド品の買取業者を利用すると、多少のお金になりお部屋も片付くことでしょう。


ところで、買取業者を利用しようとするならぜひ、買取業者のことについて、ネットの口コミで書かれている内容を読んでおくと良いでしょう。


例えば利用しない方がいい、大勢の人から悪く思われている業者などを、理由も含めて知ることができます。


また、買取金額の決定にあたり金額を下げる方向に必死になる業者のことや買取の金額が初めから低く設定してあるところなどの口コミ情報を収集でき、実際の場面で役に立つからです。


買取業者になるべく高値で売却するためには事を始める前に多少の知識を頭に入れておくことが売買には有利となることが多いです。
  [トラックバック (0)]



2022年6月28日 10時0分
ブランド品の買取業者を利用しようとする時に、利
 
ブランド品の買取業者を利用しようとする時に、利用の時期については何時でも一緒、という風に多くの人が考えているようです。


ですが、その認識は改めた方が良さそうです。


実は、ブランド品買取業者の多くは割と頻繁に、多様なキャンペーンを行うのが常で、その期間中に利用するとキャンペーン内容によっては査定額が通常より上がる物すらあります。


どんなキャンペーンなのかというと、通常算出される査定額に加え、数パーセント足してくれるという、査定額アップキャンペーンやそのお店で使えるポイントを、いつもよりたくさんくれるというもの、それから色々なお店で使えるクオカードプレゼントといったものもあり、キャンペーン内容によって利用時期を選ぶのもありかもしれませんね。


ブランド品買取店での、腕時計の買取についてですが、少し前までは正常に動いていて、外見の状態も良いものしか買い取ってもらえないことが多く、壊れている時計はどこの買取店でも買取不可、という場合が多かったのです。


ですが、今ではこういったことはありません。


というのも、故障した腕時計や、少々古いもの、擦り傷があったり、ベルトの金具が取れているなどの、そう軽くはない損傷を受けているものであったとしても、ブランドの高級品という条件さえクリアしていれば買取をしてくれるという風潮が強まっており、多くの店で普通に売却できます。


しかしながら、限度というものがありますので、文字盤が割れているなど激しく損傷を受けているものは、買い取ってもらえないこともあります。


ブランド品を愛用する人の中には、品物を長く使っていき、熟成させた感じを楽しむ人は多いです。


物が良いだけに、風合いが良くなったりするのです。


しかし、そういう古い物をブランド買取店を利用して売ることを思いついたのであれば、少し考え直してほしいのです。


買い取ってもらうつもりでも、物が古い為に値段が驚くほど安くなるでしょうし、あるいは、値がつくどころか、査定すら断られる事態も十分にあり得ます。


長い間使い込まれた物は、どうしてもそれなりの損傷を受けていますから、なかなか値段はつかないでしょう。


ブランド買取の世界で、ビンテージという概念は通用しないということです。


手持ちのブランド品が、買取店の査定でどんな値段がつくのか気になるところですが高い値段がつけられるような物というのは、査定の時点で中古市場における人気が高く、購入を希望する人が多い商品なのです。


数年前にとても人気があったという物でも、ここのところの人気は皆無、といった場合、残念ながら、査定で良い値段がつくことはないでしょう。


この買取基準を知らずにいると「折角すごいブランド品を査定に出したのにこの程度?」と驚くことも割と多いのです。


あくまで基準は今の人気だということを頭に入れておくと、査定に出す前になんとなく、査定額の高低くらいはわかりそうです。


コーチは1941年、ニューヨークマンハッタンの高級皮革製品会社に端を発し、経営戦略が大変上手くいったこともあって、世界的ブランドに成長しました。


日本でもその人気は大変高く、名前をよく知られており、シンプルですが特徴的なコーチの「C」を使ったパターン地はすっかりおなじみのデザインとなっております。


ただし人気が高く、ある意味模倣しやすいデザインでもあり、偽物が多く市場に流れ込んでいる可能性があるので、購入は正規店に限った方が良いのですが、そうしないなら真贋を気にした方が良いでしょう。


購入したものが偽物だった場合、ブランド品買取店で取り扱ってくれることはないはずです。
  [トラックバック (0)]



2022年6月27日 8時12分
特定のブランドのファンの人に多い
 
特定のブランドのファンの人に多いかもしれませんが、良い道具を長年大事に使い、醸し出されたビンテージ感を好ましく、格好がいいと思う人は多いです。


しかしながら、そうした古い物を買取店で買い取りを希望するなら、話は違ってきます。


きっと売ろうとしても、実際には古びた商品ですから査定価格は、元の値段からは想像もつかないほど安いものとなりますし、それどころか、ひと目で取引拒否、なんてこともあるので、心の準備が必要かもしれません。


経年劣化で留め金が緩んでいる、細かいキズが多数浮いている、紐が切れかかっている、などの理由で、なかなか値段はつかないでしょう。


ブランド買取の世界で、ビンテージという概念は通用しないということです。


どちらかというと若い世代に人気のあるヴィヴィアン・ウエストウッドは1970年代のロンドンで生まれたファッションブランドです。


ともすると前衛的という言葉で集約されてしまうヴィヴィアンですが、上品さと可愛さを両立させたデザインで、ブランドロゴの王冠と地球の宝玉を模したアクセサリー類はファンが多いです。


服飾中心のブランド、という印象があるかもしれませんが、ラインナップは豊富で、アクセサリー、バッグ、財布、靴、ベルト、時計、など多様なラインナップを見せています。


ブランドの人気そのものは国内でも高いのですが、ブランド品買取店ではなかなか高額買取になることは少ないかもしれません。


大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。


数あるブランド品の中でも、買取店において査定額に期待してはいけないものとしては、洋服が断トツです。


素材や作りがしっかりしていてデザインも良い、といった物だとしても、ブランド自身がマイナーで人気がなければ査定額は、残念なものとなることが多いです。


値札がついたままの未使用品でしたらまだ、満足のいく買取金額になることもあるでしょう。


でも、着たことがある物だったら、それでもう査定額に期待はできなくなります。


それから、もはや古着と称していいような、品質表示タグの字が読み辛くなっているものなどは買取額にはまったく期待できませんので、リサイクルショップの利用を考えてみましょう。


よく知られている事実ですが、エルメスは元々馬具を作り販売をする工房で、皇帝や貴族を相手に商売をしていました。


ところが時代は巡り、四輪自動車の実用化が近づいてきました。


そこでエルメスは、馬車の急激な衰退に対処するべく、皮革製品に対する知識を生かしてバッグ、財布などを取り扱う会社へと華麗に転身し、移り変わる激動の時代を乗り切って老舗ブランドとして今もなお続いているのです。


誰もが知るハイブランドであり、一生ものとして手に入れたい、と考える人も多いようです。


使用していくにつれ、もし飽きたり、使いたくなくなったらぜひ、買取店を利用すると良いでしょう。


エルメス製品は引く手あまたのため、ほとんどの場合、高額買取が期待できます。


物の価値というのは難しいものです。


特に中古ブランド品の価値に関しては、人気によっては高値が付いたり、元の値段からは考えられないほど低い値段になったりと簡単には判断できない場合が多いようです。


なので、何気なくしまい込んでいるバッグなどに、びっくりするような高い価値があったりするようなこともあり得るわけです。


あえて斟酌せずに、ブランド品のストックがあるのなら、試しに査定を依頼してみるというのも悪くありません。


それがまさかの超人気レアアイテム、高額商品になっていてもおかしくはありません。
  [トラックバック (0)]



2022年6月26日 5時24分
ヴィトンのバッグといえば、世界的な人気商品の一つかもし
 
ヴィトンのバッグといえば、世界的な人気商品の一つかもしれません。


言わずと知れた有名ファッションブランドの一つであり、ブランド名は創始者である職人ルイ・ヴィトンからきています。


ルイ・ヴィトンといえば、言わずと知れたモノグラムでしょう。


モノグラムとは文字を組み合わせたマークのことですが、LとVの、ヴィトンのトレードマークともなっている柄は形状と相まって、落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。


ヴィトンが好きな年代というのは幅が広いのが特徴で、定番商品の人気は衰えを知りませんが、限定品や新作も発売されていて、それが話題になると、以前買った製品をブランド品買取店で買い取ってもらい、新製品を買う資金の足しにする、といったことをする人も少なくありません。


買取店に、使用しなくなったブランド品を買い取り依頼する場合、その商品購入時に付属していたギャランティカードなど、保証書となるものがあるかどうかは大事なことです。


ある方が良い、というのは当然のことで、店によりますが、ギャランティカードがついていなければ取引してくれない、ということすらあります。


ところが実は、ギャランティカード等の保証書が付属していなくても、そのお店の査定員が本物であると鑑定したなら、買い取ってくれるところも、なくはないようです。


買い取りの時にギャランティカードなどの保証書が必要とされる品物について各々の買取店がHPなどに掲載しているので、一読しておくと良いでしょう。


買取店に売ることを考えているブランド品があれば、ギャランティカードなどの付属品は紛失しないようにします。


ブランド買取業者に商品を買い取ってもらう際、つけられる価格のことですが、価格が違ってくる大きな要因として、商品が新しいか、それとも使い古されたものか、ということがあります。


もちろん、新しい方が高い値段がつくのは当たり前のことです。


使われた形跡が、ありありとわかる物でも買取サービスの対象にはなるはずですが、手入れして、見た目をできるだけきれいにしておくことは大事なことです。


目に付く汚れがあれば拭き取って、やわらかい布でやさしく全体を磨いておくのも良いでしょう。


バッグや靴でしたら、中のゴミやほこりも取ってしまって、なるべく美品にして、査定額が良くなるようほんの少し、がんばってみることも大事です。


使っているうちに、次々ブランド品が増えていき、そのうちに使わなくなる物がいくつか出てくるはずです。


そういうものを、ブランド品の価値をよく知る買取店に売ろうとする人は多くいます。


けれども、お店を利用とする際に変に急いで決定するのは良いことではなく、やめておくのが無難です。


なぜかというと、ブランド品の買い取りは個々のお店で、つく値段がそれぞれで結構違うものだからです。


そんなこともあり、利用するお店は複数のところを比べてから決定する、というのがなるべく良い値段で買い取ってもらえる方法です。


1837年に創業された、ニューヨーク生まれのブランドであるティファニーですが、よく知られているものは、宝飾と銀製品でしょう。


中でも特に指輪やネックレス、またピアスなどのダイヤモンドが使われたアクセサリーが高い人気を誇ります。


ですから、結婚指輪として、また婚約指輪にティファニーを持ちたい、と望む人が大勢います。


そして、どちらかというと女性に親しまれ、なじみのあるブランドと言えるでしょう。


ティファニーの製品を買取店で取り扱ってもらおうとするなら、その前にぜひ一度、ネットでその商品の相場を調べて、知っておいた方がいいでしょう。


そうして、その上で、業者は単独に絞らず、いくつかの店にどんな買取価格になるのか査定を受けてみましょう。


店によってだいぶ、価格が違うかもしれません。
  [トラックバック (0)]




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved