ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (1879)
アクセス数
総アクセス数: 73270
今日のアクセス: 20
昨日のアクセス: 24
RSS
2021年7月29日 0時24分
ブルガリと言えば、もはや世界の宝飾品ブランドであり
 
ブルガリと言えば、もはや世界の宝飾品ブランドであり、扱う商品はジュエリー、腕時計、香水、バッグなど様々で、品質の高いものばかりを数多く展開してみせてくれています。


1884年、イタリアのローマにて、ソティリオ・ブルガリが創業し、うまく時代の波に乗りつつ、各国へ進出を果たしていき、今や世界中に直営店のある、大ブランドになりました。


特に世間で人気のあるブルガリの時計は、買取店に持ち込めば、少々の傷が有ったとしても意外なほどの高額で、買い取ってくれる可能性があります。


商品の保証がしっかりしていないネットオークションやフリマなどで買ったブランドものの商品をお店で売却しようとしたところ、実はそれが本物と見紛うような偽物だった、ということはままありますが、大体はすぐに偽物だと明らかにされ買い取れない、ということを伝えられることになりますが、間違ってそのまま取引がされてしまうことがあるのです。


この事が後で問題になることもあり得ますから、買取店に売ることを予定しているならなおさら、ブランド品を買う時は正規店などを利用し、面白がって真贋のはっきりしないものを購入しないなどは最低限、注意しておくべきです。


よく知られている事実ですが、エルメスは元々馬具を作り販売をする工房で、皇帝や貴族を相手に商売をしていました。


丁度、革新の時代が迫っており、自動車の実用化への目途がたち普及が始ろうとしていました。


近い将来、馬が動力である時代は終わる、すなわち馬具では商売にならなくなることを悟り、馬具作りで得た皮革加工のノウハウにより、バッグや財布を製作する事業へと転換することによって、移り変わる激動の時代を乗り切って成功し続けています。


多くの女性から憧れの的となっている高級ブランドで、価格から言ってもある意味、持ち手を選ぶほどの商品です。


そしてもし、購入したエルメスを手放したい、と考えるようになったのであれば、相当高い金額での買取となるでしょうから、一度査定をしてみてはいかがでしょうか。


ブランド品買い取りの際に、業者が商品につける買取価格というのは、まずその商品が新しいか古いかというのは、高額買取になるか否かの、最初の大きな分岐点となります。


そしてむろんのこと、新しい方が古く見えるものより良い値段がつけられるというのは当たり前のことです。


少しくらい使用された跡がほとんどの場合、買い取りはしてもらえるはずですが、自分で出来る限り、きれいにしておきましょう。


バッグでしたら、見てそれとわかるような目立つ汚れは拭き取ってやり、ほこりも丁寧に払いましょう。


多少なりとも高めの査定額がつくよう手間を惜しまないようにしましょう。


好きなブランド物を買った時のワクワク感、所有できる喜びを味わわせてくれますね。


しかし使い続けられず、大事に保管しているだけになることもあります。


もう使う予定のない高価だったブランドのバッグや財布や靴、時計などといった物を価値のわかるところで売却したいと思っている人は多く、ブランド品の買取店も人気があります。


買取店を利用するなら、覚えておくと良いことがあります。


ブランド物を買い取ってもらうつもりなら、いくつかのお店でそれぞれ査定をしてもらい、価格を教えてもらいます。


こうして複数のお店のうち、より高く買い取ってくれるところを探し出せますし、結果として最もお得な取引ができることになります。
  [トラックバック (0)]



2021年7月27日 22時30分
使用予定のないブランド品は、持っておく
 
使用予定のないブランド品は、持っておくだけでは商品価値が下がるばかりですが、買取業者に売ればいくらかでもお金に換えることができます。


利用しない手はありませんが、そういった場合にPCやスマホでアクセスできる一括査定サイトが役に立つでしょう。


商品名、発売年数など売りたい品の基本情報を入力フォームに書き込むとサイトによって業者の数は異なりますが、何社かが査定を行い、結果を出してくる仕組みになっており、大した手間暇をかけずに良い値段で買い取りを行う業者はどこなのか知ることができるので、大変効率的です。


当たり前のことですが、業者から示された査定額に不服があるなら無理をせずに、売却を取りやめる方が後悔が少ないでしょう。


最近のブランド買取のやり方ですが、宅配を利用した買い取りサービスを行っているところも多く、店頭まで足を運ぶのが不要ですので、とても簡単にブランド品をお店に売ることができます。


ホームページ上から買い取りを依頼すると、配送用の段ボール箱などが送られてきますから、その箱に売却を希望する品々を入れて梱包し、お店に送ると、査定員による査定が行われます。


買い取り希望の品物が多かったり、多忙で店に足を運べないのであれば、この宅配買い取りサービスを利用するのが便利です。


さてブランド品を業者に買い取ってもらうことにしたとして、どのお店を利用すると少しでも得になるかということですが、売却を希望する品物の人気次第で業者を変更するのは、なかなか良い手です。


中古とはいえ、引く手あまたの人気ブランドであれば、名前の通った大きなチェーン店などを使えば多くの場合において、高額で買い取りしてもらえるという嬉しい結果となるようです。


しかし売りたい品物がよく知られたブランドではなかったり、人気の薄いものだったりすると大抵の大手ショップでは、マニュアルによって最初から買い取らないことになっている場合が多いため、そういった所は避けて、あまりメジャーでないところを利用した方が、売買成立まで話を持って行くことができるかもしれません。


手持ちのブランド品を売却することを考えた時、どこの買取業者を利用したらいいか迷うことも多いわけですが、買取業者による査定額を比べられるという、便利なサイトがありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


売却予定の品物について、どこのブランドか、商品名は何かなどを入力しして一括査定を申し込むことで、その情報を元に出した査定額を、いくつかの業者が個々に知らせてくれることになっています。


こうすることで各社の出す査定額を比較検討できるわけですから、なるべく高い値段がついてほしい、という人にはぴったりのやり方ではないでしょうか。


サイトから申し込む一括査定はもちろん無料であり、提示された金額に不服があるなどの場合は、買い取ってもらわなければいいのです。


なので、あまり構えずに、気楽に使ってみると良いでしょう。


新しいブランド品を購入した時、この後いつか売却するために業者を利用するつもりでいる人もいるでしょう。


そんな風に思っているなら、以下の事に注意しておきましょう。


ブランドによる品質保証書であるギャランティーカードと、ブランド物を買った時に商品に付属していたもの、箱から袋もなるべく捨てずに保管しておくべきです。


というのも、買取業者による査定時に、これらの有無により、結果もかなり変わるだろうからです。


つまり、査定に相当大きな影響があるわけですね。


一口に付属品と言いましても優先順位は当然あり、絶対に無ければならないのがギャランティーカードです。


これが付いていない品物はどこのブランドかにもよりますが、査定すらしてくれない可能性もありますから、保証書などはぞんざいに扱わない方が良いようです。
  [トラックバック (0)]



2021年7月26日 22時30分
不要ブランド品を買い取ってくれる業者に
 
不要ブランド品を買い取ってくれる業者について、査定額が利用時期によってはいくらか変わる可能性がある、ということはあり得ないと考えている人がいるかもしれません。


しかし、それは少々もったいない誤解です。


ほとんどのブランド品買取業者のお店において、お得な各種キャンペーンを行なっている期間があるのです。


肝心のキャンペーン内容ですが、例えば、査定額を数パーセント追加してくれるというもの、また溜めると特典のあるポイントが多めにつく、などです。


他には様々な場面で使用可能なクオカードをプレゼントしてくれるクオカードプレゼントキャンペーンなどがあり、HPなどでキャンペーン時期や内容を見てみるのも、お店選びの参考になるでしょう。


高価でなかなか買えなかったブランドの靴をやっと手に入れ2、3回履いて出かけたところ、ひどい靴擦れができることがわかり、使わなくなってしまった、といった例は枚挙に暇がありません。


バッグなどと違って、靴は使い続けるのが難しいことがありますね。


そんな風に、履けなくなってしまった靴がある場合、所有はあきらめて、いっそブランド買取業者に買い取ってもらいましょう。


履かない靴を、何のケアもしないまま放っておくとどんなに良いものであったとしても、くたびれていくばかりです。


ですが、まだ少ししか履いていない、そして、きれいな外見のまま、カビなどもなければ、さらに有名ブランドだったりした場合、相当高い値段で買い取ってくれるでしょう。


誰もが知るバーキン、エルメスのバッグとしてでなく、ただバーキンとして非常に知名度と存在感のあるバッグであり、商品が世に出るきっかけになったエピソードなども、伝説の様に語られており、知る人は多いです。


バーキンという商品名は、女優でありまた歌手でもあるジェーン・バーキンに依ります。


物がどんどん詰め込まれて一杯になった籠を使っているジェーン・バーキンを目にした当時のエルメスの社長が、何でも入れられる、使い勝手の良いバッグを贈らせてほしいと頼んだそうで、これが人気バッグ、バーキンの生まれたきっかけになりました。


人気の高いバッグで、とても需要が高いので、物の状態にもよるのですがほどほどの高価買取が望めることでしょう。


ブランド品を愛用する人の中には、品物を長く使っていき、ちょっとしたベテランの空気をまとうようになった道具を、大事にしている人も大勢います。


しかしながら、そうした古い物を買取店で売ることを思いついたのであれば、少し考え直してほしいのです。


買い取ってもらうつもりでも、実際には古びた商品ですから値段が驚くほど安くなるでしょうし、あるいは、ひと目で取引拒否、なんてこともあるので、心の準備が必要かもしれません。


自身にとっては好ましい、良い物であっても、古い物は長年のダメージもあり、どんなに良い物でも高値はつきません。


ブランド買取においては古い物は重宝されないことが殆どです。


様々な場面で使い勝手のいいのがブランド品というものですが、買い足していくうちにいずれ、使わなくなる物がでてきます。


使わないのであれば、いっそブランド品の買取業者に買い取ってもらうというのはいかがでしょうか。


ただしそういった際には、買取業者のことについて、ネットの口コミで書かれている内容を読んでおくと良いでしょう。


大手業者の評判の善し悪しといった情報から、対応が悪かったり、露骨に買取額を減額してきたりそもそもベースとなる金額が元からとても低いために、買取金額がどうしても安くなるお店などについての口コミを得られ、お店選びの際には、かなり参考にできるでしょう。


売買をスムーズに、しかも可能な限り有利に行ないたい場合には事を始める前に多少の知識を頭に入れておくことが売買には有利となることが多いです。
  [トラックバック (0)]



2021年7月25日 21時24分
プラダの系列としても知られるミュウミュウは、ミウッチャ
 
プラダの系列としても知られるミュウミュウは、ミウッチャ・プラダが、新しく立ち上げたブランドとなっております。


できてからまだ20数年しか経っていませんが、強い個性と、革新性、斬新さを実現していこうとしていくミウッチャプラダのブランドイメージがこめられ、若い人を中心に人気があります。


プラダの姉妹ブランドということもあって、ミュウミュウの強化買取を実施している中古買取店もあるらしく、需要も高いです。


いくつもブランド品を持っていても、その中には使うことのなくなった物もあるのではないでしょうか。


それら不要になったバッグ、靴、財布、また時計などブランド物をそれらの価値を知る店で買い取ってほしいと思っている人は多く、ブランド品の買取店も人気があります。


ところでその際、知っていると得するちょっとしたコツを紹介します。


ブランド物を買い取ってもらうつもりなら、いくつかのお店で査定を受けてみて、どんな値段になるか教えてもらいましょう。


そうすると、最も高い値段で買い取りをしてくれそうなところを探し出せますし、結果として最もお得な取引ができることになります。


知名度の高い、高級宝飾品ブランドであるブルガリと言えば、宝石、時計、アクセサリーなどを扱い、また、後になるとバッグや香水などの、数々の質の高い商品を生み出し続けております。


1884年、イタリアのローマにて、ソティリオ・ブルガリが創業し、時間が経つにしたがって、順調に発展をとげ、現在においては、世界各地に直営店を持つ、ハイブランドへと成長しました。


ブルガリの時計に関して言えば、その買取額は人気は大変高く、また、時計は修理ができますから、相当良い値段で買い取ろうとする店は多いはずです。


好きなブランドの高価な靴をデザイン重視で購入し、何度か使用してみたものの、微妙に形やサイズが合わないのか、履く度に足が痛くなるからもう履かない、などということは、意外とよくある話です。


そんな風に、履けなくなってしまった靴がある場合、中古のブランド品を買い取ってくれる業者の利用を、考えてみてはいかがでしょうか。


使わないでいる靴を、簡単な手入れをすることもなく置いておくとどんどん古びて、価値もなくなっていきます。


ほとんど使用せずにいて、まだまだきれいな見た目を維持しており、当然カビも大きなキズもないなら、かなり良い査定結果が出るでしょうから、高額で買い取ってもらえそうです。


今から約百年ほど前の1914年、バレンシアガは、デザイナー、クリストバル・バレンシアガによってスペイン国内にて設立されたファッションブランドです。


内戦により、スペインからフランスへ本拠地を移したのが1930年代で、以降、フランスのファッションブランドとして知られるようになりました。


所謂、ラグジュアリーブランドであり、エルメスなどと同様、ハイブランドとして存在しており、服、バッグ、靴、宝飾、香水、時計、などと、扱う商品は様々です。


ブランド品の買取店で、バレンシアガの製品を売るつもりなら、財布やバッグ、小物などは、かなりの高額買取になる可能性が高いです。
  [トラックバック (0)]



2021年7月24日 21時24分
創業当初、エルメスはパリにある
 
創業当初、エルメスはパリにある馬具工房でした。


その顧客には皇帝や貴族が多く、事業としてうまく軌道に乗っていました。


程なくして、フランスにも産業革命の波が押し寄せ、人や物が馬車ではなく自動車で運ばれる時代の兆しが、この頃すでにありました。


近い将来、馬が動力である時代は終わる、すなわち馬具では商売にならなくなることを悟り、皮革製品に対する知識を生かしてバッグ、財布などを取り扱う会社へと主軸をずらしていくことにより、激動の時代を乗り切り、時流を読んで、成功し続けています。


多くの女性から憧れの的となっている高級ブランドで、価格から言ってもある意味、持ち手を選ぶほどの商品です。


そしてもし、購入したエルメスを手放したい、と考えるようになったのであれば、買取店を利用すると良いでしょう。


エルメス製品は引く手あまたのため、ほとんどの場合、高額買取が期待できます。


フェラガモ、と呼ばれる方が通りが良いようですが、正式にはサルヴァトーレ・フェラガモで創業者の名前がそのままブランド名となっています。


靴作りに対する姿勢は真摯であり、解剖学を学んでまで、履き良い靴を追求しようとしました。


高い品質と、靴としての機能の素晴らしさは、人々が知るところとなり、フェラガモファンは世界中にいます。


フェラガモといえば靴、というのはその通りなのですが、それに加えてバッグ、財布などの商品も出してきて、近年ではパリコレをはじめ様々なコレクションにも出場しトータルファッションブランドとしても認知されています。


ところで、そんなフェラガモの靴を、あまり履かないまましまいこんでいるなら、人気のあるブランド靴ですから、一度査定してみると良い結果が得られるかもしれません。


数が多ければ、出張買取という手もあります。


特に若い世代からの支持が熱い、ヴィヴィアン・ウエストウッドはロンドン発祥のファッションブランド名であり、創始者の一人である女性デザイナーの名前でもあります。


革新的、前衛的と称されることが多いのですが、かわいさと上品さを体現しており、王冠と地球の宝玉を表したものがブランドロゴマークですが、これをアレンジした数々のアクセサリーも魅力の一つです。


服飾中心のブランド、という印象があるかもしれませんが、バッグや財布といったものからアクセサリーに靴、ベルト、それから時計や小物の類まで多様なラインナップを見せています。


このブランドは、日本国内でも人気は高いのですが、買取店においてその商品は少々マイナーな部類に入ることもあって、査定結果は分かれるところでしょう。


ブランド品買取の世界において、腕時計の扱いといえば、原則として正常に動くものしか買い取ってはもらえず、故障でもしていればどんな買取店であれ、買い取ってはくれないケースがほとんどでした。


ですが、今ではこういったことはありません。


というのも、故障した腕時計や、少々古いもの、目に見えるような傷がついているもの、それにバンドが切れてしまっているなど、状態の良くないものであっても、高級ブランド品である、ということであれば、そのことだけで大多数のお店で、買取を行ってくれるようになっています。


ただ、例外もあります。


あまりに損傷が激しい場合は買取を断られることもあり得ますので、店に問い合わせてみると良いでしょう。


ブランド品に限った話ではありませんが、その物の価値がどれくらいになるか、というのはかなり判りにくいものなのです。


数回使用しただけでもう、なんとなく出番がなくなってしまったバッグや小物に、ちょっと意外な程の高値が付くといったケースも珍しくはないのです。


いい話ばかりではないにせよ、そして売買の話が最後まで進むかどうかは「売ってもいいかな」と思えるようなブランド品があるなら、試しに査定を頼んでみるのはいかがでしょうか。


普通の品だとばかり思い込んでいた手持ちのブランド品が、高値で取引される人気の品になっていた、といった例もあるにはあるのです。
  [トラックバック (0)]




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved