ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (1738)
アクセス数
総アクセス数: 66309
今日のアクセス: 26
昨日のアクセス: 48
RSS
2021年2月26日 9時6分
ギャビー・アギョンが1952年に創業したクロ
 
ギャビー・アギョンが1952年に創業したクロエは世界的なファッションブランドの一つで、本店はフランス、パリにあります。


デザインは高級感のある手の込み具合と、カジュアルさの両面があり、女性たちから大きな支持を集め、人気があります。


このクロエというブランドが、一流ブランドへと飛躍を遂げたのは、後々、いくつもの有名ブランドのデザイナーを兼任する名デザイナー、カール・ラガーフェルドが社内にヘッドデザイナーとして迎え入れたことが、そのきっかけとなったとされています。


ブランド品買取店でクロエを高値で売却したいのなら、できるだけ複数の買取店で査定をしてもらうようにし、クロエに詳しく、適切な買取額を提示してくれる店を探すのが高い値段で買い取ってもらうためのやり方です。


長い年月、ブランド品を大事に使用していくことによって、熟成させた感じを楽しむ人は多いです。


物が良いだけに、風合いが良くなったりするのです。


ですが、そういった古い商品を買い取りを希望するなら、話は違ってきます。


きっと売ろうとしても、物が古い為におそろしく低い買取額になることはまず間違いありませんし、そもそも査定もしてもらえないことだって最悪、あるわけです。


大事にケアしつつ使っていても、経年劣化は避けられませんので、なかなか値段はつかないでしょう。


ブランド買取の世界で、ビンテージという概念は通用しないということです。


不要になったブランド品を買取店で売却しようとする時に、ギャランティカード(あるいはギャランティタグ)がついているかどうかは、重要な点です。


これについては、ある方が断然良く、どういった商品か、あるいは店によっては、ギャランティカードがついてない場合は買い取りを断られることも珍しくありません。


ところが実は、ギャランティカード等の保証書が付属していなくても、そのお店の査定員が本物であると鑑定したなら、取引可能、というところもあります。


ブランド品の中には、ギャランティカードが付属していないと商品として認められない、というものもありどこの店でも情報をあげているはずですので、参考にしましょう。


ただ基本的には新品で購入した時、商品についていたものは取っておいた方が良いでしょう。


ハイブランドと知名度と比べれば少々マイナーの部類とはいえ、若い世代を中心に人気を集めるヴィヴィアン・ウエストウッドは1970年代のロンドンで生まれたファッションブランドです。


前衛的なデザインで知られますが、都会的な上品さを兼ね備えており、製品にあしらわれるロゴマークも人気があり、これは王冠と地球をモチーフにした宝玉とされています。


服飾が目立つブランドなのですが、それだけではなく、バッグ、靴、時計やアクセサリー、といったものなど色々揃っていて、コレクターにとっては集める楽しさがあるでしょう。


このブランドは、日本国内でも人気は高いのですが、買取店においてその商品はなかなか高額買取になることは少ないかもしれません。


あこがれのブランドの高価な靴を買ったものの、履いてみると、微妙に形やサイズが合わないのか、履く度に足が痛くなるからもう履かない、といった例は枚挙に暇がありません。


バッグなどと違って、靴は使い続けるのが難しいことがありますね。


この様に、履かない靴を持て余してしまっている人は、すっぱりその靴への未練は切り捨てて、ブランド品を買い取ってくれる業者を利用してみましょう。


買い取ってもらうつもりになったら、あまり遅くならない方がいいかもしれません。


靴は手入れをしないで適当に保管しておくとせっかくのブランド靴も劣化し、商品としての価値が落ちていきます。


数えるほどしか履いていなくて、まだまだきれいな見た目を維持しており、当然カビも大きなキズもないなら、これは思った以上の高額で、買い取ってもらえる可能性が高いです。
  [トラックバック (0)]



2021年2月25日 8時18分
オメガはスイスの高級腕時計メーカーです。オメ
 
オメガはスイスの高級腕時計メーカーです。


オメガといえば、スピードマスター、誰もが知る名シリーズです。


ハイクラスのスピードマスターなら需要は高く、高額買取も期待できるでしょう。


ですが買取店に行く前に、相場の価格は知っておきましょう。


ある程度の数字は把握しておかなければ、店がその価値を十分理解しないか、在庫が有り過ぎるなどした場合、格安の査定額を出してきますが、それを格安だと判断できないでいると大きく損をすることになります。


さて、ブランド品買取のお店では、時折、買取金額を限定期間中は数パーセントアップするといったお得この上ないキャンペーン期間を設けることがあります。


それ程急いでもいるわけでもない、という場合は、なるべく高価に買い取ってもらえるように、そんなお得キャンペーン開催中のうちに店を利用し買取額のアップを図ると良いです。


どこのブランド品買取店においても、扱う商品は様々なのですが少し毛色の変わったものとして特筆すべきは、ルイ・ヴィトンやシャネルといった、誰もがよく知る高級ブランドのノベルティグッズがあります。


よく見られるのは、鏡、ポーチ、遊び心あふれるおもちゃに至るまでいろいろありますが、主にそのブランドの商品を買うことにより、無料でプレゼントしてもらえるレアアイテムであるノベルティグッズは、コレクターが大変多く、人気も高いということで、割と良い値段がつくことも多いのです。


なので、プレゼントされたまま未開封でおいてある、なんてグッズをお持ちであればぜひ、買取店で査定を受けてみると良いでしょう。


正規品の靴やバッグより良い価格がつくこともあります。


ニューヨーク生まれのブランド、ティファニーは1837年の創業で、ジュエリーとシルバー製品で名を馳せております。


特に指輪やネックレス、またピアスなどのダイヤモンドが使われたアクセサリーが高い人気を誇ります。


ティファニーのダイヤモンドを結婚指輪、婚約指輪に、と是非にとセレクトする人も多く、どちらかというと女性に親しまれ、なじみのあるブランドと言えるでしょう。


使わなくなったティファニーを買取店に売却するつもりなら、ぜひ、事前にネット情報で十分ですので、今の相場を調べておき、業者をすぐに決めてしまわず、面倒でも複数の店でどんな買取価格になるのか査定を受けてみましょう。


店によってだいぶ、価格が違うかもしれません。


世界的に名高いブランド、ブルガリは宝飾品のブランドとして知られ、扱うものは、ジュエリーや時計、香水、バッグなど、多くの質が高い商品の数々を発表してくれています。


ソティリオ・ブルガリは1884年、ローマにてブルガリを立ち上げました。


徐々に発展し、各国に進出を果たしていって、世界中に直営店を持つような、巨大ブランドになっています。


少なくとも、ブルガリの時計に限定していえば、買取点では、少々の傷が有ったとしてもかなりの高額で、買取を行ってくれる店が殆どでしょう。


憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエルメスのバーキンですが、その商品誕生のきっかけなどについても知る人は多く、バーキンという商品名は、女優でありまた歌手でもあるジェーン・バーキンに依ります。


この人が持っていた、たくさんの物が詰め込まれた籐の籠を目にした当時のエルメスの社長が、何でも入れられる、使い勝手の良いバッグをプレゼントさせてほしいと申し出た、というのが名作バッグ誕生のそもそもの発端でした。


稀に見るほど需要の高い商品ですから、よっぽどのことがない限り高い値段での買取が期待できます。
  [トラックバック (0)]



2021年2月24日 8時12分
フランスのパリで生まれた名門ブラ
 
フランスのパリで生まれた名門ブランド、カルティエは、ジュエリーと高級時計でよく知られ、いくつもの王室のご用達だったこともある一流ブランドです。


商品にロゴを大きく入れたり、全面にちりばめるなど、ブランド名を協調することはあまりなく、目立ちにくいかもしれません。


また、シリーズものの数の多さから見えるようにデザインは多彩であり、多くの世代から選ばれています。


それと機能性を持ちあわせた品質の確かさもあって人気は高く、様々な価格帯の商品を揃えて販売しているブランドです。


カルティエのジュエリーは、特に女性に大変人気があります。


そのため、大切な結婚指輪、また婚約指輪にも、カルティエを、と希望する人は多くいます。


ですが、そうしてプレゼントされたと覚しきアクセサリーをあっさりブランド品買取店に売却する人もいます。


10代にしか見えないような若い人も、ブランド品を身に着けている今日この頃ですが、買取店でブラド品を売ることは実は年齢制限があることを知っておきましょう。


規定は店ごとに異なっており、未成年から買い取りをしない、とするお店や、売却に保護者が同意していて、書類を用意していれば18歳以上の未成年でも、買取をしてもらえるなどといったお店もあり、その対応は様々です。


未成年の人が、買取店を利用しようと考えているなら、そのお店の情報、特に年齢制限のところなどはチェックしておく必要があります。


もう使わなくなったブランド品を、買取業者に売却しようと考えたならその前に、買取業者のことについて、ネットの口コミで書かれている内容をざっと読んでおくと、色々なことを知ることができます。


大手業者の評判の善し悪しといった情報から、買取金額の決定にあたり金額を下げる方向に必死になる業者のことや買取の金額が初めから低く設定してあるところなどの口コミ情報を収集でき、実際の場面で役に立つからです。


せっかくのブランド物に、なるべく高い値段がつくことを望むのであれば売却前に少し知りたい点を調べてみることも大事ですので、損をしないために少し時間をかけましょう。


買取店でブランド品を買い取ってもらうにあたりほぼ間違いなく高値がつくのは、今の時点で人気商品であるということ、誰もが買いたいと思うような品物です。


以前どれだけ絶大な人気を誇っていたとしても、現在それ程でもない、むしろ古い感じがする、といった物に関しては、まず、高い値段になることはなさそうです。


この買取基準を知らずにいると「折角すごいブランド品を査定に出したのにこの程度?」と驚くことも結構あるようなのです。


査定額は今時点の人気、需要の有無がポイントだと知っておけば、査定の時に大体、高額査定かそうでないかざっくりと予想がつくかもしれません。


愛好者が多く、よく親しまれているブランド、シャネルについてですが、革新的なアイデアで時代を切り開いていった女性デザイナー、ココ・シャネルによって創業され、この人が自ら広告塔となって、世の女性ファッションについて問い続けました。


創業当初はシャネル・モードという名前の帽子屋さんだったのですが、徐々に服、香水やコスメといったように、取り扱う分野は広がっていきます。


今ではバッグ、靴、時計などと幅広く、各種様々な商品が販売されています。


とても人気の高いブランドの一つで、需要も高く、買取店では、商品にもよるものの結構な高額買取があるかもしれません。
  [トラックバック (0)]



2021年2月23日 7時36分
この先使うつもりのないブランド品
 
この先使うつもりのないブランド品があるなら、どこかにしまいこんだままにしないで、売ってお金にすることを考えてみましょう。


そうしたブランド品を買取業者に売却したいと考えるのなら、買取価格は「なるべく高く」と願ってしまいますね。


しかしながら、ブランド品の買取価格は、どこの同じというわけでは決してありません。


ですから損をしたくなければ、最も高値をつけてくれるところを探し回らなくてはいけないことになってしまいます。


ですが、実のところ、手間いらずで探す方法がちゃんとあります。


一括査定サイトという、正にこうした事態に対処するためのシステムを使うと、複数の業者が出す査定額を知ることができます。


ちなみに、この一括査定の申し込みは無料で行えます。


長い年月、ブランド品を大事に使用していくことによって、使い込んだ味が出てくるのを好む人もいます。


確かにそうした革製品などは感じが良いものです。


しかし、そういう古い物をブランド買取店を利用して売って換金しようと考えるなら、それはあまりおすすめできません。


売ろうとしても十中八九、古いものだから、と値段はとんでもなく安くなることになりますし、そもそも査定もしてもらえないことだって最悪、あるわけです。


長い間使い込まれた物は、どうしてもそれなりの損傷を受けていますから、いい値段は到底期待できないのです。


古い物が貴重なもの、とみなす風潮はブランド買取の世界ではない、と考えてください。


手持ちブランドを売ろうと考えた時、買い取り相場を知りたくなるものですが、物によるとはいえ、あまり正確な情報を得られない場合があります。


ところが、有名ブランドのバッグであれば、話は別です。


ネット検索でもかけてみれば簡単にわかってしまいます。


中でも、鉄板の人気を誇る定番商品の場合ですとその常に変わらぬ人気ぶりによって、買い取り相場はほとんど変わることなく、予測しやすいのです。


それとは違い、中古価格がいくらになるかつかみにくいものが、マイナーなブランドであったり、商品、それに発売時期が新しすぎるもの、相場のパラメーターである人気が、うつろいやすい流行に依存するアクセサリー、装飾品の類です。


こういう類の買い取り価格相場は変動が激しく、ネットで情報を得るのは難しいです。


価格を知りたければ、お店で査定を受けるしかないのが現状です。


手持ちの不要なブランド品を買取店で買い取ってほしい時は、宅配買取サービスを使うことによって、お店に商品を持って出かけるのが不要ですので、とても簡単にブランド品をお店に売ることができます。


ブランド品を買い取ってほしい、とお店に連絡すると、箱や緩衝材などの専用配送キットが送られてきますので、入るだけそこに品物を詰め込み、お店に返送すると、お店の査定員が、それらを査定してくれます。


査定してほしいブランド品が多数ある場合や、店まで行く暇がないのなら、宅配での買い取りも、考えてみては如何でしょうか。


サルヴァトーレ・フェラガモは、フェラガモと短く呼ばれて親しまれておりますがこのブランド名はもちろん、創業者の名前です。


フィレンツェで1927年に創業する前にはアメリカにいて、ハリウッドスターたちが彼の作る靴の顧客でした。


追及された機能と品質の良さでよく知られ、人気は非常に高いです。


名声の確立した靴という強みがフェラガモにはあり、商品は靴が中心ではありますが、バッグや財布や小物の展開も見られ、パリコレクションにもエントリーするようになるなど着々とトータルファッションブランドとしてのイメージを固めてきているようです。


履かなくなってしまったフェラガモの靴を持っていてただ保管しているだけ、という状態であれば劣化してしまう前に、ブランド品買取店を利用してみてはいかがでしょう。


商品の数が多いなら、お店から来てもらえる出張買取を利用すると良いですね。
  [トラックバック (0)]



2021年2月22日 4時12分
大雑把にブランド品とはいっても、物
 
大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。


数あるブランド品の中でも、買取店において査定額を提示されて、最も落胆する確率が高いのが、もっぱら洋服ではないか、と巷では言われています。


とても品質が良くて、デザインも一般受けしそうに思える服も、よっぽどの大人気ブランドの、しかも人気商品でない限りとても低めの査定額になることが予想できます。


未使用で、タグがついているようなほぼ新品ならそれなりに高額で買い取ってもらえる可能性がありますが、新しくても着たことがあれば、査定額は格段に落ちるでしょう。


そこそこ着用して、既に新品感がまったく消えた物になると大変安い買取額になるか、もしくは買い取ってもらえないこともあります。


手持ちブランドを売ろうと考えた時、買い取り相場を知りたくなるものですが、物によるとはいえ、あまり正確な情報を得られない場合があります。


ところが、有名ブランドのバッグであれば、買い取り価格の相場がインターネット検索によって相当正確な情報を得られるでしょう。


同じブランドバッグの中でも、絶大な人気の定番商品であればなおさらその常に変わらぬ人気ぶりによって、そのため価格の相場はあまり動くこともなく、おおまかながら調べれば、買取価格がわかるのです。


まったく反対の様相を見せ、相場がどれくらいかわかりにくいもの、それが、マイナーなブランドであったり、商品、それに発売時期が新しすぎるもの、そして常に人気が上昇したり下落したりするアクセサリー類全般、そういった商品です。


こういった商品に関しては、それぞれに査定を受けないと、価格はわからないでしょう。


知名度と人気が高く、所有したいと願う人が引きも切らない、エルメスのバーキンについてですが、名称にまつわるエピソードは良く知られており、イギリス出身の女優で歌手である、ジェーン・バーキンが商品名の由来となっています。


この人が持っていた、たくさんの物が詰め込まれた籐の籠を五代目にあたるエルメスの社長が目撃し、いろいろなものを次々と入れることができる、便利で使い良いバッグをプレゼントすることにしたのが、バーキンという名作が生まれた理由です。


人気の高いバッグで、とても需要が高いので、よっぽどのことがない限り高い値段がつくことになるでしょう。


略称をフェラガモ、正式名称サルヴァトーレ・フェラガモはデザイナーの名前がそのままブランド名となっています。


イタリア、フィレンツェでの開業は1927年ですが、それ以前から大勢の顧客のいる程の熟達した靴職人でした。


どちらかといえば名より実、ブランド名もありますが、その品質の高さと使いやすさによって、多くの人に信頼されているブランドです。


フェラガモといえば靴、というのはその通りなのですが、それに加えてバッグ、財布などの商品も出してきて、各国コレクションにもブランドとして名を連ねておりトータルファッションブランドとしても認知されています。


もし、もう使用しないフェラガモの靴をしまいこんでいるなら、買取を検討してみると良いでしょう。


何足もあって面倒、という場合は出張買取が便利です。


ブランド品を愛用する人の中には、品物を長く使っていき、使い込んだ味が出てくるのを好む人もいます。


確かにそうした革製品などは感じが良いものです。


ですが、そういった古い商品を売却するとなると、話は別です。


買い取ってもらおうとしても、物が古い為にがっかりしてしまう程の低価格になることが予想できますし、何年以上使っている物は買い取りお断り、となることも考えられます。


経年劣化で留め金が緩んでいる、細かいキズが多数浮いている、紐が切れかかっている、などの理由で、なかなか値段はつかないでしょう。


ブランド買取の世界で、ビンテージという概念は通用しないということです。
  [トラックバック (0)]




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved