ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (2041)
アクセス数
総アクセス数: 80645
今日のアクセス: 26
昨日のアクセス: 49
RSS
2022年1月22日 15時30分
不要になったブランド品の扱いについ
 
不要になったブランド品の扱いについてですが、大事にしまいこんでいても勿体ないものです。


元の値段からは相当落ちるものの、いくらかの現金になるように業者への売却を検討してみてはいかがでしょうか。


ここ最近はテレビCMやネットの広告などでもおなじみになりつつある、ブランド物を買い取ってくれる業者を利用するのが手持ちのブランド品を売却したいと考えているのであれば有用性が高く、知っておいて損はありません。


なにしろ、ブランド品を持って直接店舗に足を運ぶという手間をかける必要なく、売却を希望するブランド品の査定を受けることができます。


それにもし提示された金額に不満があれば、査定その他の手数料や発送料は請求されずに持ち主に返品されるようになっており試しに一度利用してみるのはいかがでしょうか。


売買がうまくいけば、得になるばかりです。


愛好家の中には、良品質のブランド品を長期間上手に使用して、醸し出されたビンテージ感を好ましく、格好がいいと思う人は多いです。


しかし、そういう古い物をブランド買取店を利用して売ることを思いついたのであれば、少し考え直してほしいのです。


買い取ってもらうつもりでも、実物の古さのあまりにおそろしく低い買取額になることはまず間違いありませんし、値がつくどころか、査定すら断られる事態もあるので、心の準備が必要かもしれません。


大事にケアしつつ使っていても、経年劣化は避けられませんので、どんなに良い物でも高値はつきません。


ブランド買取においては古い物は重宝されないことが殆どです。


当初はパリ郊外にある鞄店だったヴィトンは、今やバッグ、財布など多彩な製品を扱う世界有数のファッションブラントとなりました。


ちなみに、ブランド名のルイ・ヴィトンは、スーツケース職人だった創始者の名前からつけられています。


LとVの文字を利用したモノグラムと、いくつかのシンボルマークを配した、ブランドの顏ともなっている模様はまさにヴィトンといった、ゴージャス感があります。


ヴィトンというブランドは世代に関係なく、大変息の長い人気を誇り、しばしば発表される新作、購買欲をくすぐる限定品を好む層もいて、それらが出ると、以前購入し、使っていないヴィトンを買取店で売って換金し、話題の新作を買うことにしている人もいるようです。


中古ブランド品の買取店が大抵嬉しい買取になるプラダですが、マリオとフラテッリ、二人のプラダ兄弟によってつくられたイタリア生まれの高級ブランドとしてよく知られています。


始めの頃は、店名を「プラダ兄弟」といい、皮革製品の店でしたが、素材からこだわった高い品質の製品を作り、イタリア王室のご用達ともなりました。


マリオの孫であるミウッチャ・プラダがオーナー(兼デザイナー)に就任すると、そのコンセプトを「日常を贅沢に飾る」とし時代に合った素材、革新的なデザインの商品を開発していき、世界を巻き込む大きなブームを呼びました。


もう使わなくなったブランド品を、買取業者に売却しようと考えたならその前に、買取業者のことについて、ネットの口コミで書かれている内容を読んでおくと良いでしょう。


まず、色々な業者がいることがわかります。


たちの良くないところもありますし、言いがかりを疑うレベルであれこれと難癖をつけ、買取額を減らそうとしてくるところや買取の金額が初めから低く設定してあるところなどの口コミ情報を知ることができるでしょう。


こうした口コミを単なる噂話と捉えるのは間違ってはいませんが、貴重な情報も多いので、できれば読んでおいた方が良いのです。


売買をスムーズに、しかも可能な限り有利に行ないたい場合には売却前に少し知りたい点を調べてみることも必要となってきますから、手間を惜しまないようにするのが賢明です。
  [トラックバック (0)]



2022年1月21日 15時12分
買取業者に手持ちのブランド品の査定を頼んだら
 
買取業者に手持ちのブランド品の査定を頼んだら、一体どれ程の値段がつくのかをどうにかして知っておきたいのであれば、スマホなど携帯機器のカメラで売却したいブランド品を撮り、その画像を送付して査定を受けるということもできます。


この方法だとブランド品をどこかに送ったり、持って行ったりしなくてもよく、幾分か気軽に業者の査定を受けられるのではないでしょうか。


ところで、写メ査定での金額は暫定的なものです。


最終的な買取金額は、写真ではなくて実物を見た上で決められるからです。


バッグからアクセサリーなどので小物類に至るまで、どれも例外なく、送った画像で確認できなかった部分にキズがあったりした場合は当たり前の事ですが、その数や程度に沿って減額されます。


ですから、写メでの査定額と実際に提示される買取額の差に驚くことになる場合もあり得ます。


1914年といえば第一次世界大戦の始まった年ですが、バレンシアガはこの年、スペイン人のクリストバル・バレンシアガの手によって創業されたブランドです。


ブランド設立後、内戦を理由にスペインからフランス、パリへ本拠地を移し、以降、フランスのファッションブランドとして知られるようになりました。


ラグジュアリーブランド、つまりルイ・ヴィトンやエルメスのように、ハイクラスのブランドとして存在し、服、バッグ、靴、宝飾、香水、時計、などと、ファッションに関連した様々な商品を取り扱っています。


中古ブランドを買い取るお店では、バレンシアガのバッグ、財布、小物などについては、高値で売ることができるでしょう。


大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。


数あるブランド品の中でも、買取店において特に、査定額が低くなるものの代表として洋服が挙げられます。


とても品質が良くて、デザインも一般受けしそうに思える服も、人気ブランドの人気商品でない場合は査定額は、残念なものとなることが多いです。


新品同然の未使用品、値札もつきっぱなしといった商品ならまだ、満足のいく買取金額になることもあるでしょう。


でも、着たことがある物だったら、それでもう査定額に期待はできなくなります。


そこそこ着用して、既に新品感がまったく消えた物になると買取額にはまったく期待できませんので、リサイクルショップの利用を考えてみましょう。


10代にしか見えないような若い人も、ブランド品を身に着けている今日この頃ですが、所持しているブランド品を、ブランド買取店で売却することは基本的に20歳未満の人はできないことなっていますので、気を付けましょう。


規定は店ごとに異なっており、原則として20歳未満の人との取引はしない、としたり、保護者が認めていることを証明する同意書を提出できるのなら18歳以上、20歳未満の人との取引を認めてくれるなどといったお店もあり、その対応は様々です。


それでも買い取りを希望するのであれば、お店のサイトなどを見て、取引可能かどうかチェックしておく必要があります。


買い取り商品を選ぶ業者、つまりお店にとって良い商品、売れる見込みのある商品のみ買い取ろうとする、商品を厳しく選ぶ目を持つ業者が相手だと、使用感のある古めの製品、型落ちの製品などは、人気も需要もありませんから取り扱ってもらえないことがあります。


こうした店で買い取りを拒否されたような商品を売りたいなら、ギャランティカードや外箱といった付属品を紛失していても買い取ってくれる、ある意味ゆる目の業者を利用すると良いかもしれません。


利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、買取希望の商品を全部そのお店に任せたりせず、手間ではありますが、高額で売却できそうな物は別のお店で売却するようにしましょう。
  [トラックバック (0)]



2022年1月20日 15時12分
比較的若い人達から人気を集めてい
 
比較的若い人達から人気を集めているヴィヴィアン・ウエストウッドは、ロンドン発祥のファッションブランド名であり、創始者の一人である女性デザイナーの名前でもあります。


前衛的なデザインで知られますが、都会的な上品さを兼ね備えており、ブランドロゴマークは王冠と地球をモチーフとしたオーブを表現していて、アクセサリーにもふんだんに取り入れられており、これも人気です。


ヴィヴィアン・ウエストウッドの商品は服飾がメインのようですが、バッグや財布、アクセサリーや靴、ベルト、小物、時計と服飾に関わる周辺商品も充実しています。


国内での人気は高いヴィヴィアン・ウエストウッドなのですが、その商品の買取店における扱いを見てみると少々マイナーな部類に入ることもあって、査定結果は分かれるところでしょう。


いろいろなブランド品がありますけれど、買取店で売却を試みる際に洋服ほど、査定に期待をしてはいけない物はないようです。


良質の素材で、作りも良くデザインも万人向け、というような服でも、人気ブランドの人気商品でない場合は店で算出される査定額は、かなり低めになるでしょう。


新品同然の未使用品、値札もつきっぱなしといった商品ならそれなりに高額で買い取ってもらえる可能性がありますが、着たことがある物だったら、それでもう査定額に期待はできなくなります。


何度も着用し、何度かクリーニングをしたこともあるようなブランド服は高額買取などはあり得ませんし、ひょっとすると買取拒否もあり得ます。


多大な期待は禁物です。


様々な職を経たグッチオ・グッチが、満を持して創業したのが1921年であり当初はレザー製品で名を高めました。


後にはアメリカ進出、世界的ブランドともなったこのブランドの日本上陸は1964年です。


その商品を見てみると、お馴染みのバッグ、靴、財布などといった皮革製品はもとより、様々なウェア、香水、アクセサリー類や時計などと関わる分野は多く、商品の種類は間口の広さでもあるでしょう。


こういった点もグッチというブランドの特徴です。


その歴史はお家騒動などもあってかなりドラマチックなのですが、そんな中、大勢のデザイナーが任をこなし、関わり、そこから生まれた派生ブランドも多く存在します。


ブランドのファンは多く、変わらぬ人気を保ち続けるグッチの商品は、どこのブランド品買取店でもいつだって、高水準の査定価格で対応してくれることが多いはずです。


知名度の高い、高級宝飾品ブランドであるブルガリと言えば、宝石、時計、アクセサリーなどを扱い、また、後になるとバッグや香水などの、多くの質が高い商品の数々を作り続けているのです。


ソティリオ・ブルガリは1884年、ローマにてブルガリを立ち上げました。


長い歴史を経ていくうち、各国へ進出を果たしていき、今や世界中に直営店のある、大ブランドになりました。


買取店においては、ブルガリの時計であれば、本体やバンドに少しくらい傷ついていても、思った以上に高い値段で、買い取ってもらえるかもしれません。


これから売却したいと考えているブランド品があり、これを査定に出すとどんな値段になるかどうにかして知っておきたいのであれば、カメラ機能の付いたスマホなどで撮影した画像を業者に送り、査定を依頼することも可能です。


この方法だとブランド品をどこかに送ったり、持って行ったりしなくてもよく、気軽に査定を申し込めます。


ですが、こうした写メによる査定で出された価格がそのまま、実際の買取価格になるわけではありません。


というのも、最終的な買取価格は、実物の状態確認が済んでから決められるものだからです。


バッグからアクセサリーなどので小物類に至るまで、どれも例外なく、撮影した写真に映り込んでいない場所に何かキズでもあった時にはもちろん、写メ送付による査定額からその分だけ、減額されていきます。
  [トラックバック (0)]



2022年1月19日 15時6分
使わなくなったブランド品は、そのままだとまさに
 
使わなくなったブランド品は、そのままだとまさに宝の持ち腐れというものです。


でも買取業者に売れば、元々の値段とは比べものにならないものの、ある程度のお金になります。


どうせなら少しでも得をしたいですね。


そこでPCやスマホでアクセスできる一括査定サイトが役に立つでしょう。


何という商品でどこのメーカーなのか等、売りたいブランド品の情報を書き込んで査定の申し込みをすると五社かそれ以上の業者が、その情報を元にした査定額を教えてくれるシステムで、あちこち電話したり店舗を巡ったりしなくても、在宅のままどこの業者が一番高く買い取ってくれるのかがわかるでしょう。


また、買い取り額として提示された金額に納得いかない場合は買い取ってもらう必要はありません。


頂き物のロレックスがあります。


ロレックスは初めてだったので珍しさもあって数回使ってみたのですが、しっくりこなくて放置することが増え、そして全然使うことがなくなったのですが、まだまだきれいな状態で、置いておくだけではどう考えても勿体なさすぎますから、そういったブランド品には詳しいであろう、ブランド品買取店に持ち込み、査定してもらおうと思いました。


店の鑑定士が、傷の有る無しなどといった時計の状態を細かくチェックし、また今はどれくらい人気があるのかといったさまざまな理由が影響しつつ査定額は、算出されるということでした。


プレゼントされた当初からずっと持っていた、箱とか保証書も全部まとめて、それと、当方の希望価格として、事前にネットで仕入れておいた金額を申し入れておき、買取店に査定を依頼してみたのです。


デザインが気に入って買った高価なブランドの靴。


でも数回履いてみたら、微妙に形やサイズが合わないのか、履く度に足が痛くなるからもう履かない、といった例は枚挙に暇がありません。


バッグなどと違って、靴は使い続けるのが難しいことがありますね。


この様に、履かない靴を持て余してしまっている人は、お金に換えることを考えましょう。


ブランド買取店を利用してみることをおすすめします。


そうする場合は、なるべく早めにした方がいいです。


保管状況にもよりますが、靴は手入れもせずに置いておけばいくら元が良くても、じわじわ劣化していくのは当然です。


ほとんど使用せずにいて、きれいな外見のまま、カビなどもなければ、結構な値段で買い取ってもらえるはずです。


ネットの広告などでよく見かけるようになったブランド品買取サービスなのですが、利用するにあたってはそのためのコツというものがあります。


例えば、一括査定サイトという、オンラインサービスを使うことによってどこのお店で一番高くブランド品が売れるのかを知り、利用します。


一括査定サイトからは、簡単に何社かの買取業者に査定を申し込めます。


業者からそれぞれ査定額を提示されるので、こうして一番査定額の大きい業者を簡単に見つけることができるわけです。


またちょっとしたことですが、実物を見てもらう本査定の前には、商品の見た目をきれいにしておきましょう。


しかしながら、これもちょっと張り切り過ぎてしまうと却って品物を傷めることになりかねません。


ここは、簡単に埃を取ってから、よく乾燥した布で軽く拭くようにするだけで充分です。


正規店からでなく、ネットオークションなどを通して入手したブランドのバッグや靴などを買取店で売却してお金にしようと思ったら、その商品が本物を騙った偽ブランドだった、ということがあります。


こういった時、プロの査定員が真贋の見分けがつかないはずはなく、すぐに扱ってもらえなくなるはずのところ、滅多にないこととはいえ、取引が成立したこともありました。


査定員が偽物を見分けられず、買い取りを拒まなかったのが原因とはいえ、持ち込んだ側の責任もあり、ちょっとした問題になることもあるでしょう。


ですから、ブランド品を購入するときは、さらにそれを後々買い取ってもらうつもりでいるならぜひ、正規のお店を利用するようにし、面白がって真贋のはっきりしないものを購入しないことなどを気を付けた方が良いです。
  [トラックバック (0)]



2022年1月18日 14時42分
手持ちのブランド品をしかるべきと
 
手持ちのブランド品をしかるべきところに売却してお金に換えたい、といった時に一括査定というオンラインサービスを使うと、スムーズに事を進められます。


商品名、発売年数など売りたい品の基本情報を入力フォームに書き込むと五社かそれ以上の業者が、その情報を元にした査定額を教えてくれるので、店舗をいくつも巡らなくてもどの業者ならいくらで売れるのかがわかるでしょう。


また、買い取り額として提示された金額に納得いかない場合は売買は中止ということで、ただ売らなければいいのです。


ブランド品を買うと必ずついてくる、箱や保管袋といった付属物は、基本的に全て残しておいた方が良いようです。


後々その商品を買取店で買い取ってもらおうとした場合にこういった箱や、保管用の袋を残しているかどうかという点が、買取店により、またどこのブランドか、どういった商品かによるものの、必ず買取価格に響きます。


付属物が完璧に揃っていたら間違いなく高額買取になったであろう商品も、なければそれは望めません。


なので、できれば捨ててしまわずに保管しておくようにしましょう。


どうしても必要性を感じられないなら、ネットオークションで売りに出すというのも、選択肢の一つです。


単なる箱や袋ではなくブランド品のもの、ということもあって買おうとする人は現れるでしょうし、試してみて損はないはずです。


不要になったブランド品を買い取ってほしいけど、買取店まで出かけるのが難しいといった場合は、宅配を使った買い取りサービスがおすすめです。


これを使うと、商品を買取店まで持って行くことをしなくて済むため、とても簡単にブランド品をお店に売ることができます。


ブランド品を買い取ってほしい、とお店に連絡すると、箱や緩衝材などの専用配送キットが送られてきますので、そこに買い取ってほしいブランド品を詰め込んで送付し、お店の査定員が、それらを査定してくれます。


買い取ってほしい物の点数が多かったり、忙しくて時間がないという場合は、こういったサービスを上手に使うと良いですね。


よく売れる有名ブランド物や人気商品のみ扱う傾向のあるお店では、古くて形の崩れているものや、型落ち製品といった物は買取店として取り扱いを拒否されるケースが多いようです。


そういうものを売却したい場合は、ギャランティカードなどの付属品が、何もないような状態のものでも買い取りをしてくれる、そういった業者を選ぶのが良いようです。


難点があるとすれば、査定額が少々低めになることが多い点です。


なので、手持ちの商品を全部買い取りに出すようなことはしないで、高額買取の見込みがありそうな物が混ざっているなら、それは別のお店で売却するようにしましょう。


不要になったブランド品を買い取ってもらうために、買取業者を利用しようとするならわかりやすい、便利な方法が確立されつつあります。


一例としては、ネット上のサービスである一括査定サイトを使ってどこのお店で一番高くブランド品が売れるのかを知り、利用します。


この一括査定サイトからは、複数業者に査定を依頼でき、業者からは個別に査定額を知らせてきますから、こうして高い価格を用意してくれる買取業者を選ぶことができるのです。


それから、査定に出す前に品物はきれいにしておきます。


ですが必要以上に熱心に、擦ったり拭いたりすると却って品物を傷めることになりかねません。


ここは、見える部分の埃を払ってやり、仕上げとして水気を含まない柔らかい布で全体を拭きましょう。
  [トラックバック (0)]




  次の5件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved