このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (1806)
アクセス数
総アクセス数: 69637
今日のアクセス: 17
昨日のアクセス: 43
RSS
不要になったブランド品の扱いに
 
2021年4月11日 3時42分の記事

不要になったブランド品の扱いについてですが、大事にしまいこんでいても勿体ないものです。


元の値段からは相当落ちるものの、いくらかの現金になるように業者への売却を検討してみてはいかがでしょうか。


ここ最近はテレビCMやネットの広告などでもおなじみになりつつある、ブランド物を買い取ってくれる業者を利用するのが要らなくなったブランド品の売却先としてとても役に立つはずです。


時間のない人にとっては特に便利な点ですが、店に直接行かなくても、いくつもの物品の査定を頼めるのです。


それにもし提示された金額に不満があれば、諸々の手数料など、余計な料金がかかることなく手元に品物が返ってくる、というお店が大半ですし安心して利用できますね。


憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエルメスのバーキンですが、名称にまつわるエピソードは良く知られており、商品名のバーキンは、女優でありつつ歌手である、ジェーン・バーキンに由来します。


物がどんどん詰め込まれて一杯になった籠を使っているジェーン・バーキンを当時エルメスの社長だった人が目にし、いろいろなものを次々と入れることができる、便利で使い良いバッグをプレゼントさせてほしいと申し出た、というのが名作バッグ誕生のそもそもの発端でした。


人気の高いバッグで、とても需要が高いので、状態の良い美品なら高い値段がつくことになるでしょう。


当初はパリ郊外にある鞄店だったヴィトンは、今やバッグ、財布など多彩な製品を扱う世界有数のファッションブラントとなりました。


ちなみに、ブランド名は創始者である職人ルイ・ヴィトンからきています。


さてルイ・ヴィトンと聞いて思い浮かぶものと言えば、LとVの文字の組み合わせで作られたマーク、モノグラムでしょう。


様々な製品に多用されるこの、特徴的な模様はまさにヴィトンといった、ゴージャス感があります。


ヴィトンを好む人たちの年齢には偏りがなく、長く人気を支えていますが、限定品や新作も発売されていて、それが話題になると、飽きがきたヴィトン製品を買取店に持ち込んで買取を依頼し話題の新作を買うことにしている人もいるようです。


手持ちのブランド品が、買取店の査定でどんな値段がつくのか気になるところですがほぼ間違いなく高値がつくのは、その時点で人気の高い品物であり、これは鉄則です。


少し前の人気商品でも、現在それ程でもない、むしろ古い感じがする、といった物に関しては、残念ながら、査定で良い値段がつくことはないでしょう。


この買取基準を知らずにいると「折角すごいブランド品を査定に出したのにこの程度?」と驚くこともある訳なのです。


あくまで基準は今の人気だということを頭に入れておくと、買取店の出す査定額に納得がいき易いのではないでしょうか。


中古ブランド品の買取店が大喜びで買い取ることになるプラダ、このブランドは、1913年に、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟が立ち上げたイタリアの高級ブランドです。


創業当初の店は「プラダ兄弟」という皮革製品を売る店であり、素材からこだわった高い品質の製品を作り、イタリア王室のご用達ともなりました。


マリオの孫であるミウッチャ・プラダがオーナー(兼デザイナー)に就任すると、「日常を贅沢に飾る」という言葉を掲げてコンセプトにし素材づかいの巧みさと都会的なデザインで、世界中でプラダのブームが起こりました。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/burandokaitori/457754

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved