このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (1845)
アクセス数
総アクセス数: 71772
今日のアクセス: 6
昨日のアクセス: 32
RSS
大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。数ある
 
2021年5月12日 18時24分の記事

大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。


数あるブランド品の中でも、買取店において査定額に期待してはいけないものとしては、洋服が断トツです。


例え、縫製がしっかりしていて素材も良質、デザインも良い、という服でもブランド自身がマイナーで人気がなければ査定はかなり残念な結果に終わるでしょう。


未着用の新品で、値札もついているものだったらまだ、満足のいく買取金額になることもあるでしょう。


でも、新しくても着たことがあれば、査定額は格段に落ちるでしょう。


そこそこ着用して、既に新品感がまったく消えた物になるとほぼ値段はつかないもの、と考えておきましょう。


個人が、何らかの商品をブランド買取店に買い取ってもらう際、商品以外に必ず持っておかなければいけないのが本人確認のための書類で公的機関から発行されたもの、例えば運転免許証などです。


そういった書類が必要な理由は、法律(古物営業法)によってブランド買取店は、中古のブランド品を売ろうとしている人の、名前、住所、年齢などを確認する義務があります。


そのために身分証明書を見せることを要求されるのです。


運転免許証で用を済ませる人が多いですが、健康保険証やあるいはパスポート、それらがなければ住民票でも大丈夫ですが、提示することになるのは確かですから持っていくのを忘れないようにします。


買取店の扱う商品は、多種多様でありますけれどちょっと変わったところとしては、ルイ・ヴィトンやシャネルといった、誰もがよく知る高級ブランドのノベルティグッズがあります。


ブランドロゴが入った鏡やポーチ、ミニタオルだったり、かわいいスノードームのような玩具まで種類はいろいろですが、どれもこれも、ブランドの商品を買うことにより店からプレゼントされるものです。


そういうレアアイテムであるノベルティグッズは、コレクターが大変多く、人気も高いということで、割と良い値段がつくことも多いのです。


そういった高級ブランドのノベルティグッズを保管しているなら、一度査定してもらうと、面白い結果になるかもしれません。


1952年、ギャビー・アギョンが興したクロエはフランスの地を発祥とする、世界的な人気ファッションブランドです。


手が込んでいて高級感のあるデザインでありながら、カジュアルな面も持ちあわせ、主に若い世代の女性たちの間で人気です。


クロエが世界的ブランドとして名声を得るようになったのは、他ならぬカール・ラガーフェルドという、希代の名デザイナーが社内にヘッドデザイナーとして迎え入れたことが、そのきっかけとなったとされています。


買取店において、クロエの高価買取を望むのであれば、できるだけ複数の買取店で査定をしてもらうようにし、クロエに詳しく、適切な買取額を提示してくれる店を探すのが良いでしょう。


ブランド好きであれば、どうしても避けられないのが、そのうちに使わない品が出てきてしまうということです。


そういう物は業者に売って、次に予定しているブランド品購入の、資金の足しにしましょう。


ともあれ専門の買取業者に売ろうとする場合は、可能な限り良い値段をつけてもらいたいところです。


しかしながら、ブランド品の買取価格は、どこの同じというわけでは決してありません。


ですから損をしたくなければ、最も高値をつけてくれるところを探さなければいけない、ということになるのです。


でも、実のところ、手間いらずで探す方法がちゃんとあります。


オンラインで提供されている、一括査定サイトのサービスを使って、複数業者の出す査定額を比べ、一番高いところを選びましょう。


ちなみに、この一括査定の申し込みは無料で行えます。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/burandokaitori/458803

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved