このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
知って得するブランド買取術-ブロくる
ETC8088 さん
知って得するブランド買取術
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:美容・健康 ファッション・ブランド
ブログの説明:
ブランドの買取について詳しく解説していきます・・・
カテゴリ
全て (1936)
アクセス数
総アクセス数: 75670
今日のアクセス: 11
昨日のアクセス: 38
RSS
フランスのパリで生まれた名門ブランド、
 
2021年7月23日 20時54分の記事

フランスのパリで生まれた名門ブランド、カルティエは、ジュエリーと高級時計でよく知られ、いくつもの王室のご用達だったこともある一流ブランドです。


他の高級ブランドのように、ロゴを強調したデザインは少ないためか、シックなイメージがあります。


そして、そのデザインコンセプトは多彩で、創業時からのものも未だ作り続けている面もあり、カルティエのデザイン性の幅を広げています。


また、品質の高さはもちろん、機能性も十分といった商品を販売しているブランドです。


エレガントで尚且つ、高級感あふれるジュエリーは女性に大変人気があり、長く身につける結婚指輪、それから婚約指輪にカルティエを、という人は多く、アクセサリー類はプレゼントとして大変喜ばれるようです。


しかし、贈り物のアクセサリーを売却するために買取店に持ち込む人も、それ程珍しくはないようです。


ヴィトンといえば、そもそもが鞄屋さんだったこともあり、バッグ、財布といった製品で絶大な人気を誇るファッションブランドであり、ブランド名のルイ・ヴィトンは、スーツケース職人だった創始者の名前からつけられています。


さてルイ・ヴィトンと聞いて思い浮かぶものと言えば、LとVの文字の組み合わせで作られたマーク、モノグラムでしょう。


様々な製品に多用されるこの、ヴィトンのトレードマークともなっている柄は見間違えることなくヴィトンだとわかります。


ヴィトンというブランドは世代に関係なく、大変息の長い人気を誇り、新作が発表される頻度は割と高く、限定品なども出て、その度に話題をさらいますので、手持ちのヴィトンを買取店で売って換金し、欲しい新作や、限定品を買う費用の足しにする人もいるようです。


ブランド品の買取業者を利用しようとする時に、どんな時期に利用しても何も変わることはないと思っているかもしれませんし、それも無理はありません。


しかし、そうとばかりも言い切ることはできないのです。


多くの買取業者は営業努力の一つとして時折、お得な各種キャンペーンを行なっている期間があるのです。


お店によってキャンペーン内容は当然違うわけですが、いくつか見てみますと、通常算出される査定額に加え、数パーセント足してくれるという、査定額アップキャンペーンやお店でのポイントを多くつけてくるもの、あるいは色々なお店で使えるクオカードプレゼントといったものもあり、キャンペーン内容によって利用時期を選ぶのもありかもしれませんね。


好きなブランドの高価な靴をデザイン重視で購入し、何度か使用してみたものの、ひどい靴擦れができることがわかり、使わなくなってしまった、なんて経験のある人もいるかもしれません。


合わない靴は本当に仕方がありません。


そんな風に、履けなくなってしまった靴がある場合、最近よく話題になる、ブランド品を買い取るお店を利用してみるのが良いでしょう。


履かない靴を、何のケアもしないまま放っておくとせっかくのブランド靴も劣化し、商品としての価値が落ちていきます。


けれどもまだ何度か履いただけ、それに、まだまだきれいな見た目を維持しており、当然カビも大きなキズもないなら、想像以上の高値がつくこともあります。


ブランド品を持つ年齢層は広く、早ければ10代の頃からブランド品を使っている、という人も少なくないのですが、所持しているブランド品を、ブランド買取店で売却することは未成年の人はできないことになっています。


その詳細は店によって異なり、20歳未満は無条件で一切取引をしない、としているお店もありますし、ブランド物を売却することに保護者が同意していて、その証明ができれば未成年の場合でも(ただし18歳以上)取引できるとなっているところもあります。


このように未成年は簡単に利用できないことが多いです。


ブランド品を未成年の人が買い取ってもらうつもりなら、利用前にHPで年齢制限の項目などについて確認しておいた方が良いでしょう。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/burandokaitori/461776

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved