ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
TALES OF  NIGHTINGALE-ブロくる
CANAL さん
TALES OF  NIGHTINGALE
地域:指定なし
性別:女性
ジャンル:ニュース マスコミ
ブログの説明:
〜〜真実が浮かび上がるのは、夜。見つめるのは、ナイチンゲールの瞳。〜〜
「TALES OF NIGHTINGALE」にお立ち寄りくださいましてありがとうございます。当ブログでは、真実を見つめ続けるナイチンゲールの視点を借りて時事政治経済、フィギュアスケートなど関心のありますことについて硬軟問わずネットの森の片隅で語っております。
カテゴリ
全て (1858)
最初にお読みください。 (4)
”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア (613)
アクセス数
総アクセス数: 469315
今日のアクセス: 175
昨日のアクセス: 229
最近の記事
11/21 20:55 国賊自由創価党アレルギーと共産アレルギー、救いがないのはどっち?
11/14 20:38 【共闘奏功】政権交代に必要なもう一つの”共闘”
11/06 15:30 【ありがとう!うどん県一区民ノシ】恫喝ヤクザ平井に「NO!」【良識あるけん、うどん県】【正義は勝つ】
10/31 10:53 【民主主義の鐘を鳴らすのはあなた】あなたが考え参加するのが民主主義【民主主義はあなたの子供】
10/30 21:06 【それでも自民という皆さんへ】いの一番誹謗中傷取り締まり案件・Dappi【国賊自民御用達】
10/30 18:25 選挙に行かない皆さんへ
10/30 15:32 低能無双国賊自民に到底国防を任せられないワケ【官邸屋上にドローン一カ月留置】【まともな状況分析不可能】
10/30 15:00 諸悪の根源亡売国詐病王アベを叩き落さなければならない理由
10/30 14:19 【拉致】最も糾弾されるべきは無為無策の癖にプロパガンダに徹底利用のアヘ国賊自民【ご家族をその胸に抱きしめるその日までええ!】
10/24 18:41 共産党アレルギーの皆さんへ
カレンダー
<<2021年08月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2021年8月8日 18時53分
【ヤクザのイベントでワクテカ一芸披露】 選手は”無実”か?【医療壊滅?何それ美味しい?競技以外は徹底他人事】
『「スポーツには人命を救う力はない」医師が五輪礼賛ムードに抱く底知れぬ怒り』
>医療現場で働く身からすると、五輪の熱狂が異次元の世界に見える。五輪に関する世論の手のひら返しが、戦時下と重なり恐怖さえ感じる<
>このままではこの傾向は収まるどころかいっそう拡大、医療崩壊ももう避けられないだろう<
>NHKは総合、Eテレともに終日五輪一色。民放でも今まで開催に懐疑的な意見を流していた番組ですら、手のひらを返すように日本人選手の活躍ぶりを歓喜と興奮にあふれる声で大々的に取り上げるように<
>曾有の感染急拡大の一方で、反対の声を無視して開催に突き進んだ政府、それに無批判に迎合して五輪礼賛番組を流し始めるメディア、さらにそれらの番組に嬉々としている人々の声を聞くと、ウイルスそのものへの恐怖にも増して群衆心理への恐怖を感じずにはいられない<
>「ここまで来たのだから、いまさら引き返せない。どうせやるからには小難しいことなど言わずに楽しもうではないか」「ここで中止してしまったら選手たちが可哀想。賛否両論あったけれど、もうやると決まったのだから皆で選手を応援しようよ」「心配だったけど、開会式を見て気が変わった。だんだんワクワクしてきた。やっぱり開催して良かったんじゃないかな」「私は五輪反対派。ネット署名までしていたけど、いざ日本人選手のメダルラッシュ見てしまうとやっぱり感動!  選手は悪くない。もうテレビから目が離せない。選手たちを応援します! 」まさに政権の思惑どおり<
>「この期に及んでまだ中止を叫んでいる人」は一転、“ややこしい人”とのレッテルが貼られて少数派になってゆく。菅義偉政権が確信を持って期待していたのは、まさにこの現象<
>NHKが先頭に立って、日本人選手の活躍を嬉々として伝えた直後のニュースで感染者急増を報じ、またそのニュースが終われば何事もなかったように熱狂中継に戻る、というまさに絵に描いたようなディストピアを体現しているが、この極めて奇異な現象を、今や地上波で公然と批判する者は皆無だ。これぞ危機的緊急事態ではないか<
>そもそも今回の五輪招致は、国民の共感を喚起するために復興五輪という大義名分が与えられたが、その本質は東日本大震災によって引き起こされた原発事故を覆い隠すためのものと言っても過言ではない。事故は発生から10年たった今なお収束のメドすらつかず、故郷を追われた人々もいまだに数多く取り残されている<
>アンダーコントロールという虚偽の言葉を公然と安倍晋三前首相が用いて<
>感染者3000人突破でも中止の考えなし<
>「復興五輪」がいつの間にか姿を消し、次には「コロナに打ち勝った証し」が、そして打ち勝てないことが明白になると、今度は「コロナと闘う姿」や「困難を乗り越えて成功させる」というスピリチュアルな世界に日本政府は迷入<
>政府は批判の声をかき消すように“安全安心”を必死にアピールし続けるが、その根拠を問われても頑なに明示しようとしない。「開催断念するのはどのような事態に陥った場合か」という問いに対しても不誠実な態度を貫きとおし、開催に突入した。その結果が今<
>3000人突破の報を受けても記者の質問を無視して素通り<
>公明党の石井啓一幹事長は「現在の感染者数は2週間前を反映しているのだから開会とは関係ない」と発言し、IOCのマーク・アダムス広報部長も「パラレルワールドみたいなものだ」として五輪と感染再拡大は無関係との認識を強調<
>感染者急増と医療資源枯渇という「事実」と、国内外から多数の人を首都圏に呼び込む世界的イベントが行われている「事実」、これら2つの厳然たる「事実」が同時に首都圏に併存しているという「事実」さえあれば十分<
>そしてこの2つの事実が併存することによって、感染制御と医療が五輪開催によって妨害されている「事実」も生じる。この事実の存在こそが、私も含め多くの人が開催中止を訴えてきた理由<
>緊急事態宣言を出し不要不急の外出をするなと国民の行動制限をしておきながら、国内外から多くの人を呼び込み、あげくに五輪関係者の行動制限は形ばかりのものとしていた。飲食店での酒類提供を制限させておきながら、競技会場の中ではアルコールを提供しようとしていた。これらの「五輪は特別」というメッセージは少なからぬ人たちに「五輪がよくて、なぜ私たちは我慢しなければならないのか」という気持ちを芽生えさせた<
>じっさい五輪のために作られた7月22日からの4連休、都内の人出は緊急事態宣言がなかった去年7月の連休よりも大幅に増加した。これは国民の我慢の限界が、政府の矛盾に満ちたメッセージによって爆発したものと言える<
>「感染制御よりなにより五輪開催が最優先である」との政府の「本心からのメッセージ」<
>“猛暑下でも五輪開催できる”という誤ったメッセージによって、子どもたちも危険にさらされるのだ。今は夏休みのはずだが、通勤電車にはあきらかに運動部員とみられる生徒たちが大きなスポーツバッグを背負って乗ってくる<
>熱中症の危険がある状況での屋外運動は禁止だ。しかし五輪が開催されてしまっている現状では、行政としても猛暑の危険を大々的にアナウンスできない<
>猛暑による危険を国として認めてしまえば「晴れる日が多く、かつ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候」との虚偽を用いて招致したことを改めて全世界に知らしめてしまうことにもなる<
>今回の五輪開催は炎天下でのスポーツ全般を正当化し、それによって子どもたちを熱中症の危険にさらすとともに、新型コロナ感染リスクさえも負わせている。これらは五輪開催さえしなければ防げたはず<
>行政は医療機関に対してコロナ病床の拡充のため通常診療の縮小や不急の予定手術の延期を検討するよう要請している。その首都圏には五輪が数万人の余計な人口増加をもたらしている。そしてこれらによって増えた人たちにも新型コロナに限定しない医療需要が生じ得る。熱中症と新型コロナでただでさえ逼迫する医療現場に、さらに余計な負荷をかけているのが東京五輪<
> #オリンピックは関係ない という人たちの思考からは、こういう医療提供体制への視点と配慮が完全に欠落<
>五輪開催が感染制御と医療提供体制の足を引っ張り妨害していることが最も重要な問題<
>日本人選手が金メダルを多数獲得しようが、素晴らしいプレーが感動を与えようが、逆境を跳ねのけて出場した選手が希望をもたらそうが、これらの事象には私たちが現在直面している新型コロナ感染急拡大を抑止する能力も効果も一切ない。人命を救うことももちろんできない。「スポーツの力」など、今の状況ではまったく無力<
>「ここまで来たのだから……」「ここで中止してしまったら……」という気持ちは、ひとつの感情としては分からなくもない。しかしその感情を国民の総意であるかのように位置づけることは非常に危険だ。先の戦争、私は当事者ではない。しかし歴史を学べば知ることはできる。何度も踏み止まったり引き返すことができた時点があったにもかかわらず、批判や懸念の声はかき消され、結果、わが国は多くの尊い人命を失った<
>「私、本当は今回の東京五輪には反対だったんです。でもいざ始まったら連日のメダルラッシュに胸が熱くなった。選手たちを応援しよう!」と開会式後に言い出した人と、かつて戦時下で「私、本当は今回の戦争には反対だったんです。でもいざ始まったら連戦連勝に胸が熱くなった。兵隊さんに感謝しよう!」と手のひら返しをしたといわれる人に、私はまったく同じメンタリティを見る<
>そのどちらも国の威信や愛国心という、統治者にとって国民をコントロールするにあたって極めて有用な「装置」をその根底に孕んでいる<
>この危機的状況で五輪さえも中止できない国が、もし戦争へと向かう状況に置かれた場合に引き返すことはできるのだろうか。戦争となれば人が死ぬ。スポーツの負け試合とは比較にならない次元が違う「屈辱」に、国民はいとも容易く感情的になるだろう。「ここで引けるか、仕返しだ」という世論は雪崩をうって開戦慎重論を踏み潰し、よりいっそうの泥沼にハマっていく……。五輪すら中止できない国においては容易に起こり得ることではなかろうか。
 「選手は悪くない」「選手を批判するのは違う」との言葉もよく聞かれる。たしかに選手には五輪開催の適否を決める権利も手段もないかもしれない。しかし選手もアスリートである以前に、ひとりの人格ある人間である。意思表示を行う権利も手段も有している。猛暑やコロナ禍の中での五輪開催について、不安や不満をひとりの人間として発言することはできたはずだ。
 今からでも発言してもいいはずだ。心の中にそうした不安や不満があるにもかかわらず、それを自由に発言することのできない「空気」が彼らを覆っているとするならば、それは戦時下となんら変わらない。
 「やると決まったからには、自分のできることを全力でやるだけです。日の丸を背負って」という選手たちの言葉、それを無批判に絶賛する声が、開会式というほんの数時間のイベントを契機として急増してしまう群衆のメンタリティ。「敗戦の日」を目前にして、こうした選手たちの姿を出征兵士の姿に重ねあわせて底知れぬ恐怖を感じる私は、妄想におかされた、ややこしすぎる人間だろうか<

…言いたい事、ほとんど代弁してくれてる感じ(笑笑笑)なんだけど、もう二言三言。

火勢が極めて強く、消防士総動員で消火に当たるも、鎮火どころかますます猛威、手こずる猛火のそのすぐ脇で、仕切りとは名ばかりのペラペラ穴だらけのフェンス一枚挟んで賑々しく大運動会、しかも中にはガソリン缶携行者が紛れ込んでいるかもしれないというキチガイ沙汰

それがが頭狂汚倫ピック。

---------選手に罪はない?

もし選手が、
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年8月1日 20時53分
”見たこともない花が咲くでしょう” 〜『MIROKU CODE』〜
頭狂汚倫ピック、栄冠のため懸命に死力を尽くす選手は、”無罪”か。

勿論答えは、

NO

だ。
今週それ書きたかったんだけど、今週末、先週出来なかった水回りの掃除し倒して全然時間取れなかった(スキリはした(笑))のでそっちは書け次第、って事でこれまた前から書こうと思ってたこっちを。
ま、ちょっとだけ触っておけば、

--------選手を誹謗中傷するな…?

根拠なき誹謗中傷と根拠ある批判は全くの別物だ。
それとも選手には一切ケチ文句付けるな、応援だけしてろって事なら立派な言論弾圧言論統制独裁強権国家だ、
応援するか否かは、あくまで個人の自由、”(対戦相手以外のその他大勢を)ギャフンと言わせてやる”伊藤美魔みたいな好戦的トンデモ選手を応援しないといけない義務謂れはどこにもないわいな、

因みに、26、27日、五輪トップニュースで爆上げコロナ禍をなかったことにした確信反社朝敵極道番組は、”障碍者に食糞強要小山田重用”グルHK(@御用)・マイあさ、同じくこの一週間、コロナそっちのけで五輪デカデカ一面展開した異常キチガイ紙は、恫喝脱税担当相平井喝也傘下四国3DP新聞です、さもありなん。

5ちゃんねる(sc)より。
「346: ニューノーマルの名無しさん 07/26(月)19:47 ID:BiQg1+5W0(1) AAS
一つの金メダルと引き換えに数千人の人生を潰して何を喜べと」

選手を含む五輪ムラの連中は、JR西尼崎脱線事故において、”乗客の救出救命?それは自分の仕事じゃないから”ってんで、何の問題意識も良心の呵責も持たず、遅刻したら事だ、とばかりにさっさと勤務先に向かった、乗り合わせJR西社員と同類。

「こ、これは、これはアホ村、これはアホ村、予選敗退を決定づける見事な、見事な

落下でしたあああーーーっ!!」

五輪ムラ住人 「国民に少しでもコロナを忘れて楽しんで元気になってもらえたら!勇気感動スポーツの力!!!」

ってならこのくらい言って笑いを取ったらどうだ、”絶叫が本分”グルHK(@御用)アホアナ。

さて本題、

6月某日、突如洗濯機に某不具合発生…、

まだ購入して5年経ってない(脱水槽の蓋裏に製造年記載があった)のに…、んでも洗濯機は冷蔵庫と並んで動かないと即困る生活の基礎基本ツール、

ってんで早速某日立にもしもし電話…、

したら、

”只今コロナ対策でオペレーターを間引いてます”

の口上ガイダンスの後、流れて来たのが、
[続きを読む]
  [コメント (0)]



2021年7月30日 20時31分
【グラウンドゼロ】ジェノサイドホロコースト頭狂汚倫ピックは即刻中止を【猛火の中でカーニバル】
コロナ大爆発の真っ只中。をなかった事にして選手の奮闘とメダルの数に狂喜乱舞、感動の嵐。

感染爆発を見越して五輪は早々中止。従って感動もメダルもへったくれもないが、感染爆発抑止には何とか成功。

どちらが知性ある高等生命体のふるまいで、どっちが個別の命のみならず種の存亡に関わりかねない事態においても、浮かれ騒ぎに全力特化、まともな物事の軽重・優先順位の判断が出来ない名ばかり知的生命体の土人かは自明。

スカ 「人流は抑制されている、問題ない」

異常かつ低能な政治家 「人流は抑制されている、問題ない」

知的有能な政治家 「人流が抑制されているにも関わらず感染増加が抑えられないのは大問題」

異常かつ低能な政治家を地で言ってるのがアヘスカ国賊自民だ。

小池 「五輪は人流抑制に貢献」

人流抑制にも関わらず感染が増え続けている事こそが問題なのは今指摘した通りだが、頭狂汚倫ピック最大の問題は、海外から人をかき集め、人類を絶滅に追いやりかねない最凶変異種爆誕のシャーレ培養器と化している事。

無能政権率いるジャップとは対照的に徹底した水際対策を施した台湾も突破されたのは空港関係者だった。

海外から好き好んで不要不急の人を集める頭狂汚倫ピックはまさに国家的犯罪に他ならない。

現段階で、恫喝脱税担当相平井喝也直属四国3DP新聞や”食糞強要小山田容認”グルHK(@御用)らゴキマスや低能世論に迎合する事なく、明確に中止を打ち出しているのは共産だけ。

陽動に踊らされないまともな知的能力と気概を持つ、つまり信頼に足るのはこの党だけ、と言う事だ。

ブレーキとアクセルを同時に踏む狂気、それがジェノサイド頭狂汚倫ピック。

---------熱闘盛り上がりに水を差すな…?
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年7月25日 20時5分
目下断然注目の的は「感染者数」より「メダルの数」・キチガイ国家ジャップ【頭狂汚倫ピックは滅びの呪文】
栄えある落選第一号内村 「俺もう主役じゃないから」

はて、落下前にこいつがそんなしおらしい殊勝な事言ってるのを聞いた記憶は全くないな。

落下前 「オレオレ、オレサマ、鉄棒一本で手堅く当確、なんならメダルも」

落下後 「オレ主役じゃないから。後輩たちがウンタラカンタラ(ゴタク)」

この、ほら吹き一転無節操豹変っぷりがいわゆる、日本の誇る”絶対王者”の風格品性だ。後続アホリートズも見習うべきところだよな?

アホリートどものメダルの数と只今絶賛爆上げ中の感染者数。

どっちにより重きを置くべきかは言うまでもない話。

無節操アホ村を美談に仕立て上げ、コロナ禍なんぞそっちのけ五輪一辺倒、のアヘスカ国賊自民や恫喝脱税担当相平井喝也傘下四国3DP新聞や”食糞強要小山田重用”グルHK(@御用)らゴキマスは言うまでもなく、国民を滅びに導く隷倭版大本営&その広報機関に他ならない。

そもそもそのメダル自体、

5ちゃんねる(sc)より。
717: ニューノーマルの名無しさん 07/23(金)19:55
スポーツ誌やら関係者はw日本の金メダル
は過去最高を予測してるよ、
各国選手は調整無しで劣悪な環境で臨む、
日本選手団は選手村に入らず最高の環境で調整
してる
こんな話が禿げに入ってるわけね
だから官邸からこんな話が出てくる
不公平な大会で大量金メダルとか中国以下の恥晒しだよww


イカサマの産物。卓球も最強中国とは決勝まで当たらないカラクリ。仮に中国ブロックを強豪で固めてるとなれば、日本は難なく決勝までは勝ち上がりメダルに有り付ける、って寸法だ。

まさにイカサマオンパレ黒五輪の名に違わぬ腐りようと言える。
こんなイカサマ厄災五輪でメダル取って喜び爆発のアホリートの気が知れんわ。

「今必要なのはスポーツの力!!希望!勇気!!可能性を信じて、前を向いて!!」

そうやってデメリットマイナスを全く考慮する事なく美辞麗句で不粉飾し、一切後ろを振り返らず、ひたすら前だけ向いて突き進んだなれの果てが、
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年7月24日 20時2分
希望のち絶望 ホロコースト頭狂汚倫ピック
”得意一種目に絞ってこれ”内村の醜態は、美辞麗句で粉飾できるだけ粉飾したこの犯罪イベントのその中身のお粗末さ、そして日本の行く末を見事に体現象徴したものと言える。
こいつ確か子持ちだよな?

我が子含む子どもの未来のために何をすべきかを考えれば、絶対にのこのこ出てきたりは出来ないのがこの頭狂汚倫ピックだが、IOCの御輿にのって喜色満面の得意満面。

おめーみたいなバカがいるから、相対的少数の真面目な人間がいくら真剣に社会を考えても一向に良くならねーんだよ、クズ。

勿論バカはこの脳筋内村一人に非ず。

この誤倫に加担し、賛同したもの須らく同様のホロコーストイベントの共犯加担者。


どれほど趣向を凝らし華々しく花火を打ち上げようと祭りはいずれ終わり、現実に目を向けなければならない時がやって来る。
その時に人類の前に展開されるのは、
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年7月23日 19時39分
【隷倭版一億総玉砕】パンデミックブースタージェノサイド頭狂汚倫ピックは立派な犯罪です
5ちゃんねる(sc)より。
35: ニューノーマルの名無しさん 07/18(日)19:22
五輪擁護派だったけど小山田事件、バッハ歓迎会で完全に見限りました
言ってる事とやってる事が正反対
筋の通らない事は嫌いです


866: ニューノーマルの名無しさん 07/18(日)19:55
>>738
当たり前じゃない。
いじめ加害者の大多数は底辺に落ちて消えている。

いじめ加害を認めていて 武勇伝して生き残ってるのは それをまもる
いじめ加害者の会が守ってるから。
五輪組織委員とかNHKとか電通とか お笑いタレントとか。

小山田と同じレベルの鬼畜な障碍者いじめ加害推進者な。
そういう立場表明してるんだから。


『韓国人の86%が東京五輪の開催に反対=韓国ネット「コロナ禍なのにあり得ない」「ボイコットすべき」』
>28カ国の成人1万9510人を対象にした調査によると、回答者の57%は東京五輪開催に「反対」の意思を示し、「賛成」の43%を上回った<
>東京五輪に関心があるかという質問に対しては、「まったくない」(29%)と「あまりない」(25%)の合計が「ややある」(30%)と「とてもある」(16%)の合計を上回った<
>「コロナ禍で五輪開催なんてあり得ない。取り返しのつかないことになったら日本やIOCが責任を取れるのか?」<

東京五輪開催に反対する声「ワクチン接種も滞っているのに」「オリンピックが希望の光になるわけがない」
>世界的にも国内でも、コロナが感染拡大しているのに、外国から人を集めるなんて論外<
>コロナ禍で苦しんでいる日本人も多いのに、オリンピックより先にやらなくてはいけないことがあるはず<
>幼い子や学生、飲食業界の方々など、様々な人が政府や都の方針に従って我慢を強いられています<
>東京、はたまた日本中が大変な事態に陥ると予測<
>子ども達の明るい未来のために、日本国民のために、オリンピックは開催すべきではないと強く反対<
>ため息とやりくりに頭を抱えている毎日で、オリンピックが希望の光なんてなる訳がない。アスリートの方々には頑張って欲しいと思うけど、国民はそれだけの心の余裕はもう完全に消えている<
>曖昧な選手や関係者も続々と入国したなら、日本は終わってしまう<
>「なぜオリンピックだけが特別なのか分からない」と怒りを露わに<

『「『東京五輪変異株』と言われても良いのか?」医師の労組が五輪中止求める』
>医師不足が長年叫ばれているのに、増員の見通しはないとしたうえで、東京五輪のために医療従事者のボランティアが求められていることは矛盾だと指摘<
>「開催の決定権は、基本的にIOC(国際オリンピック委員会)にあるが、コロナの感染拡大防止に何の責任も持たないIOCに決定権があって良いのか」<

『米紙「科学に従い五輪中止を」 元代表選手の寄稿掲載』
>米紙ニューヨーク・タイムズは11日、東京五輪・パラリンピックは新型コロナウイルスの感染が大規模に拡大する「大災害となる恐れ」があり、「今こそ科学に耳を傾け、危険なまやかしをやめるときだ。東京五輪は中止しないといけない」とする寄稿を電子版に掲載した。寄稿したのは、元米五輪代表サッカー選手で米パシフィック大のジュールズ・ボイコフ教授。
 ボイコフ氏は「日本では60%近い人々が今夏の五輪開催に反対し、コロナワクチン接種を受けたのは人口の2%未満にすぎない」と指摘。「五輪をごり押しする主な理由は三つ。カネとカネ、そしてカネだ」とした<

『マサイ族の戦士、日本でオリンピックが開催されることを知り驚愕「マサイオリンピックすら中止になったというのに」 マサイ通信:第475回』

『米公共ラジオも五輪中止を呼びかけ「五輪で得られるお金より、人々の健康のほうが重要だ」』

『楽天の三木谷CEOが「東京五輪開催は自殺行為」と米CNNで反対表明…政府に”中止要請”をしている衝撃事実も』


『五輪開催中どう過ごす テレビ観戦? 「見る気にならないので無視」という声も』
>「オリンピック開催反対なので、テレビや新聞等のオリンピック関連コンテンツは避ける」(40代女性/東京都/ITエンジニア/年収350万円)
「なるべく人混みに出ない。オリンピックは興味ない。熱が冷めた」(30代女性/宮城県/教育・保育職/年収200万円)
「在宅勤務可能なので、週2日は出社しますが、それ以外は家で過ごします。オリンピックは見る気にならないので無視<


『海外メディアが東京五輪を猛批判「文字通り狂気」「大虐殺だ」』

『美辞麗句にまみれた「五輪で絆を取り戻す論」に国民は心底呆れ、絶望している』


>国際スポーツ機関やメディア、企業などに収益が集中する。政権維持など政治的に活用される事例も多い<

『エライ人の「安全・安心」はもう禁止にしたら? 圧倒的説明不足の東京五輪にあふれる“究極の不健全さ』
>やっぱりまず「安全・安心」を禁止ワードにしたらどうだろう。そこから本当の説明が始まる<
>不健全でいかがわしさに満ち満ちている東京五輪<
>あるIOC委員は「東京にはミシュランガイドのレストランが多いのに、食を楽しむ機会が制限されている」と不満を示した<
>口を開けば「感動」だ「夢」だと空虚な言葉を平気でかぶせてくる<
>「ここまで来たら引き返せない。もう飛び込むしかない」<
>五輪で政権浮揚、そして衆院選という戦略だという。東京五輪に関する究極の不健全<


『ドイツ紙が糾弾「日本政府が五輪中止を決める最大の要因はコロナではなく政治的計算だ」』
>「観客のいないオリンピックのスタジアムで、アスリートが勝利を目指してテスト競技を戦っても、同時に病院は満床で、大勢の患者が死と闘っているという状況では、オリンピックも盛り上がりようがない」<
>「破滅に向かっているのに誰も止めなかった日本の第二次世界大戦末期の状況と、オリンピックを重ねて皮肉る人々もいる」<

『東京五輪は中止し、選手には世界選手権で頑張ってもらえばよい…よっぽど公平で選手第一 』

『政府に五輪中止の要望書提出 署名活動の元日弁連会長』

『まもなく開会の東京五輪に反発の声 「中止する勇気持って」「こんな状況でお祭り騒ぎするべきではない」 』
>国民がこんな状況なのに、お祭り騒ぎをするべきではない」と憤り<
>五輪開催ありきはおかしい<
>五輪に使うお金をコロナ禍で不利益を被った人たちに回すほうが大切<
>もっと他にやることがあるのではないか<
>気の毒な2年間を過ごしてる子どもたちにまだ我慢させなければならないのに、五輪などやる必要なし<
>スポーツよりも命が大事<
>各国で様々な世界大会があるのに、無理に複数のスポーツを集めておこなう必要がない<
>コロナウイルス感染者が増加している現状では、なにより大事なことは五輪ではない<
>コロナ禍で、さらに緊急事態宣言も発令される中、なぜ五輪を優先するのか<

『東京五輪の中止を求めるネット署名、過去最多を更新』

『世界で最も権威ある医学誌が東京五輪開催ごり押しIOCに強烈ダメ出し「科学的根拠なし」』
>開幕まであと2か月。専門家もびっくりの対策で「安心安全の開催」と連呼していたとは、驚くばかり<

『響かぬバッハ会長へ嘆願書提出 反五輪派が用意する「最終手段」』
>緊急事態宣言下、不要不急の?バッハパーティー?に国民の怒りがピークに<
>コロナ感染を確実に拡大させ、多くの命を奪うことが明らかな東京オリパラの強行を止められない日本の政治、社会とは何なのか<
>どうせ開催される?ではなく?開催させてはならない?から<

『米メディアが「日本に差し迫るコロナ五輪の悪夢」と報道 古いルールに縛られワクチン接種進まず…』
>五輪を悪夢に変える日本のダメっぷりを指摘<

『<東京五輪>最悪のシナリオを想定すべき=感染症専門家の提言尊重を―立石信雄オムロン元会長』

『東京五輪への不安「ワクチン接種も進んでいないのに」「政府の言葉には信用性がない」』
>「来日した外国人選手たちによって、変異株のコロナが入ってきている事実がある。ウガンダの選手団のコロナ感染発覚、濃厚接触者の脱走など不安が尽きない」<
>日本を崩壊させる史上最悪な五輪<
>バブル方式での選手及び関係者の管理はザル<
>ワクチン接種も進んでいないのに、たくさんの人を集めて五輪開催するなんて正気の沙汰ではない<
>子どもたちが我慢を強いられる世の中で、大人ばかり勝手なことをしている<
>安心・安全という言葉だけをばら撒いているが、何の具体策も示さない。水際対策さえできていない状況で、外国人を入国させるべきではない<
>今の政府の言葉には信用性がない。ワクチン接種にしても多数の問題が発生しているのに、五輪だけ何事もなくうまくいくとは思えない。すべてがその場しのぎの対策ではないか?誰がどのようにして責任を取るのか<
>ボランティアの方々がワクチン未接種?どこが安心・安全<
>コロナ感染の心配のない日常が戻ってくるのを、みんなが待っているのに。五輪で人の出入りが増え、また感染爆発するのが目に見えている<
>日本国民に益がない。国民の大半は五輪開催に反対しているのに、政府は無視<
>東京五輪よりもまず、日本国民の安全確保が国家としての最重要課題ではないのか<

『東京五輪"応援する気になれない"という声「学校の部活だってできていない」「利権まみれだ」』
>今はコロナの感染を抑えるのが優先。五輪なんてやっている場合ではない!<
>五輪選手には気の毒だが、何年も甲子園や多くの出場大会を目指してきた選手たちには感染防止のため強制的に諦めさせ、自粛を求められてきた。五輪だからといって素直に応援できない<
>五輪を『安心安全』といい、感染対策をしている飲食店には時短営業や休業などルールを強制<

『東京五輪開催に反対する人々「”嫌なら見るな”というが、始まれば嫌でも目につく」「子どもたちの遠足や運動会が中止なのに」』
>ゆとりのない今、純粋にアスリートを讃えることは難しい<
>今回の騒動で、スポーツは大切だが、自分はアスリートの努力を肯定するために生きているのではないと感じた<
>新型コロナによる不自由や苦しさを二の次にして、大型スポーツの開催をおこなうのは、優先順位が違う<
>子どもたちの行事が中止されているのに、オリンピックだけ開催されるのは納得がいかない<
>具体的な説明も無いまま、なし崩し的に強行することに嫌悪感を否めない<
>子どもたちが遠足や運動会を中止し、学生がオンラインでしか授業できない状況。飲食店はじめ沢山の業種が長く廃業の危機とアイデンティティの損失と闘い堪えている。それらをすべて無下にするやり方、考え方<

『五輪開催に反発の声相次ぐ「不安要素しかない」「どうして五輪だけが開催できるのか不思議」』
>そもそもコロナ収束の目処がついていないのに、オリンピックを開催しようとしていることがおかしい<
>変異株の感染がまだ拡大している中で五輪を実施するのはおかしい。昨年の延期の意味もなくなる<
>IOC・日本政府・東京都・日本オリンピック委員会の説明不足やゴリ押し状態に嫌気がさしている。感染状況・変異株ウイルス・水際対策・医療体制・日本国内のワクチンの接種状況など、不安要素しかない<
>国民には自粛。学校はリモート、修学旅行なしなど、数えたらきりがないのに。どうして五輪だけが開催できるのか不思議。五輪後の感染爆発が恐ろしい<
>選手や関係者からコロナ感染者が出たら、きっと病院やワクチンを優先されるんだろうし、きちんと自粛しているのがバカみたい<
>不足する病床数「お祭りをやっている場合ではない」<
>今でも病床数が不足して、コロナに感染しても入院できずに死ぬ人がいる。五輪で来る外国人に割ける病床はない<
>医療現場は逼迫している。休みも取れず、必死に頑張っている医療従事者のご苦労や、重症や経済的困窮で苦しんでいる人のことを考えれば、お祭りをやっている場合ではない<

『東京五輪開催に反発する声「IOCにぼったくられた」「国民は自粛と我慢の日々なのに……」』
>利権まみれのオリンピックを開催するなら、給付金を配った方がよっぽど国益になる<
>いま応援すべきは医療従事者をはじめ、その周りをサポートしている企業<
>きちんとしたコロナ対策もせずに、なぜオリンピックだけ特別扱いなの<
>なぜ国民の安全を守ることを優先しないのか、何のために国はあるのか、不思議で仕方ない<
>国内でさえ新型コロナの感染が抑えられていない状況なのに、世界中から集まるイベントにより爆発的な感染拡大は目に見えています<
>今の政府は国民の安全より、自分達のお金と権力しか頭にないことがよく分かりました<
>子どもの幼稚園は、プール授業も近所の公園への遠足も中止。大人も施設休館の影響で健康診断すら受けられない状況です……。こんなに制限されているのに、選手だけでも1万人以上が集まる五輪開催に向けた準備が進められているかと思うと、腹立たしい限り<
>IOCに意のままにお金をぼったくられた上、来日した人々によって新型コロナウイルスまでばら撒かれ、五輪が終わった時には悲惨な日本になる姿が目に見えている。また、そのウイルスをそれぞれの国に持ち帰り、パンデミックが大幅に悪化しそう。行く先は日本が世界中から悪役として見られるようになる<

『まもなく開催の東京五輪に疑問の声相次ぐ「"国民の命<五輪"だけでなく、"法やルール<五輪"」』
>「学校の部活動が中止され、飲食店が休業していた中での実施は理解できない」と開催に否定的<
>札幌でのテストマラソンの際、緊急事態宣言が出る要件を満たしきっていたのに、大会が終わるのを待つかのようにグズグズ<
>子どもたちは修学旅行にも行けず、部活も制限され、頑張りたくても活動そのものがなくなっている。大学生は学費そのままでオンライン授業<
>五輪だけ特別は納得できない。そのために保健所や医療が圧迫されるなど、市民生活はさらなる負担を強いられる。到底受け入れられない<
>五輪関係者と内閣は『バブル方式』で感染拡大を防ぐと言っているが、確かコロナ発生当初、『日本は島国だから水際作戦でコロナの大規模感染は防げる』と言っていたんじゃないかな?『バブル方式』で国民を守る?信じられない<

『東京五輪開催に反対の声「ウイルスは選手か一般人かなんて選ばない」「五倫はやるけど学生の部活は我慢、に納得行かない」』
>パンデミックの中、大規模なイベントをやること自体が無謀であり、オリンピック開催には反対<
>男性はオリンピック中止論が流れると聞こえてくる「4年に一度」「選手がかわいそう」という声にも釈然としない。「そういった意見は、コロナ禍で発言するものではない」と述べ、「ウイルスは選手か一般人かを選んでくれません。そのことを履き違えないで欲しい」<
>「彼らの人生で、かけがえのない時期。保育園児も暑いなかマスクをして、劇団を呼んでの観劇もバス遠足もプール遊びもできないでいる。これから将来を担う子どもたちの気持ちを大事にしてほしい。オリンピックなんかやっている場合じゃない」<
>オリンピックと学生たちの部活や行事は、お金が絡むか絡まないかの違いなのかなと思ってしまいます<
>「学生は我慢して当たり前、オリンピックは特別なんだから特例適応というのは、納得感がありません」<
>学生の親としては、この子たちの一生に一度の様々な事が出来なくなっていることと、4年に一度のオリンピックの開催とを天秤にかけると一体この差はなんだろうと、腹が立って仕方がない<

『米紙、東京五輪「完全な失敗」 熱気から敵意に』
>米紙ワシントン・ポスト電子版は17日、開幕を23日に控えた東京五輪について、これまでのところ「完全な失敗<

ここに上げたのは数多ある、反対中止論のほんの数例に過ぎない。
反対の声は弱まるばかりか今や火を噴く勢いとなりつつある。
これだけ各界各方面から、とりわけ医療現場から反対の声が上がっているにも関わらず、そして何よりも今やブースト状態の感染者爆上げにも関わらず、ここまでスカ国賊自民がやったのは、
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年7月22日 21時2分
天皇陛下、散会の辞
『陛下しか五輪止められない 立民・川内氏がツイート』
>立憲民主党の川内博史政調会長代行は21日、東京五輪について「陛下が開会式で大会の中止を宣言されるしか、もはや止める手だてはない」とツイッターに投稿した。天皇の政治利用だとの批判がインターネット上で相次ぎ、川内氏はツイートを削除<

これが陛下の政治利用ってなら、出席・開会宣言自体も紛れもない政治利用だわな、この理屈で言うなら即刻出席取りやめが筋だ。そっちの批判はどうした、整合性も一貫性もへったくれもないネトウヨ。その説明なくば極めて恣意的イカサマ方便の誹りは免れない。
暇があれば晒したいが、因みに、早速これ↑に飛びついて恫喝脱税担当相平井喝也の脱税記事より大きく仕立て上げたのは、”やはりあのデマ紙”悪名高い平井組四国土人3DP新聞です。

ま、それはともかく、出席開会式辞が政治利用でないってなら、上記発言も無問題。実際、もし陛下が開会式で、

「ここに頭狂汚倫ピックの開催を…
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年7月22日 18時46分
人類滅亡地獄の炎点灯式
グルHK(@御用) ”興奮を煽る絶叫がお仕事”極道アホアナ 「さぁ、いよいよ聖火台に火が灯りますっっっ!!!……

聖火点灯!


[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年7月22日 15時29分
【緊急拡散希望】小山田圭吾を最終只の火ランナーに!【障碍者に食糞強要他の犯罪者】
『 【速報】開会式ディレクター解任へ ユダヤ人虐殺やゆで』
>小林氏はお笑いコンビ時代に、ユダヤ人大量虐殺をパロディーにしたとみられるコントの動画がインターネット上で拡散していて、アメリカのユダヤ系人権団体が21日、「反ユダヤ主義の発言」として非難する声明を発表<


5ちゃんねる(sc)より。
523地震雷火事名無し(大分県)2021/07/21(水) 18:50
“呪いのクビ”は小山田圭吾で7人目 五輪をめぐる「辞任の連鎖」は招致決定直後から始まっていた
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/292210

23日に開幕する「東京五輪」開会式の音楽制作を担当していたミュージシャン、小山田圭吾(52)が19日、辞任。

これを受け、海外メディアは「東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を女性蔑視発言で引責辞任した森喜朗元首相をはじめ、
また主要な人間が辞めた」(AFP通信)などと呆れ気味に報じたが、「呪い」の連鎖は果たしてどこまで続くのか。

振り返れば、東京五輪をめぐり、辞任・辞職に追い込まれた人物は枚挙にいとまがない。

まずは何と言っても、東京五輪招致に成功した際の猪瀬直樹元都知事(74)だ。
次は東京五輪のエンブレムに選定されたデザイナーの佐野研二郎氏(48)だ。
フランス当局の捜査対象となったJOC(日本オリンピック委員会)の竹田恒和前会長(73)が2019年3月、会長辞任に追い込まれた。
今年2月に女性蔑視発言で組織委会長を辞任した森喜朗元首相(83)
安倍晋三前首相(66)
演出の総合統括だったクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)

海外メディアの指摘ではないが、辞める人間は一体どこまで増えるのか。さながら大ヒットホラー映画「リング」(中田秀夫監督、東宝)のような展開だ。もしかして開閉会式の演出で「貞子」が出てきたりして……?


まだまだ醜聞続出目白押しで、次は誰か、最後まで目が離せないパンデミックジェノサイド頭狂黒汚倫ピックだが、最終チャッカマンランナーには是非、
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]



2021年7月19日 20時40分
【障碍者に食糞強要他の外道犯罪者が担当】 各国は即刻ボイコットを 【黒五輪】
5ちゃんねる(sc)より。
1どどん ★2021/07/18(日) 20:03
 東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が、過去に障がいのある同級生らに悪質ないじめをし、雑誌上で悪びれもせず告白した問題は、あっという間に世界各メディアが報道。?東京五輪3つ目の失態?として広まった。

 米「ABC」は、小山田氏が謝罪したが、ネット上で辞任要求が高まっていることも伝えた。また「新型コロナウイルス禍の問題に取り組む大会にとって、最新の大災害」と位置づけている。

 また、シンガポール「ストレーツ タイムズ」は女性蔑視発言の森喜朗前組織委員会会長、タレントの渡辺直美に対する容姿侮蔑発言の佐々木宏氏に続く3度目の「大騒動」で、「大会にとっては、最新の人事に対する頭痛の種」とした。さらに、組織委員会側が小山田について「高い倫理基準」を持つ人物と表現したことも強調している。

 英「ガーディアン」は、むごいいじめの内容も報道。フランス「rfi」は「五輪のイメ―ジを傷つけた」とした。仏「フィガロ」、メキシコ「ミレニオ」など、あらゆる地域で報じられている。
 小山田は17日に謝罪文を発表。「過去の言動に対し、自分自身でも長らく嫌悪感を抱いていたにもかかわらず、これまで自らの言葉で経緯の説明や謝罪をしてこなかったことにつきましても、とても愚かな自己保身であったと思います」などと懺悔。組織委側は続投の姿勢を示しているが、波紋は広がるばかりだ。
東京スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/a878fbe17188e517365b1c04da271b5c29a8d733

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626600913/

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626603767/


おぞましさもここに極まれりの観ある決定打、ブラックジョークにもならないれっきとした犯罪だが、それにしてもひどい。人権も人格も最も陰湿な手法で悉く踏みにじって平然なあたりはまさに外道と呼ぶに相応しいが、相手を徹底的に辱めて省みないその悪質度においてある意味では相模原をも凌ぐ。

こんな極め付けの醜聞を華麗にスルー、こんな外道が関わる黒イベントを聖なる祭典呼ばわりのグルHK(@御用)や四国3DPヤクザ新聞ゴキマスも同類同列の食便強要無問題の外道。

最も共生や非差別からかけ離れた、こんな一発レッドカードの外道が居直る極道イベント、それが頭狂汚倫ピックだ。
世紀の醜聞黒イベントはもはや確定済み。

既にNBCもダメ出し済み。
『いじめ告白、米で相次ぎ報道 「最新のスキャンダル」』
>このような差別的で暴力的な行為をした人物が五輪やパラリンピックに関わる資格はあるのか<

いやしくも共生を謳う諸外国としては捨て置ける案件では到底ないはず、即時即刻
[続きを読む]
[カテゴリ:”民主主義はタダでは手に入らない!”政治・経済・デタラメディア] [コメント (0)]




  次の10件

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved